TOP > 競走馬 > 「ワンアンドオンリー」動きもよし!体はできている【ジャパンC】
競走馬

「ワンアンドオンリー」動きもよし!体はできている【ジャパンC】

2014年のダービー馬ワンアンドオンリーがジャパンカップに出走する。2014年の神戸新聞杯以来勝ち星はなく、今も長いスランプに陥っているが、2016年まで2年連続で出走していたドバイシーマクラシックでは世界の強敵相手に3着、5着。今年もまだ未勝利も上がり上位の末脚を使っており、ダービーと同じ舞台の東京2400mではまだまだ見限れないワンアンドオンリーについてまとめてみた。
ワンアンドオンリー

【2014年日本ダービー】直線の叩き合い制して世代の頂点へ!

これまでは後方から直線一気の競馬が続いていたが、このレースでは先行する競馬を見せたワンアンドオンリー。直線ではイスラボニータとの叩き合いを制して世代の頂点に立った。
動画を見る
inyofu 1着 ワンアンドオンリー 横山典弘騎手 「嬉しいです。橋口先生にはいつもお世話になっているのでがんばるしかないと思っていました。勝ててよかったです。どのレースでもそうですが、ゴールまでが遠かったですね。スローペースで他の馬も苦労していました。僕の馬も道中は力んでいたので、どこまで伸びてくれるかと思っていました。前回は行き脚がつかなかったのですが、ダービーが目標ということで今回は先生もスタッフもきっちり仕上げてくれていましたので、スタートよく、無理なく好位で進めることができました。お父さんのハーツクライに比べるとまだ緩いところがありますが、それでダービーを勝つのですからすごいですね。これからも順調にいって欲しいです」
inyofu 橋口弘次郎調教師のコメント 「舞い上がって地に足がついていない状態です。ドバイで勝ったときもこんな気持ちにならなかった。やはりダービーは別格です」

【毎日王冠】兆しが見えた走り!

レースの前半は後方からの競馬で脚をじっくりと溜めていく。4コーナーを内目を回って直線に向かい、残り200mで外に持ち出すと、末脚を伸ばして勝ち馬から0.4秒差の7着に食い込んだ。
動画を見る
inyofu 7着 ワンアンドオンリー(橋口慎介調教師) 「馬が走る気を取り戻しているようです。今日は最後まで集中力も続いていました。兆しが見えたと思います」

【天皇賞(秋)】極端な道悪馬場で勝負にならず...

連日降り続く雨の中、不良馬場で行われた天皇賞(秋)。道中は中団の外目を進んで、馬場の良いところを探して進んでいったものの、4コーナーではもうすでに脚は無く、直線は追われることなく、17着でゴールインとなった。
動画を見る

【ジャパンC】追い切り 体の張りが抜群にいい!

inyofu 1週前に坂路4ハロン51秒8をマークしたとあって、この日は同56秒7-13秒0と軽めだったが、走りが大きく体の張りが抜群にいい。「レース週に強く追わない方がレース時に活気があるし、これで十分」と橋口師。
inyofu ジャパンCは4年連続の出走だが「過去3回(7、7、8着)も他のレースに比べたら内容が良かった。今の状態なら好走できてもいい」と力が入る。

前走の天皇賞(秋)はあれほどの馬場では勝負どころの話ではない。2400mはダービーや神戸新聞杯、ドバイシーマクラシックなどで示したようにこの馬が最も実力を発揮しやすい舞台である。末脚に懸けてどこまでやれるのか、大いに期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line