TOP > 地方競馬 > 【2014年岩手県知事杯OROカップ】おろ? 非常に真剣〜岩手競馬浪漫譚〜
地方競馬

【2014年岩手県知事杯OROカップ】おろ? 非常に真剣〜岩手競馬浪漫譚〜

歴代最強メンバーが集まったと言われる今回の岩手県知事杯!群雄割拠のこのレースを制するのは誰だ!?2014年9月28日(日)盛岡競馬場17:10発走!
馬キュレ

枠順確定

過去の傾向

inyofu 過去5年の結果からデータをみていく。単勝1番人気馬が3着以内を確保。3着以内に入った岩手所属馬は3頭だけで、あとの12頭は遠征馬となっている。2走前までに芝で勝利していた馬が3着以内に1頭だけ入線。3着内馬15頭のうち11頭が、前走から1カ月以上の間隔で出走してきた馬だった。毎年6歳または7歳馬が3着以内に1頭以上入っているデータもある。

前走盛岡で快勝【カリバーン】

inyofu 大井代表・カリバーンは中央芝4勝、ダート1勝。「オールカマー」3着、「アルゼンチン共和国杯」4着などの実績を残し、昨年11月に南関東へトレード。3戦して入着2回から盛岡芝2400m重賞「せきれい賞」へ参戦。堂々、1番人気に応えて1馬身半差で完勝しました。その後は「岩手県知事杯OROカップ」1本に絞って調整を進め、万全の態勢で臨みます。
inyofu ○ カリバーン…中央5勝、GⅡオールカマー3着の戦歴。芝では違うとばかりにせきれい賞では強さを見せつけて快勝。その後は、ここを目標に順調に調整。目が離せない1頭だ。
inyofu カリバーンは前走の遠征で快勝。 再び芝を求めての遠征で鞍上も吉原騎手。 引き続き注目。
http://youtu.be/6glD4-OQpBU
前走同じ芝のコースで快勝。今回のレースを目標に調整しており期待大。

安田記念3着の実力【コスモセンサー】

inyofu コスモセンサーは「安田記念」3着、「アーリントンカップ」(GIII)優勝などを制し、鳴り物入りで転入。まだ岩手初戦の1勝のみですが、前走「桂樹杯」では重馬場に苦しみながらも2着を死守。盛岡芝2戦目でさらに期待ができそうです。
inyofu ◎ コスモセンサー…注目を浴びた桂樹杯だが雨の影響で酷な馬場でも2着は確保。GⅠ安田記念3着と遠征と比べても戦歴は引け取らない。状態の良さは目につく。良馬場で巻き返す。
inyofu JRAでは芝マイルを中心に6勝を挙げて2億円以上を獲得。岩手では転入初戦を勝利して、芝の前走では2着に善戦。今回も芝なら首位争いが必至だろう。
http://youtu.be/W0vY0RDyr7Q
前走は転入初戦で2着も馬場状態は悪かった。今回良馬場なら期待が持てる。

シルクアーネスト

inyofu △ シルクアーネスト…昨年夏の小回り福島でオープン勝ち。GⅢエプソムCでは5着と戦歴はここ入って見劣りなし。先行、差しと立ち回りのうまさは目を引く。転入初戦から狙いたい。
inyofu シルクアーネストも盛岡芝を狙ってのトレード。重賞タイトルには縁がありませんでしたが、中央芝1600m~1800m6勝。今年5月、新潟芝1600mでも0秒1差3着。転入初戦でいきなり重賞制覇の可能性も十分考えられます。
inyofu シルクアーネストはJRAからの移籍初戦。 GⅠ出走、芝重賞入賞があり この中に入れば実績最上位だ。

実力は最上位。重賞に縁がなかったが転入初戦で初重賞も大井にあり得る。

各地の実力馬が集まった今回の岩手県知事杯OROカップにはとにかくロマンがある。紹介した他にも重賞3勝のスマイルジャックや桂樹杯を逃げ切ったドリームフォワードなども有力。はたしてこの中で勝利を手にするのはどの馬だ!?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line