TOP > 競走馬 > 「イスラボニータ」しなやかな伸び脚に切れ味もある!【安田記念】
競走馬

「イスラボニータ」しなやかな伸び脚に切れ味もある!【安田記念】

2014年の皐月賞馬のイスラボニータが安田記念に出走する。セントライト記念以来勝ち星から遠ざかっていたが、昨年の秋ごろから完全にマイル路線に移動すると成績が安定。富士ステークス2着を皮切りにマイルチャンピオンシップ、阪神カップを連続2着とした後に、前走のマイラーズカップではマイル路線の常連馬を破り久しぶりの重賞制覇となった。勢い十分のイスラボニータについてまとめてみた。
イスラボニータ

【マイルCS】あともう一歩まで詰めるも2着...

まずまずのスタートから好ポジションを獲得すると、折り合いは上手くついて4コーナーを抜群の手応えで回り、直線ではグイグイ伸びてミッキーアイルを追い詰めたがアタマ差までであった。
動画を見る
inyofu 2着 イスラボニータ(ルメール騎手) 「いいポジションが取れて、リラックスして走らせることが出来ました。直線ではすごくよく伸びたのですが、ほんの少しだけ負けてしまいました。マイルの距離は合っていますし、今日は馬のコンディションも完璧でした。惜しかったとしか言えません」

【阪神C】1400mにも対応できる力を証明!

スタートの2,3歩目がダッシュがつかなかったが、そこから押し上げていって2番手へ。残り200mを過ぎて完全に先頭に立ったが、ゴール前でシュウジに差し切られてしまい2着。
動画を見る
inyofu 2着 イスラボニータ(C・ルメール騎手) 「惜しかったです。簡単にいいポジションを取ることが出来ました。良い感じに2番手ですごくリラックスしていました。ペースもちょうど良かったです。長く脚を使ってくれました。ゴールまで頑張ってくれましたが、また負けました」

【マイラーズC】2年7ケ月ぶりの勝利!

大外枠からの発走であったが、馬場を考慮した鞍上が中団の内に入れる。そこからはロスなく内を回って、最後の200mで外に持ち出すと、接戦をモノにし久しぶりの勝利となった。
動画を見る
inyofu 1着 イスラボニータ(C.ルメール騎手) 「今日は休み明けで馬もいい状態でした。レースでは流れにも乗って、直線の反応も良かったです。とりたててレースプランはありませんでしたが、スタートも良く、先行馬からそれほど離れていないところにポジションを取りました。今の馬場は内のほうがいいと思い、ラスト300mは内を通りました。最後は馬の間に入ってよく伸びました。今日は最後まで頑張りました。この馬はGIホースで能力があります。使って良くなると思います。安田記念が楽しみです」

【安田記念】追い切り 重心の低いフォームで加速!シャープな伸び脚!

inyofu 前走のマイラーズCで2年7か月ぶりの勝利を挙げたイスラボニータ(写真手前)は南ウッドで5ハロンから併せ馬。同厩の4歳馬ヤマニンリュウセイ(500万下)を4~5馬身追いかける形でスタート、直線は内から馬体を併せにかかり、重心の低いフォームでグンと加速。馬なりでラスト1ハロン12・1秒とシャープな伸び脚を見せてきっちり併入。躍動感十分のフィニッシュだった(5ハロン67・9―37・0―12・1秒)。陣営は皐月賞以来2つ目のGIタイトル奪取に期待を込めた。
inyofu 栗田博調教師「先週もある程度負荷をかけたので、今週はサラッとやるつもりでした。直線で外側に馬(別厩舎の一団)がいたのでタイトな攻め馬になったが、実戦並みに抜けてきた。動きには満足ですね。鞍上ルメールの勢いもあるが、自分でも自信があるし、馬の具合もいい。あとは結果を出せれば」

直近のJRAのレースでの単勝人気をチェック

inyofu 2011年以降の優勝馬6頭について、直近で出走していたJRAのレースでの単勝人気を調べると、いずれも「4番人気以内」に支持されていた。今年もこの傾向が続くのか、直近で出走していたJRAのレースでの単勝人気をチェックしてみるのも面白そうだ。

前走のマイラーズカップは鞍上の好判断が光るレースぶりであった。その鞍上のC.ルメール騎手は4週連続GI制覇という偉大な記録に挑戦することとなる。コンビを組んで5戦したが、1勝2着3回3着1回とどれも馬券圏内に入っている非常に安定感のあるこのコンビがどのようなレースを見せるのか楽しみにしたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line