TOP > 競走馬 > やはり大王はすごかった!キングカメハメハ伝説
競走馬

やはり大王はすごかった!キングカメハメハ伝説

NHKマイル、日本ダービーを制し変則二冠馬と呼ばれたキングカメハメハ。その大王たるレースや伝説を振り返ってみる。
カメハメハ

圧勝でNHKマイルカップを制覇

皐月賞に向かわずNHKマイルカップに出走したのだった。
inyofu クラシック第一弾の皐月賞は京成杯の敗戦から中山には不向きと見て回避したが、毎日杯をステップに臨んだNHKマイルカップでは、馬場状態は良の発表ながら雨が降る悪コンディションの中、中団待機から最後の直線で先頭に立って外に持ち出すと楽々と差を広げ、2着のコスモサンビームに5馬身差をつけて優勝。勝ちタイムの1分32秒5は、同レースのレコードであった。
動画を見る

大一番日本ダービー

inyofu 3歳馬の頂点を目指して挑んだ次走の東京優駿は、良馬場の中で京成杯2着のマイネルマクロスが後続を引き離して1000m通過が57秒6というまれにみるハイペースとなった。残り600mでホッカイドウ競馬から参戦した2番人気のコスモバルクが4コーナーで押して先頭に立つが失速し、代わって道中を中団で進んだキングカメハメハは直線で早めに先頭に立つと豪脚を繰り出し、そのままゴール板を先頭で駆け抜けた。勝ち時計は2分23秒3と、アイネスフウジンのレースレコードを14年振りに、2秒も更新するタイムを記録した。またこの勝ち時計は、コース改修後は新たにレコードタイムを記録し始めるため、翌2005年ジャパンカップでアルカセットが更新するまで、東京競馬場芝2400mのレコードとなっていた。

JRA50週年の節目のダービーだった

動画を見る

松田国英調教師が目指した「変則二冠」を達成したのだった。

inyofu このNHKマイルカップ・東京優駿の連覇は、調教師の松田国英がこだわり続け、厩舎の先輩であるクロフネ、タニノギムレットでも成し遂げられなかった「変則二冠」という偉業ではあるが、NHKマイルカップから東京優駿というローテーションは、馬に過酷ということで各方面で物議を醸した。しかし、このキングカメハメハの快挙が、従来の皐月賞から東京優駿というローテーションに拘らない、新しいローテーションを切り開いたことは事実で、こののち2008年には昆貢厩舎のディープスカイがキングカメハメハと同じローテーションでNHKマイルカップ・東京優駿を制している。

秋は神戸新聞杯を完勝

inyofu 秋初戦の神戸新聞杯でケイアイガード、ハーツクライらを退け優勝するも、出走を表明していた天皇賞(秋)の2週間前に右前浅屈腱炎を発症、10月23日に引退が発表された。なお、この年のJRA賞最優秀3歳牡馬に選出されている。
キングカメハメハは、そのダービーを勝った後、さらなる高みを目指し調整していた最中、故障に見舞われ、その伝説は幕を閉じた。しかし、父になってからアパパネやロードカナロアなどを送り出し、今度は父としての伝説をつくってくれるに違いないと考えているファンは多い。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line