TOP > 競走馬 > 【2014年新馬戦】稍重でセンス溢れる勝利! ノーブルヴィーナス
競走馬

【2014年新馬戦】稍重でセンス溢れる勝利! ノーブルヴィーナス

10月5日(日)のダート1200mの新馬戦を2番人気で制したノーブルヴィーナス。後続を楽に突き放す競馬で快勝し、センスの良さが光った。 そんなノーブルヴィーナスについてレース映像や評価をまとめてみた。
馬キュレ

稍重での新馬戦!

前日の雨が残り、稍重での新馬戦となったが、苦にすることなく勝利。
inyofu メイクデビュー新潟は5日、新潟競馬場4R(ダート・1200メートル・曇・やや重)で行われ、戸崎騎手騎乗の3番人気、ノーブルヴィーナス(牝2=牧浦厩舎、父ケイムホーム、母ローレンシア)が、直線抜け出して勝った。勝ち時計は1分13秒2。
メイクデビュー新潟 2014
http://youtu.be/YynKSNqftJQ

まだまだよくなる馬!

鞍上もこの馬の将来性に期待しているようだ。
inyofu 戸崎圭は「レースセンスがあって、追ってからの反応も良かったです。馬体がしっかりすれば、もっともっとやれそう」と評価。牧浦師も「気のいい馬で折り合いもつく。思った通りのレースをしてくれた」とうなずいた。

交流重賞を制している兄!

兄にはサマーチャンピオン(交流GIII)を制したエーシンビートロンがいる。
◆ノーブルヴィーナスのデータはこちら

サマーチャンピオン 2014
http://youtu.be/TXBADR_2rmM

血統的にも今後は短距離か?

血統的には短距離血統なので、今後もダートの短距離路線を中心に出走することになりそうだ。
ノーブルヴィーナスは、父ケイムホーム母ローレンシアという血統で、半兄にサマーチャンピオンを制したエーシンビートロンがいる。 新馬戦はダート1200mを好位抜け出しで快勝し、競馬のセンスを感じるレースぶりを見せた。まだまだ鞍上はこの馬の成長にも期待している。今後も半兄同様ダート路線で活躍となるだろうか!?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line