TOP > 競走馬 > 「ワンアンドオンリー」動きも体調もいい!もたれず行く【天皇賞(春)】
競走馬

「ワンアンドオンリー」動きも体調もいい!もたれず行く【天皇賞(春)】

最後の勝ち星というと、2014年の神戸新聞杯まで遡らなければならないワンアンドオンリー。2016年まで2年連続で出走していたドバイシーマクラシックでは世界の強敵相手に3着、5着。今年は阪神大賞典に出走したものの、3番人気で7着と微妙な結果に終わってしまった。何かきっかけを掴みたい、ワンアンドオンリーについてまとめてみた。
ワンアンドオンリー

【2014年日本ダービー】直線の叩き合い制して世代の頂点へ!

これまでは後方から直線一気の競馬が続いていたが、このレースでは先行する競馬を見せたワンアンドオンリー。直線ではイスラボニータとの叩き合いを制して世代の頂点に立った。
動画を見る
inyofu 1着 ワンアンドオンリー 横山典弘騎手 「嬉しいです。橋口先生にはいつもお世話になっているのでがんばるしかないと思っていました。勝ててよかったです。どのレースでもそうですが、ゴールまでが遠かったですね。スローペースで他の馬も苦労していました。僕の馬も道中は力んでいたので、どこまで伸びてくれるかと思っていました。前回は行き脚がつかなかったのですが、ダービーが目標ということで今回は先生もスタッフもきっちり仕上げてくれていましたので、スタートよく、無理なく好位で進めることができました。お父さんのハーツクライに比べるとまだ緩いところがありますが、それでダービーを勝つのですからすごいですね。これからも順調にいって欲しいです」
inyofu 橋口弘次郎調教師のコメント 「舞い上がって地に足がついていない状態です。ドバイで勝ったときもこんな気持ちにならなかった。やはりダービーは別格です」

【AJCC】久しぶりの掲示板内!

スタートから前目のポジションを取りに行く構えであったが、後方に下げていく。勝負所ではインで前が狭く厳しい状況で直線に向かう。前が空いてからはなだれ込むようにジリジリと伸びて5着。
動画を見る
inyofu 5着 ワンアンドオンリー(田辺裕信騎手) 「位置を取りたい馬が多くて下げる形になりました。最後は流れ込むような感じでしたが、この馬としては踏ん張っていたと思います。右にもたれるところもありませんでした」

【阪神大賞典】3番人気に支持されるも...

スタートから終始内には入らず、中団辺りを進む。1頭が大逃げする展開で、2周目3,4コーナーで馬群が凝縮。手応えはあまりなく、直線では伸びを見せることなく7着に沈んだ。
動画を見る
inyofu 7着 ワンアンドオンリー(武豊騎手) 「3000mずっと内にササりっぱなしでした。やはりその点はロスでしたね」

【天皇賞(春)】追い切り 3頭併せで先着!

inyofu ワンアンドオンリーの1週前追い切りは和田を背にウッド6ハロン83・3―38・7―12・0秒。3頭併せの内から先着した内容は悪くない。徐々に復調ムード。
inyofu 橋口調教師「まだいいころまでにはいってないけど、あと1週ありますからね。1週前追い切りでは頭を上げないように我慢できていたし、確実にフォームは良くなっていますよ」

先週のマイラーズCで同期クラシック馬のイスラボニータが勝利。そして今回の鞍上には先週のフローラSをモズカッチャンで制した和田竜二騎手。天皇賞(春)をテイエムオペラオーで連覇しており、勢い、経験共に申し分ない鞍上である。メンバーは強力であるが、なにか歯車が噛みあえば上位人気馬とも十分にやれる力はあるので期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line