TOP > 競走馬 > 【2014年神戸新聞杯】念願のGI出走へ! ヴォルシェーブ
競走馬

【2014年神戸新聞杯】念願のGI出走へ! ヴォルシェーブ

2歳時からクラシックを意識したローテーションでレースを組まれてきたヴォルシェーブ。しかし、脚部不安により春のクラシック回避を余儀なくされた。念願の大舞台出走に向けて秋緒戦に挑む。
馬キュレ

馬主は元メジャーリーガー、大魔神こと佐々木主浩氏!

GⅠ2勝馬ヴィルシーナのオーナーとして知られる佐々木主浩氏。所有馬にはヴィルシーナ以外にもマジンプロスパーやファルスターなど堅実な活躍馬が多い印象だ。

期待馬がデビュー戦を圧勝!2013年メイクデビュー京都

叔父にディープインパクトを持つという血統背景から期待を寄せられていたヴォルシェーブ。前を行く各馬を捉えきり快勝した。

バンドワゴンに歯が立たず・・・2013年エリカ賞

バンドワゴンが軽快に逃げる展開の中、後方から脚を伸ばすも2着。1着のバンドワゴンに5馬身差をつけられる惨敗を喫した。

差し切り勝ちで2勝目!2014年セントポーリア賞

素質馬が集まった2014年セントポーリア賞。後方から競馬を進めると、東京の長い直線を生かし末脚を発揮。外からまとめて差し切った。

古馬相手に完勝!2014年芦ノ湖特別

http://youtu.be/5X6-_L2C4s0
初の古馬との対戦となった2014年芦ノ湖特別。先行する各馬を見ながら迎えた直線、残り200メートルで先頭に立つとそのまま押し切った。

ヴォルシェーブの状態は!?

inyofu 林助手は「すこぶる順調です。具合はめっちゃいいですよ。だいぶ乗り込めたし、やるごとに背中が変わってきた」と仕上がりに自信を見せた。
6月以来の実戦となるが状態に関しては問題なさそうである。

血統背景、馬主と注目される要素十分なヴォルシェーブ。注目度の高さに引けをとらない実力も兼ね備えている。2月のセントポーリア賞では後の重賞好走馬クラリティシチーやショウナンラグーンを一蹴した。今回鞍上に迎えるのは先週6勝と固め打ちの岩田康誠ジョッキー。絶好調の人馬が菊花賞トライアルの神戸新聞杯に挑む。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line