TOP > 競走馬 > 「ショウナンパンドラ」全身を使った切れのある動き【2016年ヴィクトリアマイル】
競走馬

「ショウナンパンドラ」全身を使った切れのある動き【2016年ヴィクトリアマイル】

昨年のジャパンカップを制したショウナンパンドラが2年連続でヴィクトリアマイルに出走する。昨秋はオールカマー、ジャパンカップを制し急成長を遂げた彼女。前走の大阪杯でも自ら動く競馬を見せており、このレースへの予行演習はできているように思える。昨年は見せ場なく終わってしまったが、GⅠで2着が続く池添騎手とともに頂点を狙う。そんなショウナンパンドラについてまとめてみた。
ショウナンパンドラ
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【オールカマー】秋華賞以来2度目の重賞制覇!

まずまずのスタートから中団後ろに控えて脚を溜めてレースを進める。4角でうまく外に持ち出すと、直線では内をついてきたヌーヴォレコルトとの一騎打ち。しかし並びかける間もなくかわしさり、宝塚記念3着の意地をみせた。
動画を見る
以下はレース後の池添騎手と高野調教師のコメント
inyofu 1着 ショウナンパンドラ(池添謙一騎手) 「道中はムキにならず、リラックスして走っていました。うまく馬群の外に出せましたし、ゴーサインに反応してものすごい切れ味でした。次の大一番に向けて、順調にいってほしいです」
inyofu (高野友和調教師) 「もともとこれくらい強い馬だと思っていましたし、宝塚記念も勝ち負けのつもりで送り出しました。素質の高い馬で、時間とともに総合的に強くなったのだと思います。次は天皇賞(秋)へ向かう予定です」

【ジャパンカップ】直線伸びきり牡馬混合G1初制覇!

比較的いいスタートを切ると控えて中団で脚を溜めてレースを進める。4コーナーあたりでゴールドシップが外からポジションを上げていきペースが上がる。直線では馬群の間を割って脚を伸ばすとゴール直前で内を突いてきたラストインパクトをかわして先頭でゴールを駆け抜けた。
動画を見る
以下はレース後の池添騎手のコメント
inyofu 1着 ショウナンパンドラ(池添謙一騎手) 「最高の状態に仕上げてくれたので、僕はしっかり乗るだけでした。天皇賞と同じ馬番で競馬の神様に試されているような気がしてレースに臨みました。馬が成長して、体質が強くなって充実しています。ラブリーデイには宝塚記念、天皇賞と負けていたので、今日は交わしてくれと思いながら乗りました。GI自体、久々で、勝つ味を忘れかけていました。最高です」

【大阪杯】ヴィクトリアMを意識した競馬で3着!

キタサンブラックがスローペースで逃げる中、パンドラは中団で待機する。3コーナーから自ら動いて位置を押し上げると、4コーナーで3番手まで上昇する。直線に入り懸命脚を伸ばしたが、前が止まらず3着。それでも負けてなお強しと言える内容だった。
動画を見る
inyofu 3着 ショウナンパンドラ(池添謙一騎手) 「ゲートも含めて、全体的に上手にレースをしてくれました。次に予定しているヴィクトリアマイルを意識して、前めのポジションをとりました。スローペースで前残りの競馬の中、自分から動いていっての今日の結果ですから、内容は悪くありません」

【ヴィクトリアマイル】直前情報!弾むような脚取り!

inyofu ショウナンパンドラは坂路でキャンター1本を駆け上がった後、2本目に単走追い。先週時点でほぼ馬体は仕上がったのでラスト1ハロンを伸ばす程度だったが、前日からの降雨で重たくなったウッドチップ、開場後15分たって荒れ始めた時間帯でラスト1ハロン12・5秒(4ハロン54・8秒)。弾むような脚取りでフィニッシュした。
高野友和調教師の追い切り後のコメント
inyofu (最終追い切りについて) 「今日は体も良かったので、やりすぎなければいいなという感じではいました。乗り手には、大まかなラップは指示しましたが、感触で無理をしないように、リズム良く、ただ最後の1ハロンは少し反応を出してほしいと伝えました。その通り、乗り手も上手く乗ってきたし、あの馬のフットワークも本来の動きになっていて、仕上がった実感があります。キレのあるトモの踏み込みなど全身をよく使うというところです。  ここを使って、次は絶対さらに良くなるなという感触を持っているのは確かです。しかし、現時点での良い状況にはなったと思います」
池添謙一騎手のコメント
inyofu (追い切りを重ねての馬の気配は?) 「大阪杯が終わってからも順調に来てくれているみたいです。2週前と1週前にジョッキーが乗るというのは、いつも厩舎で決めていることです。順調にこなしてくれましたし、今日に関しても映像を見て、担当の助手の話を聞いたら、しっかりとストライドが伸びていましたし、良い感じですと言っていました。このまま本番を迎えてくれれば良いかなと思います」

大阪杯組の連対率は5割!

過去10年で大阪杯をステップにヴィクトリアマイルに出走したのは4頭。そのうち、2013年のヴィルシーナが優勝、2014年のメイショウマンボが2着と活躍している。
動画を見る

距離を不安視する声が多いが、高野調教師の熱の入ったコメントからはこのレースへの本気度が伺える。ジャパンカップ覇者のプライドを胸に春のGⅠ戦線へ向かう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line