TOP > 予想/馬券 > 【2014年セントライト記念】クラシックに向けここでは負けられない! エアアンセム
予想/馬券

【2014年セントライト記念】クラシックに向けここでは負けられない! エアアンセム

新馬戦から連勝し、名馬への階段を上っていたエアアンセム。しかしその後挑んだ重賞では人気を背負うも敗れ、3歳クラシックGⅠには未だ出走の権利さえ得られていない。はたして今回、勝算はあるのか。2014年9月21日(日)新潟競馬場15:45発走!
馬キュレ

実力馬とも大差なし!


◆エアアンセムの競走成績はこちら

エアアンセムの競走成績を見ると実力馬ベルキャニオンや後のNHKマイルカップ3着馬キングズオブザサンにも先着するなど、同世代のライバル達とも差のないレースを続けていることが分かる。そろそろ順番が回ってきてもおかしくない。

器の違いで完勝! 新馬戦

エアアンセムが実力の違いで新馬戦を見事勝利した。レースでは前目につけ好位をキープ。最後直線では早めに仕掛けるとそのまま押し切る、という王道競馬で力の違いを見せつけた。

好位抜け出しで連勝! ホープフルS2013

エアアンセムが2着馬をコンマ1秒ちぎり連勝を飾った。レースでは好スタートから好位のインコースにつける展開。最後直線を向くと抜け出しを図り、迫る後続馬をしのいで勝利した。

後方から猛追も届かず… 弥生賞2014

http://youtu.be/pI3xeWdbvQE
inyofu 4着 エアアンセム(後藤騎手)
「変に馬群の中に入り込んで、前走の繰り返しみたいにならないように、スタートも出て行かなかったので、後ろから進めました。馬場が悪いのもあまり良くなかったと思います。しかし、今出せるものはすべて出した感じです。これからまだまだ良くなるでしょう」
エアアンセムが最後猛追するも届かず、4着に敗れた。レースではいつもとは違い後方から進めたエアアンセム。しかしいつもとは違ったレース運びでも最後鋭い脚を繰り出しており、能力の高さを証明した。鞍上も言うように、当馬はこれからもっと良化していくだろう。

今回は一変!? 鞍上も自信あり!

inyofu 「先週に続いて調教に乗りました。坂路で53秒9-26秒0-13秒0という時計でした。前走の函館でのレースで初めて乗りましたが、まだ若いという印象を持ちました。レースで若さを見せて、力を出し切っていない感じでした。素質は感じましたが、発展途上というか、まだこれからの馬で、これから良くなってくる馬だと思います。前走は久々でしたから、一度使って今回は変わってくれると思います。」
前走函館で使われた時は力を出し切れなかったエアアンセム。しかし今回のセントライト記念にはきっちり仕上がってきているようだ。鞍上も当馬の素質を認めており、勝機は十分あるだろう。

エアアンセムが初重賞制覇に向け、セントライト記念に挑む。なんといっても当レースは3着以内馬にクラシック三冠レースの最後、菊花賞への権利をかけたトライアルレースであり、エアアンセムは負けられない。勝算も十分あるだろう。今までもライバル馬たちとも僅差のレースを続けているし、能力的に劣ってはいない。さらに前走函館で使い、今回に向けきっちり仕上げており、当レースに向け準備は完ぺきに出来ていると見て間違いないだろう。これで勝利が見えてきた。負けられないレースにエアアンセムが挑戦する。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line