TOP > 予想/馬券 > 【2014年ローズS】秋からの主役へ! ブランネージュ
予想/馬券

【2014年ローズS】秋からの主役へ! ブランネージュ

2014年9月21日(日)阪神競馬場開催、ローズSに出走のブランネージュについてまとめてみた。
馬キュレ

オークスは距離が長かった…。

春のオークスは人気薄ながらも5着に入選したブランネージュ。
inyofu オークスは5着と掲示板を確保したブランネージュ。直線で先頭に踊り出るかの勢いだったが、ゴール前で失速。外から上位馬にかわされた。藤岡師は「(オークスは)少し距離が長い印象だった」と敗因を分析した。夏場は充電に充て、今回は4か月ぶりの実戦。

追い切りではシャープな動き!

ブランネージュのローズS追い切りに関する記事によると
inyofu ブランネージュは秋山を背にポリトラックでブリーズベイ(2歳未勝利)との併せ馬。ラスト1ハロンを11・6秒とシャープに伸びてクビ先着。好仕上がりだ(5ハロン63・5―36・7秒)。

 田渕厩務員「数字こそ変わらないけど、カイバ食いが旺盛で馬体に幅が出てきた。最終追いの動きもまずまず」
inyofu 栗東ポリトラックコースで秋山騎手を背に、2歳未勝利を追走する併せ馬。1秒以上相手が先行した形だったが、余力を残しながら脚力の違いでキャッチアップし、最後はクビ差先着を果たしている。押せ押せのローテだった春より、数段上の状態にある。

ローズSでの巻き返しで、秋山騎手「春先より状態いい」

追い切り後のジョッキーのコメントによると
inyofu ブランネージュは秋山を背にポリトラックでブリーズベイ(2歳未勝利)と併せ馬。5馬身後方から徐々に差を詰めるが、頭を上げ行きたがる面を見せた。それでも直線は軽く仕掛けた程度で首差先着。鞍上は「ムキになっていたのは、前に馬を置いたからね。春より状態はいいよ」と力を込めた。

中距離なら、自信アリ!?

陣営のコメントによると
inyofu 「非常に順調。体重はそんなに変わっていないが、背は伸びた感じだね。中距離で勝負ができるのはいい。春の上位勢との差は詰められていると思う」とコース変わりでの逆転に期待を寄せる。3走前は同じ阪神芝1800mの君子蘭賞をメンバー最速の上がりで突き抜け快勝。舞台設定は申し分ない。安定感のある走りで世代のトップに接近する。





ブランネージュは栗東・藤岡健一厩舎所属の3歳牝馬。父シンボリクリスエス、母シナノネージュ、母の父フレンチデピュティ という血統。今春のフローラSで初の重賞に挑戦。そこで2着を確保し本番のオークスへの出走権を手に入れる。本番では5着とGIでも力を魅せた。秋の最後の女王の座をかけて、トライアルのローズSからいい競馬を期待したいところだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line