TOP > 予想/馬券 > 【2014年セントウルステークス&京成杯AH】最終追い切りタイムまとめ
予想/馬券

【2014年セントウルステークス&京成杯AH】最終追い切りタイムまとめ

今週はサマースプリント&マイルの最終戦【セントウルS】と【京成杯AH】の最終追い切りタイムや有力馬の情報をまとめてみた。
馬キュレ

【セントウルS】有力馬の追い切り 1枠1番 リトルゲルダ

inyofu 北九州記念で重賞初制覇を飾ったリトルゲルダは、レース後の疲れもなく好調キープ。最終追いは坂路併せ馬でオルロフ(2歳新馬)を相手にラストまで持ったままの手応えで3馬身突き放した。鮫島師は「休養明けの2走前(アイビスSD4着)は筋肉が落ちて体も減っていた。前走はトモに力強さが戻っていたし今回もいい状態を維持できている」と仕上がりの良さを強調した。

2枠2番 マヤノリュウジン

inyofu オープン特別2連勝と勢いに乗るマヤノリュウジンは池添騎手が跨って栗東坂路を単走。終い重点に負荷をかけられ、4F52秒6-1F12秒6(強め)とお釣り残しで好タイムをマークした。夏場は使い詰めで来ており大幅上昇までは強調できないが、高いレベルでの好調は維持できているようだ。

2枠3番 エピセアローム

inyofu エピセアロームは坂路でサンライズネオ(4歳500万)と併せ馬。残り1Fでゴーサインが出ると瞬時に反応、一気に1馬身突き放しラスト1F12秒4をマーク。石坂師は「しっかりやったけど、引き続き好調だと思う。体調は変わりなく来ているので、ここを使うことにした」と前走(北九州記念7着)のリベンジに燃えていた。

3枠4番 トーホウアマポーラ

inyofu CBC賞を制したトーホウアマポーラは栗東坂路で終いだけ軽く伸ばす内容を消化し、4F55秒8-1F12秒7(馬なり)をマーク。中間、北九州記念をザ石で回避する一頓挫はあったが1週前に速い時計での併せ馬を消化できており不安は感じられない。ひと息入ったがこの馬なりにいい状態で臨めそう。

7枠12番 エーシントップ

inyofu 高松宮記念(4着)以来、5カ月半以来の復帰戦を迎えるエーシントップは武幸四郎騎手を背に栗東坂路で格下馬を追走。終いにビッシリ追われると僚馬をあっさり抜き去って2馬身の先着を果たしている。時計も4F51秒4-1F12秒6(一杯)とかなりの好時計で、帰厩後やや動きに鈍さがあったがこのひと追いで力を出せるデキに仕上がったようだ。

8枠15番 ハクサンムーン

inyofu 昨年の覇者ハクサンムーンは栗東坂路で単走の最終追いを行い4F53秒9-1F12秒4(強め)をマークした。徐々にラップを上げるいつものパターンで、ラスト2Fは12秒7-12秒4と上々のラップを刻めている。今回が5カ月半ぶりのレースで、最高潮の迫力でこそないものの帰厩後順調に乗り込まれており、まずは力を出せる態勢は整ったと見ていい。

全頭の最終追い切りタイム

inyofu 馬名 日付 場所 コース 馬場 6F 5F 4F 3F 2F 1F
アンバルブライベン 9/10 栗東 坂路 良 - - 53.4 38.2 24.2 11.8
リトルゲルダ 9/10 栗東 坂路 良 - - 53.1 38.9 25.0 12.3
アルマリンピア 9/10 栗東 坂路 良 - - 54.9 39.7 25.7 12.4
エピセアローム 9/10 栗東 坂路 良 - - 53.4 38.7 25.1 12.4
ダッシャーゴーゴー 9/10 栗東 坂路 良 - - 52.6 38.4 24.9 12.4
ハクサンムーン 9/10 栗東 坂路 良 - - 53.9 38.8 25.1 12.4
マヤノリュウジン 9/10 栗東 坂路 良 - - 52.6 38.1 24.7 12.4
エーシントップ 9/10 栗東 坂路 良 - - 51.4 37.6 24.5 12.6
トーホウアマポーラ 9/10 栗東 坂路 良 - - 55.8 40.2 25.8 12.7
リアルヴィーナス 9/10 栗東 坂路 良 - - 53.7 40.3 25.7 12.7
メイショウイザヨイ 9/10 栗東 坂路 良 - - 53.2 38.5 25.2 12.9
スギノエンデバー 9/10 栗東 坂路 良 - - 58.2 41.7 27.2 13.2
プリンセスメモリー 9/10 美浦 坂路 良 - - 57.3 41.3 27.1 13.5
バクシンテイオー 9/10 美浦 南W 良 - 67.7 52.2 38.6 - 13.7
フォーエバーマーク 9/10 美浦 南P 良 - - 56.6 41.4 - 13.7

【京成杯AH】1枠2番 キングオブザサン

inyofu NHKマイルC(3着)以来となるキングズオブザサンは川島騎手(本番は蛯名騎手)を背に栗東ポリトラックコースで併せ馬。先行していた準オープン馬との追い比べで鋭い伸びを見せ1馬身先着のフィニッシュとなっている。8月下旬から入念に調整されており、さっそく力をフルに出せそうな仕上がりぶりだ。

2枠3番 クラレント

inyofu 同距離同コースの関屋記念を勝利しているクラレントは栗東坂路で僚馬レッドアリオン(4歳1600万下)と、最終スパーリングを消化。後方からの相手を迎え撃ったが序盤楽だったにもかかわらず、ラストはアオられ同入に食い下がるのが精一杯だった。時計は4F55秒1-1F13秒0(一杯)。調子の変動が少ないタイプではあるものの、夏場は休みなく走っていることもあってギリギリ平行線といったところか。

2枠4番 サトノギャラント

inyofu 関屋記念3着のサトノギャラントが抜群の反応を見せた。坂路をスピードに乗って駆け上がり、内ロサギガンティア(OP)、外サトノフェラーリ(1600万下)の間で併入。4ハロン54秒1-13秒2をマークした。 「いい動きだった。競馬で着けるかはわからないが、ブリンカー効果で集中して走れていた。あとは馬場さえよければ」と、手綱を取った北村宏騎手は好感触。「併せる形になると強いし、勝てば(サマーマイルシリーズの)チャンピオンになれる可能性がある」と藤沢和調教師は期待を込めた。

3枠5番 サダムパテック

inyofu 中京記念を制してシリーズVが懸かるサダムパテックはハロー(馬場整備)明け直後の坂路へ。右ムチのゴーサインに一瞬、内にヨレたが即座に修正。真一文字に駆け上がり、ラスト12秒6の切れ味を発揮した。「ヨレるのはいつもことだし、普段通り(馬場の)真ん中を走らせた。夏場の疲れもなく調整は順調」と山本助手。西園師も「ハンデ(58・5キロ)は想定内。いい状態で放牧から帰ってきた。何とかシリーズVを獲りたい」と意気込んでいた。

6枠12番 エクセラントカーヴ

inyofu 昨年このレースを制したエクセラントカーヴはひと息入れて挑んだ前走関屋記念で4着と復調気配を感じさせている。最終追いは美浦ウッドで単走。馬なり調整で時計は別段目立たないが、序盤に軽快な行きっぷりを見せるとラストまで集中して走る抜群の内容だった。前走を使われての上昇度はかなりのものがある。

全頭の最終追い切りタイム

inyofu 馬名 日付 場所 コース 馬場 6F 5F 4F 3F 2F 1F
キングズオブザサン 9/10 栗東 P 良 - - 53.0 37.4 - 11.2
シャイニープリンス 9/10 美浦 南W 良 - 66.3 51.8 38.2 - 12.4
ブレイズアトレイル 9/10 栗東 CW 良 84.8 67.2 52.2 38.4 - 12.5
エキストラエンド 9/10 栗東 CW 良 88.0 70.3 54.1 39.3 - 12.6
サダムパテック 9/10 栗東 坂路 良 - - 53.5 38.4 24.9 12.6
ミトラ 9/10 美浦 坂路 良 - 55.3 39.2 24.8 12.6
ウイングドウィール 9/10 美浦 南W 良 - 71.9 55.8 40.7 - 12.7
ミッキードリーム 9/10 栗東 坂路 良 - 54.3 39.6 25.5 12.7
アーデント 9/10 美浦 南W 良 - 68.6 52.5 38.0 - 12.8
クラレント 9/10 栗東 坂路 良 - - 55.1 39.5 26.0 13.0
ネオウィズダム 9/10 栗東 坂路 良 - 50.3 37.6 25.5 13.0
サトノギャラント 9/10 美浦 坂路 良 - 54.1 39.3 25.7 13.2
ツクバコガネオー 9/10 美浦 坂路 良 - 55.9 41.0 26.7 13.2
ゴールデンナンバー 9/10 美浦 南W 良 - 39.2 53.0 38.9 - 13.3
タガノブルグ 9/10 栗東 坂路 良 - - 52.7 39.1 26.2 13.5
エクセラントカーヴ 9/10 美浦 南W 良 - 68.0 52.7 38.1 - 13.6
ショウナンアチーヴ 9/10 美浦 南W 良 - 69.1 53.6 39.4 - 13.6

うまキュレ班的によく見えた馬は、【セントウルS】マヤノリュウジン 【京成杯AH】サトノギャラントだ。大舞台に向けて態勢は整った。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line