TOP > 地方競馬 > ふなっしーも興奮間違い無しなっしー 2014年【日本テレビ盃】
地方競馬

ふなっしーも興奮間違い無しなっしー 2014年【日本テレビ盃】

2014年9月23日(祝・火)船橋競馬場開催、ふなっしーも来場する今回の船橋競馬場のメインレース日本テレビ盃はJBCクラシックの前哨戦で勝ち馬に優先出走権が与えられるとあってどの馬も燃えているなっしー!?16:15発走!
馬キュレ

枠順確定

過去の傾向

inyofu 【7-2-0-1】と勝率の高い1人気馬、2-3人気もそれぞれ80%、100%の3着以内率。4人気以下の3着以内馬はわずか3頭のみ。中穴と呼べる馬の食い込みは全く見られません。
inyofu 前目の馬が断然の成績。最後のコーナーを4番手以下で通過して連対したのは2着に3頭のみ。
inyofu 近年は地方所属馬の連対があまり見られません。
inyofu 1・2枠は連対馬がゼロ。内過ぎるゲートはかなりの不振傾向です。
データからは1、2枠以外で人気の高い中央の馬で前目の馬が良いと予想される。これでかなり絞られる!?

昨年のジャパンダートダービーの覇者復活!?【クリソライト】

inyofu クリソライトは3歳時Jpn1のジャパンダートダービーに勝ち、以降不振も、前走のマーキュリーカップでナイスミーチューのレコードから半馬身差の2着と敗れはしたものの、自ら早めに動きハイペースを演出したレース振りは復活を印象付けた。全4勝はすべて1800m以上。左回りは勝ち星こそないものの、4走して2着3回、4着1回なら悪くない。
inyofu クリソライトは昨年のJDD以降、勝ち星がないが 前走でいい走りを見せた。 ここはペースが落ち着きそうで展開面が有利に。 久々の優勝も十分にある。
inyofu ◎はクリソライト 父はパワー型ターントゥ系(大系統)のゴールドアリュール(サンデーサイレンス系)で、産駒は2011年にワンツーを決めるなどレース適性あり。 母父はキングマンボ系(ミスプロ系)で、同じ系統のキングカメハメハ産駒(ミスプロ系)が2年連続で連対していることから、こちらもプラス要素だと思います。

昨年のジャパンダートダービー以来勝ち星は無いがここで復活が期待されているクリソライト。実力も実績も血統的にも一番人気は揺るがないか!?

実績最上位のGI馬【グレープブランデー】

inyofu グレープブランデーは2011年のジャパンダートダービー、2013年のフェブラリーステークスを制したG1馬。骨折休養後は南部杯の4着が最高着順と不振だが、実績最上位は確か。休み明けの前走はゲートで出遅れ流れに乗れなかったが、叩かれて型通り良化。左回りはG1を勝っているし、1800mは7勝中4勝の適距離。
inyofu グレープブランデー(栗東・安田、牡6)の復活Vに期待する。半年ぶりの前走・エルムSは他馬より出遅れて後方から。雨で不良まで悪化した高速馬場では、ほぼ最後方のポジションから追い込むのは難しかった。もともと休み明けは苦手なタイプで、8着という結果もしかたのないところだ。前走後は短期放牧を挟んで調整。坂路を中心にじっくり乗り込まれてきた。そして最後は19日にCWコースで長めから追い切る総仕上げ。楽な手応えで3馬身先着したようにデキは前走と雲泥の差だ。  2011年ジャパンダートダービー、13年フェブラリーSのGI2勝で、実績はこのメンバーで断然の存在。古馬になってからは左回りのほうが成績がよく、札幌から船橋に変わるのは好材料だろう。さらに斤量も1キロ減なら鮮やかな変わり身があっても不思議はない。
inyofu グレープブランデーは本当だったら もっともっと活躍していても良い馬。 底力はこの中でも断然なのだが…。 好きな馬なので頑張ってほしい。
inyofu △グレープブランデー。 父がスタミナ型サンデーサイレンス系のマンハッタンカフェ(サンデーサイレンス系)で、母父はパワーのあるボールドルーラー系。 血統的なバランスは合っていると思います。

実績はダントツで未だ衰えない人気を誇るグレープブランデー。休み明けでの前走は結果が出なかったが「今回こそは復活勝利を!」と期待する声が多い。

2着が定番!?【ダノンカモン】

inyofu ダノンカモンは名古屋大賞典で待望の重賞初勝利を飾ったが、それまでダート重賞2着6回と勝ち味に遅いところあり。左回りは得意だが、1800m以上の距離はその名古屋大賞典の勝利のみで、芝も含め【1-0-0-8】と向いているとは言い難い。基本的にマイラーで名古屋の小回りは上手く立ち回れても、船橋コースは誤魔化しが利かないコースだけに厳しいだろう。
 
inyofu ダノンカモンはここ2走が案外も、GⅠで連対のある馬。 まともなら当然好勝負の1頭。
inyofu ▲ダノンカモン。 2年連続で馬券圏内に来ているシンボリクリスエス産駒(ロベルト系)。

重賞で勝ちきれない印象はあるが、それでも2着で馬券に絡むことが多く今回もその可能性は高いか。もちろん1着もありうる実力の持ち主である。

地方勢の筆頭【トーセンアレス】

inyofu 地方勢の中心はトーセンアレス。中央在籍時は重賞未勝利に終わったが、移籍後いきなりオーバルスプリント2着、続く埼玉新聞栄冠賞で初重賞制覇。6戦の後再度中央に戻り6戦し障害未勝利戦に勝ったが、ダートの平地競走では今ひとつ。再度南関東に移籍し、3戦目のスパーキングサマーカップで重賞2勝目を挙げた。前走のオーバルスプリントは地方馬最先着の4着。距離に不安なく、左回りも問題なし。地方馬最先着は間違いなく、中央勢の一角崩しを狙う。
inyofu 地方馬の大将格は元中央馬のトーセンアレス(浦和・小久保、牡7)だが、本調子を取り戻してきたとはいえ、前走のオーバルスプリントでもJRAの上位独占(3着以内)を防ぐことはできなかった。今回も勝ち切れるとは思えず、印は△が精いっぱいだ。
inyofu 地方馬で対抗できそうなのはトーセンアレス。 オーバルSPは馬場に嫌われた印象。 JRA勢がやり合うと一発のシーンまである。
中央勢に食い込む可能性も十分にありうるがやはり人気馬に比べるとやや劣るとの評価。下克上なるか!?

Twitterでの声


圧倒的な中央勢人気のなか地方勢のトーセンアレスがどこまでやれるかが見物である。復活をかけたクリソライトとグレープブランデーの走りにも期待がかかる。その他川崎記念3着のグラッツィアも人気がある。果たしてふなっしーに「おめでとうなっしー!」と言われるのはどの馬か!?ちなみにこの日の最終レースは「ふなっしー来場記念特別」なので合わせてチェックしてみてはいかがだろうか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line