TOP > 予想/馬券 > 【GI スプリンターズS】予想まとめ 絶対王者がいない今、次に座を射止めるのは誰だ?
予想/馬券

【GI スプリンターズS】予想まとめ 絶対王者がいない今、次に座を射止めるのは誰だ?

1分10秒で全てが決まる【第48回スプリンターズステークス】2年連続で最優秀短距離馬を受賞したロードカナロア(龍王)が引退した為、短距離界は混戦模様となっている。ましてや今回開催が新潟芝1200m。 内回りコースで、新潟名物の長い直線をではないので先行馬が圧倒的有利。今回、過去のデータが当てはまるか疑問もあるが、予想ブログから抜粋して好走馬を選んでいきたい。
馬キュレ

過去10年のデータ傾向

inyofu 中心は4~5歳馬
スプリンターズSがGI に昇格した1990年以降、「3歳」馬は5勝している。しかし、開催時期が暮れの中山開催から初秋の中山開催へ移された2000年以降に優勝した「3歳」馬は、2007年のアストンマーチャンだけだ。過去10年の年齢別成績を見ると、好走率でもっとも好成績を残しているのは「4歳」馬で、「5歳」馬は率の上では「4歳」馬に劣るものの最多となる8頭の連対馬を送り出している。また、「6歳以上」の馬も4勝を挙げているが、連対率や3着内率では「4~5歳」馬にやや離された数値となっている。
inyofu 基本的には順当傾向
過去10年の単勝人気別成績を見ると、単勝「1~3番人気」の馬が7勝、2着8回となっており、基本的には上位人気馬が優勢。ただし、3着馬に限れば「5番人気以下」から9頭が出ており、2006年には最低人気(16番人気)馬が3着に食い込んで大波乱を演出したこともある。1、2番人気馬で決着した昨年も15番人気馬が3着に入っており、今年も伏兵馬には警戒しておくべきだろう。
inyofu GII、GIII からの臨戦に注目
前走のレース別に成績を調べてみると、3着以内馬をもっとも多く送り出しているのは「セントウルS」。目下5年連続で同レースから3着以内馬が送り出されるなど相性の良さが光っている。また、率の上では「北九州記念」組が好成績となっている。対して、いまひとつとなっているのが国内外のGI から臨んできた馬たちで、「日本のGI 」から臨んで勝利した唯一の馬は、香港馬のサイレントウィットネス(前走が安田記念)だった。前哨戦を経由せず、春シーズンのGI 以来の出走となる日本馬は、多少の割引が必要ということなのだろう。

突き抜ける可能性ある レッドオーヴァル

inyofu この夏好調だったのは牝馬レッドオーヴァル。 正直ディープインパクト産駒で未知数な部分も多いですが、 夏3戦は阪神、札幌、札幌と走って2着、1着、2着でいずれも上がり最速。 パワーの要る馬場でしっかりいい脚を使えているのは好印象。 調教もよかったようですし、 外差しが決まりやすい馬場で突き抜ける可能性は十分あると思います。
昨年の桜花賞で優勝馬アユサンと激しい追い比べを演じて2着に好走した素質馬。短距離路線に変更して連を外したのは、高松宮記念の14着のみ。初重賞制覇をGIで飾れるか。

新旧交代ならこの馬 セイコーライコウ

inyofu ここ8戦(3-2-1-2-0-0)と4着以内。 新潟(4-1-0-0-1) G1・2の経験はありませんが、新旧交代ならばこの馬か。 調教師さんが引退という話もあり、初G1で初勝利を夢を見ての出走でしょう。 フォトパはそんなにパッとしませんでしたが、メイチの仕上げをしてくることは間違い無し。
7歳を迎えた今年に4戦3勝をマーク。素晴らしい充実ぶりを示している一頭。ベストは2戦2勝の新潟1000mの直線競馬かもしれないが、今回の1200mでも4勝2着5回を記録しており、距離適性は高い。

末脚が異次元 マヤノリュウジン

inyofu 昨年の3着馬だがその後は期待を裏切り続けてきたがバーデンバーデンカップでは後方で構える競馬から大外を豪快に差し切る末脚を披露した。軽量のフクノドリームとアンバルブライベンの逃げ争いが激化してハイペースになってそれに乗じることができたということもあるがその末脚と通ったコースは異次元。 当時は横山典騎手が騎乗してのもので再び池添騎手に戻ってのUHB賞でも豪快に差し切ったのでちょっとデュランダルっぽい雰囲気を醸し出した感があった。セントウルステークスは5着に敗れたが最後は脚を使っているのには目が行ってしまう。
昨年のスプリンターズSで15番人気の低評価を覆して3着に健闘。高いスプリント能力を示した。しかし、同馬が本格化を遂げたのは今年の夏。3走前のバーデンバーデンCを大外強襲の豪快な競馬で制すると、前々走のUHB賞も直線一気の末脚で優勝。3連勝を目指した前走のセントウルSは5着に敗れたが、上がり3ハロンタイムはメンバー中最速の32秒9をマーク。持ち味とする鋭い末脚は披露しており、本番につながる内容を残したと言える。

1着以外は考えてない ハクサンムーン

inyofu 無冠の短距離帝王とも呼べる強さを持ち合わせたハクサンムーンですが、今回は1着以外は考えてない競馬で挑みそうなスプリンターズステークスです。 得意の新潟で開催されるスプリンターズステークスそして、強力な馬が不在の2014年スプリンター!この馬のキャリアからしてもここで取れなければいつとるのか?? というくらい勝つためのシナリオは整っているように思えます。今年のスプリンターズステークスはこの馬をハズしての馬券は難しいくらいアタマ狙いで挑んでくる1頭だと思います。
一昨年から昨年までスプリント王に君臨したロードカナロアと幾度も好勝負を演じた快速馬。悲願のGI 制覇に挑んだ昨秋のスプリンターズSは勝ち馬のロードカナロアから3/4馬身差の2着に惜敗。今年は鞍上をリーディング1位の戸崎騎手に変更したところから、陣営の本気度が伺える。

崩れない馬 ストレイトガール

inyofu ◎ストレイトガールは前走はさすがにインで詰まり通しで参考外だし開催終盤でコース取りがばらつく今回はさすがに2度目はないだろうと。高松宮記念でも荒れ馬場で惨敗覚悟の中3着は確保したしもともと休み明けで間隔が空いても崩れない馬なので信頼。
前走の函館スプリントSは1番人気で大敗したが、それまで11連続馬券内。脚質的に好位で競馬をできるタイプで、平坦1200mの今回の舞台は合いそうな馬。

実績ではこちらが上 ローブティサージュ

inyofu レッドオーヴァルと同期の牝馬ローブティサージュ。 函館スプリント2着、キーンランドCはレッドオーヴァルを振り切って1着と 実績だけ見ればこちらが上でしょう。 脚質的には自在性があるタイプで、 ミスプロ系のウォーエンブレム産駒と血統相性も良し。 馬券内を狙うのであればこの馬も十分チャンスがあるはず。 この馬も調教は好調のようですし、本命候補ですね。
今年の『サマースプリントシリーズ』で、函館スプリントS2着→キーンランドC優勝。短距離路線に転向して、鮮やかに復活を遂げている。スプリンターとしての才能も非常に高く、今後は短距離界の頂点を目指せる馬。

チャンスはありそう スノードラゴン

inyofu ダートで結果を出しているので、今の馬場は合いそうです。アドマイヤコジーン産駒なのでできれば、ダート⇒芝替わりのショックがあったほうがいいと思います。展開的にGⅠなのである程度流れると思うので、勝ちきるのは能力的に厳しいですが、3着位ならチャンスはありそうなので、この人気なら抑えておいてもいいと思います。
ダート馬だったが、芝に転向してからは2戦連続2着。約2か月半の休養明けで臨んだ前走のキーンランドCは8着に敗退したが、勝ち馬のローブティサージュとのタイム差は0秒3と着順ほど大きくは負けていない。雨が降って時計を要する馬場になれば、大きく浮上してくる一頭と言えるだろう。

この人気の無さは美味しい ガルボ

inyofu 阪神カップでガルボではなくサイレントメロディを選んで(?)以来、石橋では勝てない ガルボになってしまったようです。 岩田2・3着→石橋4・11着→津村1着、ということで今回も津村。 冬馬なので、また本調子ではないかもしれませんが、前走はロープティサージュに先着して いますから、この人気の無さは美味しいと思います。
前走の函館スプリントSを勝ったあとは、キーンランドCを視野に入れて調整していたが、体調が整わなかった為、早い段階から目標をこのスプリンターズSに絞って乗り込んできた。1200mの流れにも対応可能で好勝負が期待できそうだ。

Twitter予想

今週の予想TV!馬キュン!

inyofu 今週のテーマは2014年秋GIシリーズの開幕戦「スプリンターズS」です。“血統理論”の安田大将、そして玄人はだしの分析眼を誇るタップダンサー・HAMACHIさんはこの難解な一戦をどう分析するのか!? もちろん現場関係者直送ネタ「馬キュンカード」も公開しておりますので、お見逃しのないように!

毎度おなじみ覆面馬主!

今週の予想はいかに?まずは覆面馬主1号の予想をご紹介。
inyofu ◎ハクサンムーン
○コパノリチャード
▲ストレイトガール
☆ハナズゴール
△ローブディサージュ
△マヤノリュウジン
△グランプリボス
△レッドオーヴァル
穴マジンプロスパー

ってつまらない予想になってしまったのです。ダメだよな、これじゃ。と思ったのですが、この予想、かなり自信あり。
なので、馬券は、まず、
◎ー○ー▲、◎ー○ー☆、◎ー▲ー☆、◎ー○ーローブ、◎ー○ーマヤノの三連複5点を金額変えて、鬼のように買います。
そして、ひそかに狙ってた、ハナズゴールーハクサンムーン、ハナズゴールーコパノリチャード、のワイドと馬連を買います。
そして、三連単は・・・
1着 ◎○
2着 ◎○▲☆
3着 ◎○▲☆△△△△穴 のフォーメーションで!
inyofu 評価順。

◎セイコーライコウ
○ストレイトガール
▲ハクサンムーン
☆コパノリチャード
△マヤノリュウジン
△ベルカント
△トーホウアマポーラ
Pローブティサージュ
Pレッドオーヴァル

ローブティサージュとレッドオーヴァルはパドックを見て判断しますので、Pと印を打っておきました。

実は、新聞にもこの「P」マークを普及させてくれればいいのに・・・と思っていたので、今回使ってみました(笑)

買い方は、

3連複フォーメーション

1頭目 ◎
2頭目 ○▲☆
3頭目 ○▲☆△△△PP

最大18点、最少12点、これを本線にスプリンターズSを買いたいと思います!

押さえはナシでセイコーライコウと心中しようかと思っとります!

もし押さえるなら、○▲☆の馬単BOX6点に比率をつけて買う感じです。

全頭最終追い切り情報

スプリンターズSの全頭最終追い切り情報をうまキュレがまとめたこちらの記事も是非チェック。

ここ最近の新潟内回りを見てもわかるように、先行できる馬が勝ち負けになっている。その点からもハクサンムーンから入る予想が多かった。軸には最適で人気薄を買い目に流すか、大穴狙いで切るかは読者次第だ。なお、うまキュレ班はセイコーライコウに期待している。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line