TOP > 競走馬 > 「イスラボニータ」チーター走法で今持っている力を出す!【マイルCS】
競走馬

「イスラボニータ」チーター走法で今持っている力を出す!【マイルCS】

一昨年の皐月賞馬であるイスラボニータがマイルCSに出走する。セントライト記念以来勝ち星から遠ざかっているが、数々の重賞の舞台で好走しており、衰えは全く見られない。前走の富士Sでも2着に食い込み、昨年は痛恨の出遅れで3着に終わってしまったが、リベンジを果たす体制は整っている。そんなイスラボニータについてまとめてみた。
イスラボニータ
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【産経大阪杯】スローペースに泣き5着・・・

道中は中団でじっくり脚を溜める。直線で外から追い込んだものの、キタサンブラックが作ったスローペースで前が止まらず5着に敗れた。
動画を見る
inyofu 5着 イスラボニータ(蛯名正義騎手) 「もう少し流れが速くなってくれればよかったのですが、内容は悪くありませんでした。前回、休み明けを一回使いましたが、古馬になってから良化がスローになっているのかもしれません。次はまたよくなると思います」

【安田記念】課題であったスタートを決めるも...

ひと叩きし4番人気で挑んだ安田記念。スタートを決めモーリス、リアルスティールを前に見る形でレースを進める。抑えきれないほどの手応えで直線に向かうと持ったままで坂を駆け上がる。一気に差し切るかと思われたが、そこから脚が鈍り最後は5着入線。
動画を見る
inyofu 5着 イスラボニータ(蛯名正義騎手) 「有力2頭を見ながら進めましたが、その2頭が外へ開いて離れて行くので、そうなると馬の闘争心がわいてきません。あそこから内へも切り替えれませんから。内枠だったら違っていたと思います。止まってはいないのですが、伸び切れませんでした」

【富士S】GI馬の底力を見せるも...

G3ながらも好メンバーが揃った富士S。ここでもスタートを決め好位のインで脚を溜める。手応え十分で直線へ。先に抜け出しを図るヤングマンパワーを目標に追い出されるが、なかなか差が縮まらず2着でゴールイン。
動画を見る
inyofu 2着 イスラボニータ(ルメール騎手) 「休み明けで馬はフレッシュでした。勝ち馬の後ろでベストポジションでしたが、届きませんでした。勝った馬は強かったですね。マイルの距離はちょうどいいと思います」

【マイルCS】1週前追い切りひと叩きされ確実に上昇!

inyofu イスラボニータの1週前追い切りは南ウッド6ハロン82・0―38・3―12・5秒。前走(富士S=2着)時よりもストライドが大きくなって迫力アップ。ひと叩きで着実に上昇中。
inyofu 栗田博調教師「1週前追い切りは直線で気合をつけた。重苦しかった前走時より反応は良かった。昨年(3着)は着差を考えればゲートの後手が痛かった。万全の態勢を整えて臨みたい」
16日最終追い切り
inyofu 朝一番に坂路を軽く一本上がってから美浦Wへ。馬場入りする時に少し嫌がったが、走り出してしまえば問題ない。5Fから加速すると終始馬なり。4角から一気にピッチを上げて、背中のバネをしなやかに弾ませた。目標として向正面で5馬身先行させていた僚馬タニマサガール(3歳500万下)との差を2馬身まで詰めてのゴール。しまい重点に、馬なりで5F70秒7-40秒5-12秒8の時計をマークした。

モーリス不在で大混戦模様のマイルCS。今年もマイル路線のみならず、短距離、中距離路線からも有力馬が集まっている。しかし、メンバーの中ではこの馬が実績最上位であり、前走休み明け、58kgを背負いながらも2着に入った辺りからやはりマイル適正は高い。昨年の雪辱を晴らすとともに2年ぶりのGI制覇へ。今年のマイルGIは「復活」がトレンドとなりそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line