TOP > 地方競馬 > 勝利して無邪気に笑え! 2014年【イノセントカップ】
地方競馬

勝利して無邪気に笑え! 2014年【イノセントカップ】

2014年9月18日(木)門別競馬場20:40発走、イノセントカップ。ニシケンモノノフ、サーモピレーに続く強い馬は誰だ!?
馬キュレ

枠順確定

inyofu 1 1 コールサインゼロ 牡2  54.0 石川倭 原孝明
2 2 タイセイスウォード 牡2  54.0 宮崎光行 田中淳司
3 3 キタイノホシ 牡2  54.0 桑村真明 角川秀樹
4 4 ジュエルクイーン 牝2  54.0 阪野学 田中正二
5 5 コルセア 牡2  54.0 井上俊彦 原孝明
6 6 サクセスストーリー 牡2  54.0 岩橋勇二 角川秀樹
7 7 プレミアムトーク 牡2  54.0 松井伸也 小野望
8 8 ホワイトアウト 牝2  54.0 亀井洋司 原孝明
取消 クラミネルヴァ 牝2  54.0 井上幹太 堂山芳則

過去の傾向

inyofu 過去5年の結果から傾向をみていく(2010年以前は8月初~中旬に実施。08年は旭川1500メートル)。単勝1番人気馬は1勝、3着3回と苦戦ぎみ。2番人気馬も1勝、2着2回となっている。3着内馬のうち13頭は牡馬で、牝馬は2頭のみ。3着内馬のうち13頭は通算3戦以下で、6月以降にデビューした馬が優勢となっている。勝ち馬はすべて、前走で連対。3着内馬15頭のうち13頭も前走で連対している。
2013年 イノセントカップ 【ニシケンモノノフ】

昨年のニシケンモノノフによって勝ち馬は前走連対という法則は崩れたが、6月以降デビュー優勢と牡馬優勢は変わらず。

これは【サクセスストーリー】の序章だ!

inyofu 実績面では3戦2勝、ウィナーズチャレンジ6を勝ち上がったサクセスストーリー。時計そのものは目立ったものではなかったが、4角最後方の位置から直線だけで差し切るあたりは、やはり凡馬ではできない芸当である。
inyofu サクセスストーリーは前走で◎・○に先着。 ただ、流れが向かないと凡走の可能性も。
2014年 JRA認定ウィナーズチャレンジ6競走2歳オープン

最後方から一気に差し切る脚は魅力。

牝馬ながら無視出来ない存在【ジュエルクイーン】

inyofu ジュエルクイーンはデビュー戦4着以降は 5戦して馬券圏内をキープ。牝馬でも侮れない
inyofu 牝馬ながらも、リリーカップ2着のジュエルクイーンも出走してくるようなら、上位には欠かせない存在だろう。
2014年 リリーカップ

2014年 カネヒキリ賞

5戦馬券圏内の安定感は今回も発揮されるだろうか。牝馬だが外せない一頭である。

その他カネヒキリ賞2着のタイセイスウォード、デビューから人気のプレミアムトークなどが有力か。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line