TOP > 競走馬 > 【2014年京成杯AH】燃え尽きるにはまだ早い!ブレイズアトレイルが8度目の重賞挑戦!
競走馬

【2014年京成杯AH】燃え尽きるにはまだ早い!ブレイズアトレイルが8度目の重賞挑戦!

7回の重賞挑戦歴を持つ【ブレイズアトレイル】が、GIII【京成杯オータムハンデキャップ】に挑む!過去の重賞最高順位は、GIII【小倉大賞典】で記録した3位である。果たして、記録更新なるか!?
馬キュレ

【ブレイズアトレイル】の血統!

inyofu 底力・持続力に優れる千八巧者・マイラー。 前有利のロングスパート勝負だった小倉大賞典を差して好走するなど、この父としては珍しく持続力が持ち味(祖母ファビラスラフインなど母系のスタミナの影響?)。先行して持続力を使えるという新潟芝1600m向きの能力を持っていて、急坂→平坦替わりならそう簡単にバテないはず。
【ブレイズアトレイル】の血統は、父【ダイワメジャー】×母【ラフィントレイル】の組み合わせ。父の父は【サンデーサイレンス】で、本来ならスピード重視のタイプなのだが、なぜか持続力も備えた。

【ブレイズアトレイル】はこう勝った!

2013年 秋風ステークス

【ブレイズアトレイル】が得意な競馬は、好位から抜け出しての逃げである。苦手な大枠さえ引かなければ、持続力を活かした逃げが炸裂する。

【ブレイズアトレイル】あと1歩で重賞制覇ならず!

2014年 京都金杯


2014年 小倉大賞典
http://youtu.be/GKhyUtWA5_Y
2014年 中京記念
http://youtu.be/5E0OQo0fUTo
【ブレイズアトレイル】の過去の重賞最高順位は、GIII【小倉大賞典】で記録した3位である。その時は6番人気だったので、好走したと言っていいだろう。最後の直線で差しきられる負けパターンが多いのが残念である。

【ブレイズアトレイル】GIII【京成杯オータムハンデキャップ】の前評判は!?

inyofu ブレイズアトレイル(牡5・藤岡健一)は、4歳時の昨夏に500万下(中京・芝1600m)→1000万下の豊栄特別(新潟・芝1600m)→1600万下の秋風S(中山・芝1600m)と3連勝を飾ってオープンクラス入り。その後は勝利から遠ざかっているが、今年に入ってからの7戦はすべて優勝馬から0秒4差以内と差のない競馬に持ち込んでいる。『サマーマイルシリーズ』でも、中京記念4着(3ポイント)→関屋記念5着(2ポイント)で現在4位タイ(5ポイント)につけている。やや勝ち味の遅さがあるのは否定できないが、安定感は特筆もの。今回も上位争いに加わってくる公算が大きい。
inyofu サマーマイルシリーズ4、5着のブレイズアトレイルは、最終戦を勝てば逆転優勝の可能性もある。仲田助手は「今回は使った後も疲れがなくて順調に乗りだせている」と報告。ここ2走はやや重の馬場で善戦した。「ノメるとハミをかんでしまう。折り合い面から、パンパンの良馬場でやれれば」と巻き返しを誓った。



2014年に入ってから立て続けに重賞にチャレンジしている【ブレイズアトレイル】。大きく崩れることは少なく、ほぼ必ずと言っていいほどトップ争いには加わるが、いまいち勝ちきれない印象だ。現時点での予想単勝オッズは、8番人気の21.3倍である。しかし、競馬ファンの声を聞くと【ブレイズアトレイル】を推す声が意外と多い。やはり、抜群の安定感は大きな魅力なのだろう。今回の【京成杯オータムハンデキャップ】でも要チェックの1頭である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line