TOP > 地方競馬 > 地方馬と中央馬、戦績どっこいの荒れるレース! 2014年【エーデルワイス賞】
地方競馬

地方馬と中央馬、戦績どっこいの荒れるレース! 2014年【エーデルワイス賞】

2014年10月16日(木)はホッカイドウ競馬2歳牝馬三冠競走の最終戦、そして交流戦でもあるエーデルワイス賞。地方馬が優勝するケースが多くあるという珍しいレースであるので今回も地方馬の活躍に注目したい。
馬キュレ

枠順確定

inyofu 1 1 ジュエルクイーン 牝2 54.0 阪野学
1 2 ユメノヒト 牝2 54.0 黒沢愛斗
2 3 ブライトギャル 牝2 54.0 佐々木国
2 4 パシコペンネッタ 牝2 54.0 服部茂史
3 5 ランデックハナコ 牝2 54.0 村上忍
3 6 マイファンファーレ 牝2 54.0 岩橋勇二
4 7 ファイアフライ 牝2 54.0 横山和生
4 8 ウェディングラン 牝2 54.0 松若風馬
5 9 ステファニーラン 牝2 54.0 宮崎光行
5 10 フィーリンググー 牝2 54.0 桑村真明
6 11 ウィッシュハピネス 牝2 54.0 戸崎圭太
6 12 ネガティヴ 牝2 54.0 阿部龍
7 13 アイライン 牝2 54.0 水野翔
7 14 ノットフォーマル 牝2 54.0 黛弘人
8 15 ジュモット 牝2 54.0 松井伸也
8 16 ティーズアライズ 牝2 54.0 井上俊彦

過去の傾向

inyofu 上位人気馬の信頼度はイマイチ。特に2-3人気の馬が全く馬券に絡んでいないのは気になるところです。
inyofu 好走率ならJRA勢ですが、このレースに関しては地の利があるようで地方所属馬(道営馬)の活躍が目立ちます。JRA勢は総じて人気になりやすい傾向にあるので馬券的な妙味は地方所属馬にありそう。
inyofu 優勝馬の所属
JRA…5勝
北海道…4勝
岩手…1勝
inyofu 所属別では中央、地方とも5勝と五分も、2着は北海道勢が8回を占め、さらに毎年必ず北海道勢は3着以内に食い込んでいる。
波乱の起きやすいレースなので人気だけで勝っても勝つことは難しいだろう。地方馬と前目の競馬をする馬に目を付けると良さそうである。

走って走って、4連勝中【ステファニーラン】

inyofu キャリア豊富な馬で、既にこのコースで3勝の実績あり。 道営勢は坂路コースが出来てからJRA勢にも引けをとらない 印象ですので、ここは本命に。
inyofu ステファニーランは現在4連勝中。 どんなレースでもできる点も魅力。
inyofu 本命は、ステファニーラン。 4連勝中ですし、対戦比較上も上位。
参考レース 第14回フローラルカップ
4連勝中でその中で重賞も2連勝しているという調子の良さは衰えを知らない。今回も勝って重賞3連勝か!?
inyofu 対抗は、ティーズアライズ。 ダートでは2-1-0-0と底を見せてませんし、面白そうです。
inyofu ティーズアライズはJRAの芝で連敗も 自分の競馬はしており度外視でいいだろう。 ペースが上がりそうで楽しみ。
inyofu ダートに戻れば軽視できないのですが、大外枠はマイナスです。
参考レース 第39回栄冠賞
近走中央の芝で2戦連続大敗しているがダートではまだまだそこが見えていないティーズアライズ。人気が下がる可能性もあるのでそのときは過去の傾向的に買い目になるかもしれない。

期待の新星【ウェディングラン】

inyofu 一番人気になる可能性がありますね。先に話した 注目の若松風馬ジョッキー鞍上というのにも注目したい。
inyofu ウェディングランも新馬勝ちしたばかりだが、スピードの絶対値は高そう
参考レース 2歳新馬
デビュー戦しか出ていないのでまだまだ未知の存在ではあるがそのデビュー戦の勝利が評価されている。果たしてウェディングランは本物か!?

北海道VS中央か!?

有力な北海道の馬達が中央勢を迎え撃つ!?ステファニーランやティーズアライズら北海道勢に対しJRAからはウェディングランの他に、クローバー賞2着の実力者ノットフォーマルや、エーデルワイス賞で調子のいいパイロ産駒のファイアフライなどが出走。当日人気の無い馬に狙いを定めるのが傾向的には吉か!?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line