TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【京都ダ1400m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【京都ダ1400m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


karisuma

このコースとしてはダート1200mと同じく重賞競走はないが、下級条件で数多くのレースが施行されるがゆえに、分析こそすれば大儲けにつながるコース!?今回はこのコースを枠、血統、騎手、調教師、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!外枠が狙い!

馬キュレ
コース設定としてはスタートしてすぐに芝コースがある。馬はダートよりも芝の方がスピードが出やすいので、芝部分を長く走れる外枠が有利となる。回収率的には外枠はいいので狙う価値はある。

種牡馬成績!サウスヴィグラスが大爆発!

馬キュレ
勝利数こそ少ないが、複勝率はトップのフジキセキに肉薄する勢いで単複回収率は大幅プラス!1200mのイメージが強いが、このコースなら1400mまでこなすという結果が見られる。大穴血統なので狙ってみて損はないかもしれない。

母父成績!気にする必要なし!?

馬キュレ
特に目立った血統はおらず、どの馬もコンスタントに成績を残しているので、このコースに限っては母父よりも父に注目したほうが得策かもしれない。

調教師成績!岡田厩舎!

馬キュレ
ここに来て注目なのが岡田厩舎!芝コースなどでは影を潜めていたが、このコースに限ってはダントツの成績。この条件に出走してきたら狙いすました1戦だと捉えたほうがいいかもしれない。

騎手成績!このコースなら福永!

馬キュレ
なんとこのコースでは名手武豊を抜いて福永騎手が1位。また川田騎手も3位に迫っており、時代の変化が見えてきている。

前走距離別成績!延長組は厳しい。

馬キュレ
1200mを使っている馬はスタミナが不足しており、一番短い条件として1200mを使っている可能性があるのでここで延長してきても厳しい結果となる。

前走コース別成績!前走芝の短縮馬!

馬キュレ
ダート1200mと同じ傾向だが、とにかく芝の距離短縮馬が強い!この条件の馬を買い続けるだけで単勝回収率は108%で儲かってしまう。


京都のダートコースはとにかく芝からの転戦組が走る!下級条件が多いため、芝で頭打ちになった馬が多く転戦してくる。そんなときこそ穴として狙いとなる。しかし距離に関してはシビアで、1200mを使っていたスタミナギリギリの馬は通用せず、しっかりと1400m以上での距離実績があるかをチェックしなくてはならないようだ。おさえておきたいのは、父サウスヴィグラス、芝からの距離短縮馬!これだけ覚えておけば大きな武器になるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line