TOP > 競走馬 > 【2014年京成杯AH】GI馬として負けられない!サダムパテック
競走馬

【2014年京成杯AH】GI馬として負けられない!サダムパテック

2014年9月14日(日)新潟競馬場開催、京成杯AHに出走するサダムパテックについてまとめてみた。
サダムパテック

GI馬復活!

前走の中京記念では久々に勝利の味を噛み締めたサダムパテック。
inyofu 中京11Rの中京記念(3歳以上GIII・芝1600m)は、7番人気サダムパテック(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒1。ハナ差の2着に11番人気ミッキードリームが、クビ差の3着に5番人気マジェスティハーツがそれぞれ入線。

中京記念2014 レース映像
http://youtu.be/V1RM93jSkcA

◆「安田記念」「中京記念」に向けたサダムパテックの様子、まとまっています。

次走は京成杯AHに登場

inyofu 来週にもセントウルS(ハクサンムーン&エーシントップ)、京成杯AH(サダムパテック)に有力馬がスタンバイ。小倉開催を締めくくる2歳重賞で勢いをつけて次開催の阪神&新潟へ。西園厩舎から目が離せない。


ハンデはトップハンデの58.5kg
inyofu 中京記念を制して復活を遂げたGI馬サダムパテック(栗東・西園正都厩舎、牡6歳)はトップハンデの58.5キロを背負う。さすがに楽ではない戦いだが、ここに来ての充実ぶりは目を引くものがあり、フロック視されるようなら配当的な魅力もありそうだ。
全力の仕上げで挑む!
inyofu サダムパテック(牡6、西園)は10日、栗東坂路での単走追い。ラスト2ハロンでの肩ムチで鋭くスパートした。ゴール前でやや左右によれたが、これはいつものこと。53秒5-12秒6でまとめた。西園師は「動きは良かった。サマーマイル(の王者)へ向け全力で仕上げた」と満足げ。

サダムパテックの追い切り動画
http://youtu.be/1T1D2GR2rl0



サダムパテックは栗東・西園正都厩舎所属の6歳牡馬(父フジキセキ)。2012年のマイルチャンピオンステークスでは、武豊騎手を久々のGI勝利に導いた。それ以来は勝ち星に恵まれなかったが、前走の中京記念で1年8カ月ぶりの勝利で見事復活を果たした。今回はクラレントとの一騎打ちとの見方もある一戦でGI馬の意地を出すことができるのか注目だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line