TOP > 競走馬 > 【2014年凱旋門賞】世界ランキング1位・ジャスタウェイは凱旋門賞で勝てるか?!
競走馬

【2014年凱旋門賞】世界ランキング1位・ジャスタウェイは凱旋門賞で勝てるか?!

日本時間2014年10月5日(日)フランスのロンシャン競馬場(23時30分頃発走予定)で行われる凱旋門賞。今年の凱旋門賞に挑む三本の矢の一角ジャスタウェイ。今回はそのジャスタウェイについてまとめていきたい。
馬キュレ

調整は順調に進んでいるジャスタウェイ

inyofu 仏G1凱旋門賞(10月5日、ロンシャン)に挑むジャスタウェイ(牡5=須貝)が14日午後3時22分、調整先の吉澤ステーブルWESTから栗東トレセンに帰厩した。「帰ってからすぐに飼い葉を食べていますし元気いっぱいです。牧場で余裕をもって調整されてきている。いい状態で臨めそうです」と榎本助手。
inyofu ほぼ同時にスタートしたが、100mほど進むと、ゴールドシップが1馬身前に出ているような形。そのまま、残り600mの標識を過ぎて、再び並んだのが、残り400m地点。そこから追い比べとなったが、手応え優勢はジャスタウェイ。最後は実戦を彷彿させるような追い比べだったが、ジャスタウェイが先着でゴールした。

時計はゴールドシップが4F53.2~3F38.3~2F24.9~1F12.5秒、ジャスタウェイが4F52.9~3F38.1~2F24.8~1F12.5秒。2頭ともにしっかりと負荷を掛けられた追い切りとなった。
8月14日に帰厩したジャスタウェイは順調にメニューを消化。9月10日にはともに凱旋門賞へ向かう寮馬ゴールドシップと併せ馬をして先着。このまま順調に行けるか?!

17日に国内最終追い切り

inyofu 午前4時半過ぎ、ジャスタウェイとゴールドシップが坂路に登場した。先週に引き続きG1馬同士の豪華併せ馬。違うのはジャスタがゴールドを待ち構える形になったことだ。2馬身先行したジャスタは馬なりで53秒1-12秒2、強めに追ったゴールドは52秒5-12秒2で併入。須貝師は「絵になる併せ馬やったね。想定通りにきている」と深くうなずいた。
inyofu ジャスタウェイに騎乗した福永は、世界NO1として挑むパートナーに自信をのぞかせる。「順調。ドバイ(デューティフリー)の時は出来すぎていて心配したが、今回は輸送も長いからこれでいいんじゃないかな。相手うんぬんよりも自分の競馬をするだけ」と手応え十分。
最終追い切りはロンシャン競馬場で行われる予定だ。

世界ランキング1位の実績!


2014年 ドバイデューティーフリー


◆ロンジンワールドベストレースホースランキングはこちら
今年の3月に行われたドバイデューティフリーで6馬身1/4差の圧勝劇を演じたジャスタウェイは130ポンドの評価を得て世界ランキングトップに君臨している。

距離適性はどうか?!


◆ジャスタウェイの成績はこちら

2013年 天皇賞・秋

ジャスタウェイは2000mを超えるレースにおいては実績が無い。先ほど挙げたドバイデューティフリーや昨年の天皇賞秋等で圧倒的なレースを見せているジャスタウェイだが、果たして2400mで行われる凱旋門賞はどうか。ただ、父のハーツクライは有馬記念やドバイシーマクラシックなど2400m前後のレースに対応できる適性を持っていた点を考えると血統的には勝負になるはずだ。

◆父 ハーツクライの成績はこちら

ローテーションには疑問が残る


2014年 安田記念
http://youtu.be/Ok27Kx6Bu2Q
ジャスタウェイは6月に行われた安田記念から直行で凱旋門賞に臨む。確かに安田記念はタフな馬場での戦いとなったため、休養という選択肢は間違いではないが、次の舞台は世界最高峰の舞台・凱旋門賞。前哨戦なしでどこまで戦えるか。

馬主 大和屋氏の意気込み

inyofu 遠征の心意気というかそんな感じのことを表明しておきます。今まで誰も達成できなかった日本の悲願、毎回想像を超える走りを見せてくれ続けているジャスタウェイならきっと叶えてくれると僕は信じています。負けるつもりで遠征する馬主はどこにもいないでしょうし、手応えがなければゴーサインなど出しません。僕の馬主人生集大成となるこのレース、皆さん是非応援よろしくお願いします。

距離適性やローテーションなど、様々な不安要素を抱えているジャスタウェイではあるが、何といっても130ポンドを獲得して世界ランキング1位に推されている実績が最大の強調材料となるだろう。9月15日現在では単勝オッズ8倍で日本馬最上位の3番人気に推されていることからも期待の大きさが伺えてくる。日本競馬の悲願を達成するのはこの馬なのだろうか?!

◆こちらもぜひ!◆

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line