TOP > 競走馬 > 今週の注目新馬情報【2014年9月27日(土)・28日(日)】
競走馬

今週の注目新馬情報【2014年9月27日(土)・28日(日)】

今週開催2014年9月27日(土)28日(日)の新馬戦に出走予定の注目馬をまとめてみた。
馬キュレ

注目馬はディープ×アメリカの重賞勝ち馬! ステラスターライト

9月27日(土)新潟5R 牝馬限定 芝1600m
inyofu ステラスターライト(牝2・美浦・堀宣行厩舎)
父ディープインパクト 母ノーブルステラ 母父Monsun
母はアメリカの重賞勝ち馬
半姉に6勝を挙げ、京都牝馬S(GIII)3着のノーブルジュエリー
初戦から期待できる!?
inyofu 9月27日、新潟競馬場の第5R・2歳新馬(芝1600m)には、主に芝の短距離戦線で中央6勝を挙げ、今年の京都牝馬Sで3着へ入線したノーブルジュエリーを半姉に持つステラスターライト(牝2、美浦・堀)がデビューする。馬体が細かった入厩当初に比べ、カイバ食いも旺盛になり体調は文句なしの様子。最終追いは、美浦ウッドで本番でも騎乗する戸崎騎手を背に行われた。関係者からは「しっかりとした走りを見せ、能力の高さを感じさせる」との評価。初戦からいい走りに期待ができそうだ。

もう一頭の注目もディープ×米の母のスーパー血統馬 アンバーグリスキー

9月28日(日)新潟5R 芝1800m 母は米GIホースの今年期待の一頭が登場!
inyofu アンバーグリスキー(牡、蛯名正義・藤岡健一・ディープインパクト)…母アーヴェイは現役時代に米GIフラワーボウル招待Sを制している。
その迫力に、調教師も目を輝かせている!
inyofu  “アンバーグリスキー”という馬名が記憶に焼き付いた。神戸新聞杯に出走するサウンズオブアースの併走パートナーをまだデビュー前の新馬が務めたからだ。相手は攻め駆けすることで有名なオープン馬。直線では完全に放り捨てられたが、先行しCWコースの外をぶん回して6F83秒9―1F12秒8なら上等。さかのぼる17日には同じCWでラスト1F11秒7を刻む絶品の切れ味も披露している。次世代を背負う大物に藤岡健師も目を輝かせる。
セリでは「億越え」で落札!
inyofu  血統も超一流だ。父ディープインパクト、母が米G1(フラワーボウル招待=芝10F)勝ちでエリザベス女王杯にも挑戦したアーヴェイ。13年のセレクトセールでは1億1000万の高値で落札されている。

 「体は430キロぐらいだけど、ディープの子だからね。楽しみにしている」と指揮官。デビュー戦に新潟の9F戦を選択したのもクラシックを見据える器だからこそ。父譲りの切れ味で、軽く“飛ぶ”かも。イスラボニータの半弟ステイリッチと激突するが、鞍上に蛯名を起用し一歩も引かない構えだ。

ディープ産駒以外ではナムラビッグマンが注目か

9月27日(日)阪神5R 2歳新馬
inyofu 叔母にリヴァプール(中央5勝・ファンタジーS3着)、近親にはセイウンニムカウ(中央2勝・アーリントンC2着)という血統背景のナムラビッグマンが鞍上福永騎手で出走。6月阪神でのデビューを予定していたが、ソエで一旦放牧へ。今週、満を持してデビューを迎える。。

今週も新馬戦には多数の期待馬が出走を予定しているが、中でもアンバーグリスキーは今週だけではなく今年全体でも相当期待を寄せているファンの方も多いのではないだろうか。期待が大きい分、初戦であってもあっさりとは負けるわけにはいかないのが陣営の本音だろう。追い切りでは藤岡佑介騎手が騎乗したが、当日の本番では、蛯名騎手が手綱を取る予定だ。名手蛯名騎手とのコンビで来年のクラシックを盛り上げてくれることまで期待してしまう一頭だ。 堀宣行厩舎所属のステラスターライトは戸崎圭太騎手とのコンビでデビュー戦へ。品格ある馬体でしなやかな動きをするディープインパクト産駒として評判でその総合評価は高い。初戦からでも、古馬との稽古で培った経験で、いきなり勝ち負けも期待できる一頭ではないだろうか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line