TOP > 競走馬 > 2012年のGIII京成杯を制したベストディールが引退! 引退馬情報まとめ
競走馬

2012年のGIII京成杯を制したベストディールが引退! 引退馬情報まとめ

9月25日~10月2日に発表された引退馬は一週間で150頭以上。一部ではあるが重賞で活躍した馬の情報とそのファンの反応ツィートをまとめてみた。
馬キュレ

ルルーシュの弟がスーパー未勝利を勝ちあがれず引退…

中央6勝を挙げているルルーシュを全兄に持つレッドウォーリアが9月26日に登録を抹消した。
inyofu 全兄に2012年のアルゼンチン共和国杯を制し、これまでに中央6勝を挙げているルルーシュ、半兄には2010年きさらぎ賞で3着へ入選し、中央2勝・地方4勝の成績を収めているステージプレゼンスらがいる血統。レッドウォーリアは2歳の6月に東京・芝1600mでデビュー。ルルーシュの全弟ということも手伝って2番人気の支持を集めた(9着)。次走は替わってダートへ出走すると、2着と好走。芝・ダートどちらも使われており、距離は1600m~1800mを中心にとしていたが、成績は振るわなかった。今年の9月には距離延長を図り、初めて芝2000mへ出走すると2着へ入線。次走も同じ新潟芝2000mに出走すると、1番人気に推されたが一歩及ばずの2着。惜しくも勝利を挙げることなく、中央登録抹消の運びとなった。なお、今後は地方競馬(大井・澤厩舎)への移籍を予定している。

ディープ産駒の京成杯優勝馬が引退

2012年のGIII京成杯を制したベストディール(美浦・国枝栄厩舎、牡5歳)が登録抹消。
inyofu 2012年のGIII京成杯を制したベストディール(美浦・国枝栄厩舎、牡5歳)が27日付で競走馬登録を抹消された。通算成績は13戦3勝で、重賞は前記の1勝。獲得賞金は5957万7000円(付加賞含む)。8月2日の佐渡S13着がラストランとなった。今後は茨城県ひたちなか市のセント乗馬クラブで乗馬となる予定。

マイネルロブストが繋靱帯の不全断裂で競争能力喪失で登録抹消。

inyofu 祖母のスエヒロジョウオーは阪神3歳牝馬S勝ち(当時)、桜花賞やエリザベス女王杯へも出走を果たし中央3勝を挙げた。伯父には、鳴尾記念、小倉大賞典を制し中央7勝を挙げたスエヒロコマンダーがいる血統。マイネルロブストは2歳の6月に中山でデビュー勝ちを収め、続くオープン特別のクローバー賞を勝ち2連勝。3走目の札幌2歳Sでもグランデッツァ、ゴールドシップに次ぐ3着と健闘した。暮れの朝日杯FSで2着、京成杯でも2着と善戦。3歳の重賞戦線を賑わせる予感をさせていたが、皐月賞では16着、NHKマイルCでは14着に敗れてしまう。その後は主に芝の中距離戦線で活躍を続けるも、成績は振るわず、4歳の夏を迎えた。ここで障害へ転向すると初戦で3着へ食い込み、次走で2着、3走目で久々の勝利を掴む。2歳時以来、実に2年3ヶ月振りの勝鞍となった。今後の活躍を期待されていたが、その後はケガにより長期休養を余儀なくされる。復帰を目指し、9月には美浦へ入厩したが、調教後に繋靱帯の不全断裂が判明。能力喪失との診断が下され、不本意ながら2013年11月に出走した障害3歳上OP(4着)を最後に中央登録抹消されている。

2012年ラジオNIKKEI賞優勝馬ファイナルフォームが引退

2012年のラジオNIKKEI賞を制したファイナルフォーム(牡5、美浦・堀)が、2013年後半から体調を崩し回復の見込まれないため引退を発表した。
inyofu 2012年のラジオNIKKEI賞を制したファイナルフォーム(牡5、美浦・堀)が10月1日付けで競争馬登録抹消、引退となることがJRAより発表された。同馬は2012年3月のデビュー戦で勝利。デビュー5戦目、初の重賞挑戦だったラジオNIKKEI杯で重賞初勝利を収めた。続く同年10月の富士Sで2着、12月の阪神Cで3着に入るなどマイル前後の重賞戦線で活躍を続けたが、2013年後半から体調を崩し回復の見込まれないため引退と判断された模様だ。ラストランは2013年6月のエプソムC(5着)。今後は札幌市のモモセライディングファームにて乗馬となる予定とのこと。

9月25日から10月2日までの一週間で150頭以上の競走馬が引退。ルルーシュの弟としてデビュー前から多くのファンの期待を背負ったレッドウォーリア。さらには2012年のラジオNIKKEI賞を制したファイナルフォーム。京成杯を優勝し、8カ月ぶりにようやく復帰戦に挑戦するも13着に敗れそのまま引退することになったベストディール。GI朝日杯FSで2着に入選し、クラシック路線での活躍を期待されたマイネルロブスト。上記で挙げた馬たちは脇役ながらもかつて話題になった馬が多く、ファンもお別れを悲しむ方も多いのではないだろうか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line