TOP > 競走馬 > 常に最前線で戦ってきたマーブルカテドラルが秋の淀でひと花咲かせる?!
競走馬

常に最前線で戦ってきたマーブルカテドラルが秋の淀でひと花咲かせる?!

2歳から常に世代の最前線で戦ってきたマーブルカテドラル。桜花賞、オークスと惜しい競馬こそ続いているものの結果は出ていない。牝馬三冠を皆勤賞のマーブルカテドラルは最後にひと花咲かせることができるだろうか。奮闘レース映像をまとめてみた。
馬キュレ
マーブルカテドラルは父ダイワメジャーと2002年のチューリップ賞を制した母ヘルスウォールとの間に産まれた。そんなマーブルカテドラルは東京芝1400m戦でデビュー。終始好位でレースを進めると残り200mあたりで抜け出し快勝。見事デビュー勝ちを収めた。

ハープスターには差をつけられるも皐月賞馬には食い下がる

新馬戦で好位から抜け出す競馬で快勝したマーブルカテドラルが次走に選択したのは新潟2歳Sにであった。しかし、ここではハープスターの圧倒的走りの前に屈してしまう。しかし、このレースで2着に入り、後に皐月賞を制することとなるイスラボニータにはタイム差と力があることを見せつけた。

初重賞制覇!鞍ズレも問題なし!

新潟2歳Sでは敗れながらも力を見せつけたマーブルカテドラル。その力は本物で次走の芙蓉Sでは初の右回りも難なくこなして勝利するとその勢いのままにアルテミスSに挑んだ。このレースのは函館2歳S覇者のクリスマスや札幌2歳S2着のマイネグレヴィルなど牡馬相手に結果を残してきた骨のあるメンバーが集まった。しかし、このアルテミスSでもマーブルカテドラルは力を示す。中団でレースを進めると直線では上がり最速の脚を繰り出して勝利した。ゴール前では鞍がズレるアクシデントもあったがなんのその、見事重賞初勝利を挙げた。

立ちはだかる一線級を前に力及ばず…

アルテミスSを制したマーブルカテドラルは4戦3勝の実績を持ってGⅠ阪神ジュベナイルフィリーズに臨んだ。しかし、新潟2歳Sで屈したハープスターや札幌2歳Sを制したレッドリヴェールらの圧倒的な力の前では掲示板止まり、そして桜花賞とオークスでは掲示板にすら載ることができなかった。
2013年 阪神ジュベナイルフィリーズ

2014年 桜花賞

2014年 オークス

2か月半明けとなる今回はどうか…。

前走のクイーンSでも結果は残せなかったものの、今回は変わり身が見られそうだ。

inyofu マーブルカテドラルは田辺を背に南ウッドで同厩2歳馬と併せ馬。ゴール前で馬なりのまま半馬身かわしてフィニッシュした(5ハロン66・1―37・5―12・5秒)。
 田辺騎手「前走(クイーンS=9着)は入厩して日が浅かったが、今回は時間をかけてメリハリの利いた調整ができている。いい状態で出走できそう」
2か月半ぶりの出走となるマーブルカテドラルであるが、前回より今回の方が調教を積んでいるようで、より良い状態で出てこられそうだ。3歳になってから成績を残せていないが、そこが人気の盲点となればこの馬の実力を考えれば妙味たっぷりだ。穴馬の一頭として一考したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line