TOP > 競走馬 > 白石麻衣が命名した1億5000万の馬“キミノナハセンター”
競走馬

白石麻衣が命名した1億5000万の馬“キミノナハセンター”

乃木坂46の白石麻衣がフジTVの競馬番組「うまズキッ!」の企画で1億5000万の馬の馬名を付けることになった。
その命名した馬の名前が競馬ファンの間で話題となっている。
サラブレッド

父は、あの“ディープインパクト”

2009年の秋華賞馬レッドディザイアの弟で父はディープインパクトなのだ。

命名「キミノナハセンター」に決定

inyofu 名前の意味については「乃木坂46のメンバーとして活動して、まもなく2年になりますが、次のシングル曲(『ガールズルール』)で初めてセンターを任せていただけることになりました。センターで歌うということは私たちにとって格別なことで、競馬界でも同じことが言えるのかなと思い、“競馬界のセンター”に立つような馬になってほしいと思い命名しました。
inyofu <名付け親となった競走馬としてみたいこと>
トレーニングしているところや、がんばっている姿を早く見たいです。名前が少し呼びにくいので、“キミチャン”と呼びかけてみようと思います。“私も今度センターでがんばるから一緒にがんばろう”と言ってあげたいです。また、(自身がセンターを務める)「ガールズルール」のCDを持っていって、聴かせてあげたいです。
競走馬は、名前では決まらない。しかし、過去に変わった名前の名馬は確かに存在する。

競馬ファンもこの名前には賛否両論

これはないという声も・・・。
様々な意見があるようだ。
いずれにしても、注目を浴びたことには違いない。

名付け親である白石麻衣の公式ブログはこちら


競馬には様々な名前の馬が存在する。例えそれが他人から見れば変わった名前だったとしても、
競馬界が盛り上がる一要因としては、一概に馬鹿にはできないものなのだ。
果たしてセンターを飾れるか。キミノナハセンターの活躍に期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line