TOP > 予想/馬券 > 大舞台へ駆け上がれ!! 【2014年神戸新聞杯&オールカマー】追い切りタイムまとめ
予想/馬券

大舞台へ駆け上がれ!! 【2014年神戸新聞杯&オールカマー】追い切りタイムまとめ

今週9月28日(日)開催【神戸新聞杯】&【産経賞オールカマー】の有力馬の情報と追い切りタイムをまとめてみた。
馬キュレ

【神戸新聞杯】追いきり情報 2枠3番 ウインフルブルーム

inyofu 皐月賞3着馬ウインフルブルームは栗東坂路を終い重点に追われ、4F54秒5-1F12秒4(一杯)をマーク。帰厩してから日が浅く攻め量は明らかに不足しているものの、先週のハード追いが奏功してかラストは上々の反応で伸びていた。なんとか格好がついたというところか。

2枠4番 トーセンスターダム

inyofu きさらぎ賞の勝ち馬トーセンスターダムは不動の主戦・武豊騎手を背にして栗東ウッドで3頭併せを敢行。最後方からオープン馬トーセンレーヴらを追い、終い重点に仕掛けられるとラスト1Fで11秒6の切れ味を見せそれぞれと同入に持ち込んでいる。1週前追いも3歳未勝利が相手とはいえ、これを問題にしない動きを見せており仕上がりぶりは抜群。文句なしのデキで秋初戦に向かえそうだ。

4枠8番 サトノアラジン

inyofu 条件戦2連勝で来ているサトノアラジンは栗東坂路を単走。鞍上浜中騎手と抜群のコンタクトを結んで序盤はピタッと折り合うと終盤スムーズにギアを上げ、ラスト2Fを余力たっぷりのまま12秒4-12秒2でまとめる秀逸な内容となった。1週前には重賞馬サトノノブレスをアオる動きを見せており、短期放牧明けだが緩んだ雰囲気は皆無で高いレベルの好調をしっかり維持できていると見ていいだろう。

5枠9番 ハギノハイブリッド

inyofu ハギノハイブリッド最終追いはCWコース併走。こちらも重賞ウイナーのワイルドフラッパー(5歳オープン)を追い掛け、馬なりで首差先着。初騎乗の福永は「きょうはそんなにやらなくていいという指示。テンに力んだように前向きな面があるけど、競馬なら大丈夫だろう。基本は出たなりだけど、京都新聞杯みたいな競馬ができればいいね」と満足げな笑みを浮かべていた。

5枠10番 ワンアンドオンリー

inyofu 栗東坂路で小牧騎手(レースは横山典騎手)を背に僚馬ダノンマックイン(1000万下)を追走する併せ馬を行った。先行相手が脚色余裕だったのに対し、追いすがるワンアンドオンリーの手応えは一杯一杯。結局並びかけるものの、入線は半馬身遅れという結果に終わった。やや見栄えのしない内容ではあるが、2週続けて負荷をかけしっかり反応することを確認できたことは評価していいだろう。先を見据えていることを考えればこれぐらいの仕上がりで十分。本数をこなしており、力を出せるデキにはあるだろう。

8枠16番 ヴォルシェーブ

inyofu ヴォルシェーブはCWコース単走で馬なりのまま6F81秒6の好時計をマーク。キビキビした脚さばきで駆け抜けた。友道師は「先週の時点で、いい感じに仕上がっているし、しまいだけの内容。時計は速かったね」と好感触だ。500万→1000万と連勝中の上がり馬。「前回乗った内田騎手も距離は大丈夫だと。あとは一線級相手に、どこまでやれるか。具合はいいので何とか権利を獲りたい」と力を込めた。

追い切りタイム一覧

inyofu トーセンスターダム9/17 栗東 CW 良 81.7 66.0 52.1 38.1 - 11.6
ハギノハイブリッド 9/17 栗東 坂路 良 83.7 68.2 53.0 39.1 - 11.7
ペンタトニック 9/17 栗東 P 良 76.2 61.4 48.2 36.0 - 12.1
サトノアラジン 9/17 栗東 坂路 良 - - 53.8 38.4 24.6 12.2
スズカデヴィアス 9/17 栗東 坂路 良 - - 53.9 38.1 24.5 12.2
ヴォルシェーブ 9/17 栗東 CW 良 81.6 65.9 51.7 38.0 - 12.3
サウンズオブアース 9/17 栗東 CW 良 83.1 66.7 52.5 38.7 - 12.3
ウインフルブルーム 9/17 栗東 坂路 良 - - 54.5 39.0 24.9 12.4
ヤマノウィザード 9/17 栗東 坂路 良 - - 54.2 39.1 24.9 12.4
トーホウジャッカル 9/17 栗東 坂路 良 - - 51.5 37.8 24.9 12.7
キネオペガサス 9/17 美浦 南W 良 84.1 68.5 53.5 39.4 - 12.8
シャンパーニュ 9/17 栗東 CW 良 80.7 65.3 51.7 38.5 - 12.8
ワンアンドオンリー 9/17 栗東 坂路 良 - - 53.8 39.8 26.0 13.2

【産経賞オールカマー】追い切り情報 4枠8番 サトノノブレス

inyofu 前走小倉記念を快勝したサトノノブレスは栗東坂路で和田騎手を背に僚馬リグヴェーダ(1000万下)を追走する最終スパーリング。4馬身ほど先に行った相手をロックオンすると手応えにお釣りを残しながら鋭伸し、同入に持ち込んでる。時計は4F53秒0-1F11秒8(強め)で、坂路でそこまで速いタイムが出ないタイプなのを考えれば抜群の内容だったと言える。休み明けだった前走の反動は皆無で、更に上昇を果たしたようだ。

5枠9番 クランモンタナ

inyofu 前走の新潟記念でクビ差2着と惜敗を喫したクランモンタナが、坂路で併せて、さらなる上昇気配を見せた。一杯に追う相手に対し馬なりでクビ差先着。リズミカルな動きで4ハロン51秒7-12秒4の好時計をマークした。 「前走は休み明けだったし、今回の方が上積みはありそう。左回りは結果が出ているし、サトノノブレスにも勝ったこと(昨年の信濃川特別)があるからね」と音無調教師は目を光らせた。目覚めた良血馬が重賞初Vをにらむ。

6枠11番 マイネルラクリマ

inyofu 七夕賞3着のマイネルラクリマはWコースで単走の最終仕上げ。ラスト重点で追われ、伸びやかなフォームで駆け抜けた。動きを見守った上原師は「当該週は目いっぱい追わず、しまい1Fだけがこの馬のパターン。いい感じだった。距離は大丈夫だし、2キロ減の別定56キロも魅力。中間雨が降るようだけど、渋っても苦にしない」と重賞3勝目を視界に入れていた。

7枠15番 マイネルメダリスト

inyofu 目黒記念の勝ち馬マイネルメダリストは蛯名騎手が手綱をとって美浦坂路で併せ馬。1週前にしっかり負荷をかけられてグンと良化を果たしたようで、3馬身ほど先行していた準オープン馬を楽に追いつめ同入と上々の内容を見せた。4カ月ぶりになるが、力を出せる態勢には仕上がっているだろう。

8枠16番 フェイムゲーム

inyofu 宝塚記念以来3カ月ぶりになるフェイムゲームは美浦ウッドで準オープン馬インディ-ズゲームを4馬身単走。序盤は鞍上北村宏騎手の意のままにピタッと折り合うと、仕掛けられてもたつくシーンがありつつもギアが入ってからはしっかり伸び同入に持ち込んでいる。休み明けだけに反応面へ懸念を残すものの、攻め量は十分すぎるほどでデキは悪くない。

8枠17番 アロマティコ

inyofu アロマティコは栗東坂路を終い重点に追われ、4F53秒2-1F12秒0(強め)をマーク。北海道遠征後も入念に乗り込まれており、疲れはなくこの馬なりの好調をきっちりキープできているだろう。

追い切りタイム一覧

inyofu サトノノブレス 9/24 栗東 坂路 良 - - 53.0 38.6 24.3 11.8
アロマティコ 9/24 栗東 坂路 良 - - 53.2 38.4 24.4 12.0
アドマイヤギャラン 9/24 栗東 坂路 良 - - 55.1 39.8 25.1 12.1
マイネルメダリスト 9/24 美浦 坂路 良 - - 54.5 39.1 25.5 12.3
クランモンタナ 9/24 栗東 坂路 良 - - 51.7 37.9 24.7 12.4
ニューダイナスティ 9/24 栗東 坂路 良 - - 52.7 38.4 25.2 12.6
マイネルラクリマ 9/24 美浦 南W 良 86.2 70.7 55.5 40.7 - 12.6
ラキシス 9/24 栗東 CW 良 80.0 65.1 51.9 38.6 - 12.6
ムスカテール 9/24 栗東 坂路 良 - - 54.4 39.3 25.4 12.7
クリールカイザー 9/24 美浦 南W 良 79.9 64.1 50.7 38.3 - 12.8
フェイムゲーム 9/24 美浦 南W 良 - 70.7 55.1 40.2 - 12.8
エバーブロッサム 9/24 美浦 南W 良 - 68.0 53.5 38.8 - 13.2
ナカヤマナイト 9/24 美浦 南W 良 - - 51.2 37.1 - 13.3
セイクリッドバレー 9/24 美浦 南W 良 - 66.7 51.9 38.0 - 13.5

うまキュレ班的によく見えた馬は【神戸新聞杯】トーセンスターダム、トーホウジャッカル【オールカマー】マイネルラクリマ、フェイムゲーム。最終だけでなく、1週前追い切りと照らし合わせて予想してほしい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line