TOP > 予想/馬券 > 【京成杯AH】ノリちゃんマジックは炸裂するか!?ゴールデンナンバー
予想/馬券

【京成杯AH】ノリちゃんマジックは炸裂するか!?ゴールデンナンバー

2014年9月14日(日)新潟競馬場開催、京成杯オータムハンデキャップに出走するゴールデンナンバーについてまとめてみた。
ゴールデンナンバー

初の重賞制覇に向けて!

前走のパラダイスSは5着。

2014年 パラダイスS レース映像


◆ゴールデンナンバーの過去のレース内容まとまっています。

その後は京成杯AHに登録!

inyofu ★関屋記念6着ショウナンアチーヴ(美・国枝、牡3)と、パラダイスS5着で近々帰厩予定のゴールデンナンバー (美・鈴木康、牝5)は、京成杯オータムHへ。
鞍上は横山典騎手!
inyofu オープン入り後の5戦は勝ち星から見放されているとはいえ、そのうち4戦で最速の上がりをマーク。鈴木康師は「ペースが上がらず追い込み切れない競馬が続いているが、左回りのマイル戦はベストの舞台。外回りも向くし、この馬の特徴を知っているジョッキーで巻き返したい」と語っていた。
待望の重賞制覇へ
inyofu ゴールデンナンバー(牝5、鈴木康)が待望の重賞初制覇を狙う。3日に美浦ウッドで追われ、シャープな伸び脚を披露。師は「放牧先から戻ってきてからも順調だよ」と笑顔。4重賞を含むここ5戦は32~34秒台の鋭脚で、すべて勝ち馬から0秒9差以内。「メンバーはそろったが、あくまでも流れ次第だからね」。名手横山典を背に一発を狙っていた。
放牧先でリフレッシュ!
inyofu この中間は暑い夏を避ける意味もあって放牧に出ました。放牧先で順調に乗ってもらい、美浦でも坂路とウッドチップを併用して中身のある調整ができたと思っています。先週土曜日に坂路でやっているので、最終追い切りはテンに無理せずいきました。予定通りの追い切りが出来ました。いい状態です。

新潟はここのところ追い込み馬が台頭してきていて、少しずつ馬場も荒れてきているようです。速い流れになって、終いの脚を生かせる展開になればいいですね
本命を予定しているファンも!

調教を細かくチェックする方も!

ゴールデンナンバーの追い切り動画



inyofu 芝のマイル戦は最も得意とするところ。ヴィルシーナが逃げ切ったヴィクトリアマイルで最後方からコンマ5秒差まで詰め寄った豪脚は、直線の長い平坦の新潟でフル回転されるはずだ。ハンデは前走より1キロ軽い53キロが予想されるが、ならばより持ち味が生きるというもの。BCクラシックを勝ったアルカング(GI2勝)など近親に活躍馬が多くいる良血。良馬場条件に“一発”十分だ。

ゴールデンナンバーは美浦・鈴木康弘厩舎所属の5歳牝馬(父ダイワメジャー)。前走んおパラダイスステークスでは5着。今回の舞台は、相手もサダムパテックやクラレントなど実績馬も登場するが末脚タイプを活かすなため直線の長い新潟が向くのは言うまでも無い。軽ハンデを活かして重賞初Vも期待できるのではないだろうか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line