TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【京都ダ1800m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【京都ダ1800m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


karisuma

京都のダートコースを代表するコースで、年間で約100レースも行われる。重賞でもみやこSや平安Sが開催され、ダートの王道コースである。今回はこのコースを枠、血統、騎手、調教師、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!内外の差はない!?

馬キュレ
複勝率を見ても回収率を見てもほとんど差がなく、枠順の有利不利はそこまでないと思われる。

種牡馬成績!芝血統ばかり!!?

馬キュレ
ランキングを見るとまるで芝のレースかのような顔ぶれ。フジキセキやアグネスタキオンが活躍しているように、芝でも同様、キレる脚がある血統が狙い。

母父成績!母系にダート血統!

馬キュレ
父は芝血統が目立ったが、逆に母父にはミスプロやストームキャットといったアメリカ本場のダート血統が目立つ。

調教師成績!飯田厩舎!

馬キュレ
マイネルクロップに代表されるように飯田厩舎が当コースを得意としている。

騎手成績!浜中の世代交代迫る!?

馬キュレ
勝利数はまだまだだが、ここでも浜中騎手が馬券的においしい配当を出している。まだまだ若手の騎手だがこの傾向は続くと思われるので先物買いが良いかもしれない。

前走距離別成績!同距離に勝る適性なし!

馬キュレ
距離に変化を加えるよりは、この同じ距離を使ってくるのが良い。というのも京都ではこれより短いのが1400mなので、400mも差があるとなかなか厳しいのかもしれない。

前走コース別成績!東京ダート1600mがリンク!

馬キュレ
前走で東京ダート1600mを使ってきた馬が好成績を残しており、ここで成績を残した関東馬などが遠征すると狙いとしては面白かもしれない。


京都のダートコースは総じてスピードを要されるコースゆえに、比較的芝よりに近い適性が要されるようだ。このコースでも前走が芝だった馬は単勝回収率がプラスになる計算で、それを裏付ける結果となっている。京都ダートコースに限って言えば、ダートというイメージよりも芝に近いと考え、芝からの臨戦過程でも積極的に狙ってみるのが良いだろう。いずれにせよ特徴的なコースなので、リピーターにも気をつける必要があるかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line