TOP > エンタメ・雑学 > 2014年9月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2014年9月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2014年9月1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】秋のGI戦線に向けて、加速していくトピックス!今週も競馬界で起こった様々なニュースを特集!
馬キュレ 

【JRAサマーシリーズ】マーティンボロがサマー2000王者へ!

inyofu 1位 マーティンボロ 15pt(小倉記念/2着,新潟記念/1着)
2位 メイショウナルト 15pt(七夕賞/1着,小倉記念/3着,新潟記念/10着)
3位 ラブイズブーシェ 14pt(函館記念/1着,札幌記念/4着)
4位 ハープスター 12pt(札幌記念/1着)
5位 サトノノブレス 10pt(小倉記念/1着)
6位 ニューダイナスティ 9pt(七夕賞/2着,小倉記念/4着,新潟記念/7着)
7位 ゴールドシップ 6pt(札幌記念/2着)
【マーティンボロ】の勝ちレース!【新潟記念】
inyofu 9月7日、新潟競馬場で開催された第11R・新潟記念(GIII、芝2000m)は、中団に待機していた1番人気マーティンボロ(牡5、栗東・友道)が、直線外目から徐々に先行集団との差を詰めると、ゴール前の大混戦からクビ差抜け出し中日新聞杯に続く重賞2勝目を挙げた。勝ちタイムは1分58秒3(良)で、鞍上はN.ローウィラー騎手。

しかし、鞍上の【N.ローウィラー】騎手は開催8日間の騎乗停止!
inyofu 新潟記念(GIII)で1位に入線したマーティンボロ(牡5、栗東・友道)が最後の直線コースで内側へ斜行し、他馬5頭(アドマイヤタイシ、ダコール、メイショウナルト、ニューダイナスティ、アロマカフェ)の進路が狭くなる事象が発生した。これによりN.ローウィラー騎手(39、豪)に対し開催8日間(9月13、14、20、21、27、28日、10月4、5日)の騎乗停止処分が制裁として課せられている。
【JRAサマーシリーズ】で最も早く決着がついた【サマー2000シリーズ】。王者は【マーティンボロ】に決まったが、鞍上の【N.ローウィラー】騎手が開催8日間の騎乗停止という、イマイチ締まらない結果に終わった。

【サマージョッキーシリーズ】はまだまだ混戦!

inyofu 1位 田辺裕信 25pt(七夕賞/1着,小倉記念/3着,関屋記念/1着,新潟記念/10着)
2位 柴田善臣 22pt(函館SS/4着,七夕賞/7着,函館記念/7着,アイビスSD/1着,関屋記念/6着,札幌記念/9着,新潟記念/2着)

3位 川田将雅 19pt(CBC賞/10着,七夕賞/6着,小倉記念/6着,札幌記念/1着,新潟記念/3着)
3位 三浦皇成 19pt(函館SS/2着,函館記念/3着,キーンランドC/1着)

5位 N.ローウィラー 17pt(函館記念/2着,札幌記念/10着,キーンランドC/12着,新潟記念/1着)
6位 丸田恭介 16pt(函館SS/3着,アイビスSD/5着,北九州記念/1着)
【サマージョッキーシリーズ】の対象レースは残り2戦、週末に行われる【セントウルS】、【京成杯オータムハンデキャップ】のみ。レースの結果次第で逆転1位となる騎手も多く、最後まで【サマージョッキーシリーズ】は熱い!

夏の終わりに故障馬続出!?

新潟2歳S制した【ミュゼスルタン】 
inyofu 8月31日、新潟競馬場で開催された第11R・新潟2歳S(GIII、芝1600m)をレコードタイムで制したミュゼスルタン(牡2、美浦・大江原)が同レース中に左前脚遠位端骨折を発症していたことが判明した。
重賞4勝【トウケイヘイロー】
inyofu 直近では札幌記念(GII)へ出走し3番人気の支持を集め、昨年の札幌記念や函館記念などこれまで重賞4勝を挙げているトウケイヘイロー(牡5、栗東・清水久)が左前繋部浅屈腱炎を発症していることが判明した。
重賞3勝【レッドスパーダ】
inyofu 今年の京王杯SC(GII、芝1400m)勝ちなど重賞3勝の実績があるレッドスパーダ(牡8、美浦・藤沢和)が、右前脚の屈腱炎を発症したことが明らかになった。
夏の終わりの1週間に、多くの有力馬に故障が発生した。各競走馬の復帰時期は未定だが、1日も早い復帰を願いたい。しかし、今年で8歳になる古馬【レッドスパーダ】は、このまま引退の可能性も示唆された。

2014年9月1週の週刊競馬ニュースまとめ。
今週は、有力馬達の故障の報が特に目立った1週間だったと言えるだろう。いずれも予後不良となるような酷い怪我ではないが、1日も早い復帰を願いたい。特に【ミュゼスルタン】は、今年の新潟2歳Sをレコードタイムで制した直後だっただけに、非常に残念なタイミングであった。

地方競馬のトップトレーナー 川島正行調教師 死去

inyofu 地方競馬を代表する名伯楽、川島正行調教師が7日午後0時30分、呼吸不全のため千葉県習志野市内の病院で死去した。66歳。かねてから肝硬変、糖尿病の治療中で、入退院を繰り返していた。
inyofu 調教師としては地方通算4839戦1276勝(9月6日現在)。重賞139勝(うちGI・13勝)、勝率26.4%という驚異的な戦績を残した。東京ダービー5勝は歴代最多タイ。NARグランプリでは最優秀調教師賞を9回受賞した。
inyofu 川島さんは64年に騎手としてデビュー、76年に船橋リーディング1位を獲得。87年にムチを置くと、調教師に転身。90年に開業すると快進撃が始まった。馬房にミストやクーラーを取り入れたのをはじめ、馬のつくり方、運動のさせ方などにおいてもパイオニア的な存在となり、輝かしい大記録を残してきた。
同師の死は、競馬界全体にとっても大きな損失となった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line