TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京芝2000m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京芝2000m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


karisuma

秋の大一番、天皇賞秋が行われるのがこの東京芝2000mだ。春にもオークストライアルのフローラSが行われる。かつてはスタートしての傾斜がきつく、メジロマックイーンが内に斜行し1位入線ながらも失格となった舞台。果たしてコースが改修された現在は、枠の内外の不利はあるのだろうか。今回は東京芝2000mを枠、血統、騎手、調教師、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!外枠大不振!

馬キュレ
スタートしてすぐコーナーという形態上、やはりと言うべきか外枠は大苦戦している。ファンが思っている以上に外枠の不利は大きい。

種牡馬成績!サンデー系が目立つ!

馬キュレ
1位のサンデーサイレンス、2位ディープインパクトに象徴されるように、瞬発力を武器とするサンデー系の王道が目出す。それ以外にもキレ味が特徴の、アグネスタキオン、フジキセキなどのサンデー系が回収値が高く穴をあけている。

母父成績!スタミナ血統が生きる!?

馬キュレ
4.5位のサドラーズウェルズ、リアルシャダイに代表されるように、スタミナに定評のある血が母系に入っているのがふさわしいようだ。他にも回収率が高いコマンダーインチーフやダンシングブレーヴの欧州の血統が活躍している。

調教師成績!またまた勢司厩舎!

馬キュレ
東京芝1600mでも登場したが、勢司厩舎は左回りを得意としており、ここでも複勝率50%超えという数字。そしてそこでは穴馬の激走も多いのか回収率もプラスに!

騎手成績!穴の武士沢!

馬キュレ
関東の穴騎手として江田照男の次と言えばこの武士沢騎手ではなかろうか。追い込みには定評があり、このゆったりとした距離と長い直線では思う存分にその長所を生かせるのか、上位の騎手と遜色ない結果を出している。

前走距離別成績!長短は気にせず!

馬キュレ
他のコースでは短縮馬の成績が目立つ東京コースだが、この距離になると短縮馬もそもそも少ない。

前走コース別成績!東京芝1800はつながる!

馬キュレ
結論から言うと、東京芝1800と2000は似た適性を求められるようだ。他のコースは距離延長馬は危険!だが、このコースに関しては気にしなくて良く、むしろ東京芝1800実績を重視すべきかもしれない。


天皇賞秋がスピードとスタミナを兼ね備えた最強の舞台、という声が多く聞こえるように、血統的には父は瞬発力とスピードが特徴のサンデー系が目立ち、母父にはそれをカバーするかのようにスタミナのある欧州の血統が活躍しており、それを裏付けている。脚質的な特徴を見ると、このコースは1600mなどとは異なり、逃げ馬が穴となる。スタートしてすぐコーナーのためペースが落ち着きやすいことと、距離もゆとりがあり、直線も長いから大丈夫、という騎手心理が働き、逃げ馬がラクにいけてしまうようだ。スピード、スタミナを兼備した逃げ馬には要注意だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line