TOP > 競走馬 > 【2014年秋華賞】姉ブエナビスタが唯一敗れた秋華賞で妹サングレアルがリベンジ?!
競走馬

【2014年秋華賞】姉ブエナビスタが唯一敗れた秋華賞で妹サングレアルがリベンジ?!

見るだけでもゾクゾクするような血統背景を持つ日本を代表する良血馬サングレアル。そんなサングレアルが挑むのはGⅠ6勝の姉ブエナビスタが牝馬三冠で唯一黒星を喫した秋華賞だ。そんな因縁のレースに立ち向かうサングレアルはヌーヴォレコルトら強敵を相手に最後の一冠を制することができるだろうか。まとめてみた。
競走馬

サングレアルは名牝ビワハイジの10番仔!

二冠牝馬ブエナビスタや菊花賞2着のアドマイヤジャパン、ダービー3着のアドマイヤオーラなど輩出してクラシックを賑わせて来たビワハイジの10番仔がサングレアルだ。ビワハイジの産駒はデビューした10頭中6頭が重賞勝ち馬という素晴らしい成績を残していることからもやはり期待せずにはいられない1頭であることは間違いないだろう。

新馬戦を快勝

1.6倍の断然人気に推されたサングレアルは後方2.3番手追走でレースを進めた。このレースにはGⅠを7勝した女傑ウオッカの半弟ラテラルアークが出走しており、ブエナビスタの半妹サングレアルとの比較から注目を集めた新馬戦であったがサングレアルは格の違いを見せつける末脚を見せつけて快勝、クラシックを目指せる器であることを証明した。

連勝を期して臨んだ一戦だったが…

新馬戦を快勝したサングレアルは姉のブエナビスタ、ジョワドヴィーヴルが制した阪神ジュベナイルフィリーズへは登録せず、あくまでオークスを意識してのローテーションか、福寿草Sに向かった。しかし、このレースでサングレアルは4着に敗れてしまう。しかし、今思うとそこまで悲観すべき内容ではないように思われる。勝ったサトノロブロイの他、2着のハギノハイブリッドは京都新聞杯勝ち馬、3着ガリバルディも同レース3着と500万下にしてはレベルの高い1戦であった。そこでの4着はやはり力があることの証明であろう。

魅せた良血馬の底力!夢はオークスへ!!

福寿草S後休養に入ったサングレアルはオークストライアル・フローラSに挑戦する。前走の敗戦、初輸送、休み明けとあまり良くない条件が揃いながら4番人気の支持を集めていることからもファンの期待の高さが伺えただろう。そんなサングレアルは今までのレースと同様後方からレースを進めた。そして直線で外に持ち出されると末脚が爆発。上がり最速の脚を繰り出して粘るブランネージュを差し切った。
http://youtu.be/5tXFPDzbm1g

オークスでは馬体重大幅減で敗れる

フローラSを制したサングレアルだったが、本番では-14キロが響いたか、7着に終わった。
http://youtu.be/DqseshkoSl0

やはり最大の敵は馬体重?!

前哨戦のローズSでも9着と結果を残せなかったサングレアル。本番での巻き返しには馬体重の増加が不可欠だろう。

inyofu 400キロそこそこのサングレアルは何とか体重を増やしたいところ。松田博師は「維持できればいいけど、カイ食いはもうひとつやな。前走も帰厩時から考えたら減り過ぎだよ」と苦笑い。「そういう意味で輸送の短い京都はええやろな。能力があるのは分かってるし、とにかく体重さ」と繰り返した。

姉ブエナビスタが唯一勝てなかった秋華賞で初GⅠを目指すサングレアル。そんなサングレアルがGⅠを取るのに必要不可欠なのは馬体重の増加だ。前走のローズSでもひと夏を超えながらオークスから+6キロの406キロでの出走と物足りなさが残った。ローズSからまだ日が浅いため大幅な増加は望めないかもしれないが、少しでも馬体を増やしてGⅠ制覇を目指してもらいたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line