TOP > 地方競馬 > 前哨戦だ、いざ鎌倉! 2014年【鎌倉記念】
地方競馬

前哨戦だ、いざ鎌倉! 2014年【鎌倉記念】

全日本2歳優駿の前哨戦である鎌倉記念には各地から若馬が集結してくる!一つ上のステージに上がるために負けられない一戦に合い言葉は「いざ鎌倉!」である。
馬キュレ

枠順確定

inyofu 1 クールテゾーロ 牡2 55.0 石崎駿 佐藤賢二
2 ブルーマイスキー 牡2 55.0 山崎誠士 武井和実
3 ウインバローラス 牡2 55.0 柴田大知 河津裕昭
4 タイセイスウォード 牡2 55.0 御神本訓 田中淳司
5 ラッキープリンス 牡2 55.0 左海誠二 小久保智
6 サダムリスペクト 牡2 55.0 今野忠成 堂山芳則
7 シュンアリキ 牡2 55.0 本橋孝太 加藤誠一
8 プレミアムトーク 牡2 55.0 真島大輔 小野望
9 セイントエンペラー 牡2 55.0 坂井英光 八木仁
10 オウマタイム 牡2 55.0 繁田健一 林正人
11 ティープリーズ 牝2 54.0 森泰斗 笹野博司

過去の傾向

inyofu 1人気は【4-1-2-3】と信頼度は高め。単勝の平均配当は823円と1着はかなり堅い傾向にあるようです。ここ5年間に絞ってみると3着以内馬15頭中14頭が単勝オッズ20倍未満の馬。近年は大穴の激走が減少傾向にありますね。
inyofu 前目の馬が圧倒的な好成績。四角を1・2番手で通過した馬がかなり高い確率で連対しており、馬券は前に行ける馬を中心に組み立てる必要がありそうです。
inyofu 勝ち馬の8割が1~5番ゲートから。全体的に見ても内枠寄りの馬が好成績です。
傾向からみると人気があり、前に行ける馬、内枠が高確率で勝っているようである。また牝馬は苦戦気味の様だ。

連勝中!順風満帆【ラッキープリンス】

inyofu ラッキープリンスはデビューから4連勝。 この中に入ってもスピードは上位。 上手く折り合えれば。
inyofu 浦和の1300→1400と連勝し、着実にステップアップしています。 血統的に距離延長は問題なく、ここでも好勝負でしょう。
inyofu 本命に推すのは、デビューから4連勝を飾っているラッキープリンス。卓越したスピードを武器に好スタートから先手を取るスタイルで4連勝を飾っていますが、注目はその距離。初戦の800mから1200m、1300m、1400mと距離を延ばしてのもので、しっかりと折り合い距離延長に難なく対応しており、学習能力の高さが窺い知れます。強くて学がある、まさにレイザーラモンHGのような本馬です。今回も100mの延長となりますが、1400mだった前走でも終始楽な手応えで、最後は流していただけに問題ないでしょう。ここも勝って無傷で本番へ。
無傷の4連勝中ということでいやでも5連勝、そして2歳優駿へ挑戦という流れを期待してしまう。

ワケあり!?【ウインバローラス】

inyofu 本命ウエンバローラス…。 自分でも「面白くない」と思うのだが、 2歳のクラブ馬が地方に移籍してくるというのは、 3歳未勝利馬が流れてくるのとは 全く違う意味を持っているはず。 ならば妙味がある転入初戦に狙ってみる。
inyofu この時期にJRAから転入とはなんかわけあり。 ただ、柴田大知ジョッキーが鞍上ですし、侮れません。
ワケありな転厩なのかそのせいで気になってしまうのもあるが、柴田騎手も鞍上で一発ありそうである。

距離、脚質バッチリ!【ブルーマイスキー】

inyofu 対抗はブルーマイスキー。こちらも4戦3勝と好成績で、唯一敗れたのは距離が短かった初戦のみ。前々走は逃げて、前走は追い込んで勝っているように脚質に幅があるのが強み。距離も1600mで圧勝があるように問題なし
inyofu ブルーマイスキーは前走見事な差し切しがち。 1600mで勝っている点も魅力。
参考レース 2014年ゴールドジュニアー

フサイチコンコルドの産駒であるブルーマイスキーは脚質に幅があり、1600mでの圧勝の経験もありこのレース負ける要素はないか!?

いざレース!

鎌倉記念に集った2歳の有力若駒達の中からさらに上の高みに駆け上る馬は誰だ!?今回上げたラッキープリンス、ウインバローラス、ブルーマイスキーの3頭以外にも、前走JRA戦で4着の健闘をみせたサダムリスペクトや過去5年で3勝を挙げ、4連対している北海道競馬からきたプレミアムトークも見逃せない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line