TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京ダ1400m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京ダ1400m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

冬にはG1フェブラリーSのステップとしてG3の根岸Sが行われる舞台。それ以外にも中山開催と異なり1200mのダート戦がないことから、ダート短距離馬たちはここに出走してくる。果たして当舞台は1200mの馬は通用するのか。今回はこのコースを枠、血統、騎手、調教師、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!外枠有利!

馬キュレ
1300mと異なり、スタートして若干ゆとりがあるので先行争いが激しくなり内に馬が殺到する。それを余裕を持って見て競馬ができる外枠の馬が穴をあけている。

種牡馬成績!バクシンオーは通じない!

馬キュレ
父サクラバクシンオーは数の暴力で勝利数でこそランクインしているが、その勝率や回収率はかなり悪い。このことから1200mと1400mは大きな壁があると判断できる。

母父成績!ここでもブライアンズタイムが買い!

馬キュレ
1300mでもブライアンズタイムが活躍していたように、ここでも勝利数こそ劣るもののその勝率や、回収率ではサンデーを凌駕している。かつてはナリタブライアンなどの芝最強馬を輩出した名馬だが、今はダートのBTと覚えておくべきだ。

調教師成績!関西勢が押し寄せる!

馬キュレ
関西の白井、矢作厩舎が怒涛のごとく押し寄せる。ともに回収率も優秀で、狙い澄ました遠征だととらえて抑えないといけない厩舎だ。

騎手成績!地味でも堅実な北村!

馬キュレ
関東の北村騎手は有力な藤沢厩舎に所属ながらも、それほどビッグな馬にはめぐり合えず、印象となるお手馬もいないため人気になりにくい。そのため単複回収率ともに90%超えと安定した成績を残している。その実力が世間に広まる前に買っておきたい騎手だ。

前走距離別成績!延長は厳しい!

馬キュレ
父サクラバクシンオーが大不振のように、1200の延長でこのコースに出走してくると痛い目に合う。1200と1400は別物と考えるべきだろう。

前走コース別成績!中山ダ1200組は危険!

馬キュレ
勝利数こそ上位なものの複勝率などはかなり悪く、馬券的には妙味はない。やはり1200は1200で当舞台ではつながらない。


当コースの特徴としては、100mしか変わらない東京ダ1300mとは傾向が異なることだ。1300mは1200mと近い適性が求められるために、似たような馬の狙い方で良かったのだが、いざ1400mになると話しはまるで別物。父サクラバクシンオーの大不振に象徴されるように、ダートに関しては1400mは短距離の部類ではないようだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line