TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京ダ1300m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京ダ1300m】

東京のダートコースは1200mがなく、それを補填するようにあるのがこの1300mというなんとも微妙な距離だ。1200mよりの予想でいいのか、それとも1400mよりなのか。今回はこのコースを枠、血統、騎手、調教師、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!内枠有利!

馬キュレ
ぱっと見た数字は内外の差はないように思えるが、回収率で見れば2~5番が高いのがわかる。つまり穴をあけるのはロスなく運べる内枠馬だ。

種牡馬成績!1300は短距離!

馬キュレ
種牡馬の顔ぶれをみると1200mに似たようなもので、同じ適性が要されると考えられる。1300は1200と同じ予想法!と考えておいて良いだろう。

母父成績!サンデー超えの馬とは!!?

馬キュレ
1位はサンデーサイレンスを差し押さえてブライアンズタイム。近年種牡馬としても産駒がダートよりにシフトしており、母父となる出番はより増える今後はさらにこの傾向は顕著になると考えれらる。

調教師成績!下級条件だけに・・・。

馬キュレ
未勝利戦などの下級条件が多いだけに、見慣れない厩舎が多いかもしれない。白井厩舎は唯一の関西にして唯一複勝率が40%超えの成績で確実に狙いに来ていると考えられる。

騎手成績!唯一の1300コースゆえに!

馬キュレ
ダート1300mはこのコースしかないがゆえに、勝浦、武士沢、木幡騎手などの関東のベテラン人が穴をあけている。

前走距離別成績!短縮が狙い!

馬キュレ
多くのパターンとしては1200mだと短縮で挑んだ場合、そのスピードについていけず何もできず終わってしまうパターンが多いが、当コースは1200よりでもスタートしてすぐコーナーという性質上、そういったリスクを回避でき、短い距離を試せるので短縮組も活躍できる。

前走コース別成績!スタートの速さは不要!

馬キュレ
スタートの先行争いが激しい中山ダ1200m、新潟ダ1200mなどが軒並み回収率が悪いように、スタートの速さは求められない。逆に遅いスタートで走ってきた長い距離を使っていた馬が狙い目となる。


このコースは下級条件しか行われいため、研究される機会が少ない。しかしダート1300mという唯一の距離のコースだけにその特徴は顕著でもある。適性としては1200mよりだが、スタートの速さが要らないので、逆に他のコースで追走一杯になっていた馬たちを狙ってみると面白いかもしれない。午前中の下級条件レースでプラスを確定させて余裕を持っていざメインレースへ!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line