TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【京都芝1600m(外)】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【京都芝1600m(外)】

京都のマイル戦といえば、秋のG1マイルチャンピオンシップ。それ以外にも年始の京都金杯や、京都牝馬S、シンザン記念、デイリー杯2歳S、マイラーズCなど数多くの重賞が行われるコース。今回はこのコースを枠、血統、騎手、調教師、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!大きく差はない!

馬キュレ
内外大きな差は見られず、フラットな条件と言えるが、1月の傾向に見られるように、1月は内枠天国になりやすいので、季節的な成績も覚えておくと良いかもしれない。

種牡馬成績!キレ者!SSの血!

馬キュレ
1位のサンデーサイレンスが象徴するように、このコースはサンデーの十八番。アグネスタキオン、ディープインパクト、マンハッタンカフェ、フジキセキなどキレ味のあるサンデー系種牡馬ばかりだ。

母父成績!ノーザンダンサー系!

馬キュレ
ノーザンテースト、カーリアン、ヌレイエフに代表されるように、ノーザンダンサー系の血を持つ馬が強い。サンデー系種牡馬と好相性で、この組み合わせはデュランダル、スズカフェニックス、ダイワメジャー、レッドディザイア、ジェンティルドンナなど数多くの名馬もこのコースを駆け抜けている。

調教師成績!松田、角居、音無が買い!

馬キュレ
上位に位置するトレーナーは、通年でも活躍する厩舎で、それだけサンデー系の良血もそろうので血統通りにこのコースは走ってくると考えられる。素直にトップトレーナーの腕を信じるべし!

騎手成績!ベテランがうなる!

馬キュレ
ここでは浜中、川田といった新興勢力はまだまだ太刀打ちできないようだ。ワンターンのマイル戦、そして淀の坂超えと、その問われる技術は高く、ベテランの騎手が多く見られる。

前走距離別成績!勝ちきるなら距離短縮馬!

馬キュレ
これはマイルCSにも見られる傾向で、毎日王冠や天皇賞秋から回ってきた馬がよく活躍する。これは単純に中距離を走っている馬のレベルが高いということが考えられそうだ。

前走コース別成績!京都経験が重要!?

馬キュレ
前走で京都コースを走っていた馬の成績がよく、やはり3コーナーにある名物の淀の坂の経験のアドバンテージは大きいのかもしれない。


京都を代表するようなコースだけあって、その傾向としては強い馬がそのまま勝つ!というイメージのようだ。日本を代表するサンデーサイレンス系の血が騒ぐ舞台でもあり、素直にそれらの良血馬を買うのが得策かもしれない。直線は長いが意外と逃げ馬の台頭も多く、特に前残りが激しい1月開催は気をつけた方がいいだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line