TOP > 地方競馬 > JBCレディスクラシック前哨戦、【2014年レディスプレリュード】を制す牝馬はどの馬か
地方競馬

JBCレディスクラシック前哨戦、【2014年レディスプレリュード】を制す牝馬はどの馬か

2014年10月2日(木)大井競馬場開催、地方全国交流戦レディスプレリュード。グランダムジャパン古馬シーズンの最終戦でもあるこのレースに目が離せない!全国各地からトップクラスの実力馬が参戦。追い切り動画や評判をまとめた。ゴールまでの直線が長い外回りコースを1番に駆け抜け、牝馬ダート競走の女王を決めるJBCレディスクラシックの出走権を得られるのはどの馬だ?20時10分発走!
馬キュレ

枠順確定

過去の傾向

inyofu 前身となるTCKディスタフは04年から行われているが、レディスプレリュードに名称変更となり、中央馬が参戦となったのが11年。よって、過去3年分のデータを重視すべきだろう。11年と12年はミラクルレジェンドが優勝。そして昨年はメーデイアが勝利。いずれも続くJBCレディスクラシックJpnIを制しており、本番に直結する前哨戦となっている。2着馬は11年ラヴェリータ、13年アクティビューティが同年のダートグレードで連対の実績、12年プリンセスペスカは2走前にしらかばステークスで3着と中央のオープン特別で好走していた。中距離実績がある馬を素直に狙えばいい。
傾向からは中距離実績のある馬を狙うべしとのこと。

人気実力ともに1番【ワイルドフラッパー】

inyofu 人気でもワイルドフラッパーで揺るぎない。前走ブリーダーズゴールドカップは圧倒的な1番人気も2着に敗退。休み明けで馬体重が+14キロで嫌な予兆はあった。今年のエンプレス杯ではサンビスタに完勝しており、前走は凡走だろう。馬体重が絞れていることが条件だが、巻き返すと見た。
inyofu 本命はつまらないかもしれないけど ワイルドフラッパー。前走に関しては 「負ける可能性も」と思ったが、 斤量差が縮まり、叩き2戦目で 更に前走の敗戦を踏まえれば 今回は負けられないところ。
inyofu 休み明けの前走ブリーダーズゴールドカップは、決め手勝負となり太目が響いて2着と敗れはしたが、ひと叩きされて改めてワイルドフラッパーだろう。
前走のマリーンカップ

1番人気はワイルドフラッパーな様だ。前走のマリーンカップは振るわなかったが今回は巻き返すことが期待される。当日の馬体重に注目。

前走でワイルドフラッパー食い【サンビスタ】

inyofu 相手は無難に前走ブリーダーズゴールドカップを制したサンビスタ。引き続き岩田騎手が騎乗するのも心強い。4走前の準オープン・門司ステークスでカチューシャに先着しているのも強調材料だろう。
inyofu ブリーダーズゴールドカップの上位2頭に 引き続き注目。 見事先着を果たしたサンビスタだが 再度逆転は難しいと思い2番手評価。
inyofu サンビスタは前走ブリーダーズゴールドカップJpnIIIで、断然人気のワイルドフラッパーを内からすくって3馬身突き放しての完勝。重賞初制覇を飾った。3月のエンプレス杯JpnIIではワイルドフラッパーに大差で敗れており、短期間で急激にその差を詰めたことになる。ただ、前走の勝ち時計自体は、前年までのブリーダーズゴールドカップ(牡馬との混合)と比較すると平凡なもの。力をつけて圧倒したと考えるのは早いだろう。今回が試金石となる。
inyofu サンビスタは前走ブリーダーズゴールドカップで、単騎で逃げるワイルドフラッパーを並ぶことなく交わした。当時叩き2戦目で型通り良化で、相手が太めということもあったが。1700~1800m5勝。ワイルドフラッパー連破の可能性は十分。
前走のブリーダーズゴールドカップ
http://youtu.be/KHzFknUWHmk
前走のブリーダーズゴールドカップ通りの展開にはならないだろうが実力はワイルドフラッパーと同等。連勝が期待出来る。

スパーキングレディーカップ勝者【サウンドガガ】

inyofu サウンドガガは前走スパーキングレディーカップJpnIIIで重賞初制覇。外枠から、スピードの違いで内に切れ込みながらハナに立ってレースを引っ張った。先頭に立ってからはマイペースに落として、リズムよい走り。課題とされていたマイル戦への対応も克服し、最後の直線での脚も残っていた。さらに1ハロン延長となる点は気になるが、同じような競馬ができれば簡単には失速しないかもしれない。
inyofu サウンドガガは距離、コースともに半信半疑の前走スパーキングレディーカップを逃げ切った。JRA通算6勝のスピード。休み明けも【3-0-0-0】だが、更なる距離延長はどうか。
前走のスパーキングレディーカップ
http://youtu.be/hCdN-W1IMGA
スパーキングレディーカップを制した力を見せれば勝利もあり得る!?

JBCレディスクラシックの最重要ステップレース、レディスプレリュード。今回ピックアップしたワイルドフラッパー、サンビスタ、サウンドガガの他にも前走スパーキングレディーカップ2着のカチューシャ、常に掲示板を外さない安定のアクティビューティにも注目である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line