TOP > 競走馬 > 【2015年マーメイドS】距離延長は大歓迎! 実績はある! バウンスシャッセ
競走馬

【2015年マーメイドS】距離延長は大歓迎! 実績はある! バウンスシャッセ

母父のHallingにより、坂のある舞台が得意で中山1800mの重賞を2勝している。実績はメンバートップクラスで3つ目の重賞タイトルに大きな期待がかかる。バウンスシャッセについてまとめてみた。
馬キュレ

粘る持続力が武器!バウンスシャッセの血統!

inyofu 「◎バウンスシャッセは『ゼンノロブロイ×ホーリング』という組み合わせ。母の父ホーリングはヨーロッパの10ハロン路線で名を挙げた中距離馬で、英インターナショナルS、エクリプスS(それぞれ2回)を含めて5つのG1を制した。逃げるか2~3番手につけて押し切るという逃げ先行タイプで、バウンスシャッセのレースぶりにはホーリングの影響が色濃くうかがえる。追っての味よりも先に行って粘る持続力が武器なので中山コースは向いている。ちょうど1年前に勝ったフラワーC(G3)は同じ中山芝1800mが舞台だった。昨年秋は結果を出せなかったが、間隔があいた今回はリフレッシュしたようで動きは上々。これなら力を出せる」
inyofu 母の父 Halling は10ハロン路線で名を挙げた名中距離馬で、英インターナショナルS、エクリプスS(それぞれ2回)を含めて5つのG1を制しました。気のいいタイプで、逃げるか2~3番手につけて勝負どころでスパートして押し切るという、弾丸をイメージさせるような馬でした。バウンスシャッセのレースぶりは Halling のそれによく似ています。
バウンスシャッセは母の父のHallingの血がよく出ている。切れる足は使えないが、持久力の求められる中山1800mでフラワーC、中山牝馬Sなど重賞3勝やオークスで3着に好走したように長くいい脚を使えるタイプである。
バウンスシャッセの血統表はこちら↓

【フラワーC】持ち味を生かし初の重賞制覇!

まずまずのスタートからダッシュをきかせ3番手を追走。終始手応えよく追走。直線コースでは前が空くと一気に先頭へ。坂も気にせず抜け出してからもゴールまで足を使い、先頭でゴールを駆け抜けた。
以下はレース後の北村宏司騎手のコメント。
inyofu 1着 バウンスシャッセ 北村宏司騎手 「直線抜け出すとフワッとしましたが、余力がありました。折り合いのつく馬ですし、1800mですからある程度の位置につけていきました。3~4コーナーの馬場の悪いところもうまくこなしてくれましたし、直線は進路があれば伸びそうな感じでした。アルテミスSで乗ったときは距離が忙しかったのかと思います。今日は十分いい手応えでした。距離は延びても大丈夫だと思いますし、まだまだ伸びしろのある馬なので楽しみです」

【優駿牝馬】怪物2頭に迫り3着に健闘!

3番人気に支持されたバウンスシャッセ。レースは中団の内を追走。直線では内に進路をとり伸びるもここでの勝利をステップにトップホースへ駆け上がったヌーヴォレコルト、怪物牝馬ハープスターの3着に。同世代の怪物2頭相手に健闘した。
以下はレース後の北村宏司騎手のコメント。
inyofu 3着 バウンスシャッセ(北村宏騎手) 「仕上がりは良かったです。うまくスタートを切って、いい競馬は出来ました」

【中山牝馬S】得意の舞台で重賞2勝目!

先行タイプだが、今回は後方から追走。1000m通過が59,0秒。3コーナーから進出し直線入り口では先頭集団の外目。早めに抜け出したアイスフォーリスをゴール前で半馬身とらえて先頭で駆け抜けた。田辺騎手のペース判断のひかるレース運びだった。
以下はレース後の田辺騎手のコメント。
inyofu 1着 バウンスシャッセ(田辺裕信騎手) 「抜群の手応えで直線を迎えられました。ペースが速いと乗っていて感じましたが、調教で感じをつかんでいましたし、力のある馬なら来られると思っていました。牝馬らしからぬ、どっしりと構えたタイプ。GIを視野に入れられる馬ですし、楽しみです」

[マーメイドS]ハンデを背負うも距離を伸ばして期待は大きい!

inyofu 14年フラワーC、今年の中山牝馬Sに続く重賞3勝目を狙うバウンスシャッセは、美浦Wコースでミッキーユニバースを追走。ゴール前でミッキーを捕らえてフィニッシュした。以前ほど力みがなく、リズム良く走れていた。  「久々に乗ったけど、手応えには余裕があったし、動きは良かったですね」と、跨った杉原騎手(レースはM・デムーロ騎手)は好感触。  「ヴィクトリアマイル(13着)は東京ならマイルでもいいかなと思ったが、さすがに相手が強かった。重賞をたくさん勝っているから、ハンデ56キロは仕方ない。それに今回は2000メートルに延びるからね」と、藤沢和調教師は巻き返しを誓った。

メンバー的にある程度前目の位置をとれそうで、持ち味を生かせる展開になりそう。初の阪神コースとなるが坂のあるコースは得意の舞台でここでも好走を期待できる。良馬場での好走しかなく当日は馬場状態をしっかりと確認したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line