TOP > 予想/馬券 > 【京成杯AH】2戦目の古馬との対決でリベンジだ!ショウナンアチーヴ
予想/馬券

【京成杯AH】2戦目の古馬との対決でリベンジだ!ショウナンアチーヴ

2014年9月14日(日)新潟競馬場開催、京成杯オータムハンデキャップに出走するショウナンアチーヴについてまとめてみた。
ショウナンアチーヴ

リベンジに燃える3歳馬

前走の関屋記念は6着。京成杯AHに向けて調整。
inyofu 関屋記念6着ショウナンアチーヴ(牡3=国枝)、15着タガノブルグ(牡3=鮫島)は京成杯AH(9月14日、新潟)へ。

前走は不完全燃焼

inyofu 古馬初挑戦となった前走の関屋記念(6着)は、直線で進路が狭くなるロス。不完全燃焼に終わったが、3か月半ぶりを叩いて状態は上向いた。「前走は仕掛けが遅れたが、スムーズなら3着はあった。休み明けを使ってガスが抜けて、力みがなくなったし、体も絞れてきた」と国枝助手は良化を口にする。

2014年 関屋記念 レース映像


◆「NHKマイルカップ」「関屋記念」に向けたショウナンアチーヴの様子、まとまっています。

1週前追いは3頭併せでリベンジを!

inyofu 古馬に初挑戦となった関屋記念で6着に敗れた3歳馬ショウナンアチーヴだが、陣営にとって不完全燃焼の一戦。佐藤助手は「馬場が荒れていたし、直線で前が窮屈になる場面もあった」と力負けではないことを強調する。1週前追いは3頭併せで気合を注入した。「負荷をかけて、気持ちも入ってきた。前走のリベンジをしたい」と意気込む。

国枝調教師のコメントでは

inyofu ショウナンアチーヴは美浦Wコースで6Fから2頭を引っ張る流れ。大外を回りながら最後までバテず、エアアンセム、マイネルマークの追撃を併入でしのいだ。

 ●国枝調教師「順調。まだ若馬だからレースを使えば使うだけ効果がある。夏を越して以前より力強さが出てきた」
今回はハンデなどのレース条件を気にする方も多いようだ。



ショウナンアチーヴは美浦・国枝栄厩舎所属の3歳牡馬(父ショウナンカンプ)。2014年はニュージーランドT(GII)を優勝し、NHKマイルでは3番人気に支持され戸崎圭太騎手とのコンビで挑むも、勝ち馬から0.1秒差の6着に敗れ悔しい思いをした。前走の関屋記念で初の古馬との対戦を経験。今回は2戦目で上積みもある。3歳勢の一角としてどんな競馬をするのか注目だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line