TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【京都芝1800m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【京都芝1800m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


karisuma

春にクラシックへつながるきさらぎ賞などが行われる京都芝1800m。ディープインパクト産駒の独壇場とも思えるコースだが、果たしてデータで見るとどうなるのか。今回はこのコースを枠、血統、騎手、調教師、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!穴は内枠!

馬キュレ
内外大きな差は見られず、フラットな条件と言えるが、回収率的には2.3番枠が良いように穴をあけるのは内枠のようだ。

種牡馬成績!ダントツのディープも穴はホワイトマズル!

馬キュレ
やはりディープインパクトがダントツの成績で複勝率45%は驚異的!しかし馬券的にはバンドワゴンに代表されるようにホワイトマズル産駒は広いコースに替わって成績をあげてくるパターンが多い。

母父成績!父ディープがダントツのように!!?

馬キュレ
父ディープがダントツのように、その父サンデーサイレンスが母父としては大活躍している。

調教師成績!京都芝1600mと同じ傾向!

馬キュレ
顔ぶれは京都芝1600mと似た感じとなった。上位に位置するトレーナーは、通年でも活躍する厩舎で、それだけサンデー系の良血もそろうので血統通りにこのコースは走ってくると考えられる。素直にトップトレーナーの腕を信じるべし!

騎手成績!トップの少し下が狙い!

馬キュレ
毎年リーディングトップにいる騎手よりは池添、四位、藤田騎手といった関西を主戦場として腰を据えてるベテラン勢が馬券的にはおいしい。

前走距離別成績!どちらかというと短縮組!

馬キュレ
それほど差はないが、わずかに短縮組が良い。というのもスローの瞬発力勝負になりやすいので、長い距離で緩いペースに慣れている方がいいのかもしれない。

前走コース別成績!京都の長い距離が狙い!

馬キュレ
前走で京都コースを走っていた馬の成績がよく、特に長い距離からの組が大活躍している。距離こそ違うが、同じ短縮組として2013年に京都大賞典からマイルCSを制したトーセンラーがいい例だろう。


京都芝1600mと似た傾向が見られ、王道のサンデーサイレンス血統やそれを最大限に引き出す厩舎が活躍している。興味深いのは、1600mと異なり、よりスローの瞬発力勝負になりやすいため、より長い距離からの適性が求められる。それゆえ、距離短縮組の成績がよく、さらに深堀すると、新潟と京都からの短縮組が狙いで、同じ軽い芝で時計が速く、平坦コースということから求められる適性が似ているのだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line