TOP > 地方競馬 > 未来優駿2014開幕! 【若駒賞】は牡馬圧倒的有利!?
地方競馬

未来優駿2014開幕! 【若駒賞】は牡馬圧倒的有利!?

2歳馬重賞シリーズ「未来優駿」の第1弾となる若駒賞。過去5年牝馬が勝てていない若駒賞は牡馬だけに注目すればいいのか?それとも牝馬の逆襲もあるのか!?岩手競馬2歳三冠の初戦を制するのはどの馬なのか?まとめてみた。
馬キュレ

枠順確定

inyofu 1 サビヌキ 牡2 55.0 坂口裕一 菅原右吉
2 オールドラヴ 牝2 54.0 山本政聡 桜田康二
3 ラブディーバ 牝2 54.0 高松亮 菅原勲
4 トーコーサクラ 牝2 54.0 高橋悠里 千葉博次
5 スペクトル 牡2 55.0 村上忍 桜田浩三
6 コウギョウポケット 牝2 54.0 陶文峰 菅原右吉
7 ラブブレイブ 牡2 55.0 菅原俊吏 畠山信一
8 フロムミートゥユー 牝2 54.0 斉藤雄一 桜田康二
9 ロールボヌール 牡2 55.0 山本聡哉 千葉幸喜
10 ペーンイエンテ 牝2 54.0 南郷家全 吉田司
11 トーホクフェアリー 牝2 54.0 関本淳 桜田浩三

過去の傾向

inyofu 1番人気3勝で連対を外したのは12年のマンセイグレネードのみ。2番人気は1勝止まりも、連対率は100%を誇っている。
inyofu 牝馬の出る幕はなし。3週間前のテシオ杯ジュニアGPでは、牝馬の活躍があったが、盛岡ダート1600mという条件のせいか、牡馬が一気に台頭してくる。
inyofu 今年は知床賞が例年より早く開催れたため、少しローテが変わってくるが、JRA認定戦3着以内、ビギナーズC、ジュニアGPの特別・重賞で好走。そして、優勝馬は条件問わず前走2着以内が共通。
inyofu ◎データからの結論  ロールボヌール、サビヌキが中心となる。牡馬ではスペクトルが、過去5年では不振の牝馬だがオールドラヴ、ラブディーバ、トーホクフェアリーらが過去データから浮上してくる。
過去のデータでは牡馬が圧倒的だが牝馬も条件に当てはまる馬がいる。今回は牝馬の逆襲もあるか!?

抜群の状態【スペクトル】

inyofu ◎ スペクトル…デビュー戦はインパクトある勝ちっぷり。急仕上げのJRA認定競走は2着に負けて強しの内容。知床賞5着はキャリアの差。状態は着実に上向き、能力で圧倒か。
inyofu 知床賞では前で頑張ったスペクトル。 地元馬相手なら同じ展開でも もっと粘れるはず。巻き返しに期待。
inyofu 17日に同厩舎の3歳ディサイドと併せて5F 639-489-362-240-123(2)直線強め 馬場が渋って比較的時計の出易い状態だったが、それを差し引いても2歳馬でこのタイムは凄い! 前走の知床賞は5着に敗れたが、北海道からの遠征馬が強力だった。 今回は地元同士の一戦。改めて好勝負を期待したい!
地元馬スペクトルは状態万全で今回の若駒賞に臨んでいるようである。能力の差を見せつけるか!?

デビューから2戦圧勝【ロールボヌール】

inyofu ○ ロールボヌール…短距離ダート、芝の2戦だがともに余力を残して圧勝。そのタイムも目を引き、スケールの大きさを感じさせる。一気の距離延長でも素質の良さでカバーできよう。
inyofu ロールボヌールはデビューから2連勝。 逃げなくても大丈夫そうで楽しみな馬。
inyofu 2戦ともに他馬をまったく寄せ付けずというレースぶり。今回は距離延長となるが、直線まで脚を溜めて一気に弾けるというレースぶりから距離も問題なさそう。むしろ距離が延びてさらに強いレースをするかもしれない。
デビュー2連勝のレースはその強さを信じるに値する内容だった。3連勝も見えている!?

知床賞4着【トーホクフェアリー】

inyofu トーホクフェアリーは、2走前の芝のジュニアグランプリこそ惨敗だったが、3走前のビギナーズカップはランデックハナコに惜しくもハナ差2着。そして前走知床賞は地元最先着の4着。ロールボヌール以外のメンバーの中では、ダートなら能力上位。
inyofu ▲ トーホクフェアリー…細身の牝馬特有の切れ味が身上で北海道交流の知床賞は地元馬最先着。ビギナースC2着の内容も評価できる。一戦ごとに力をつけているたげにタイトル奪取まで。
前走知床賞の地元最先着の結果をみるとここで勝利する可能性は大いにある。

素質馬が勢揃い!

参考動画
スペクトル、ロールボヌール、トーホクフェアリーの他にも牝馬だがラブディーバ、オールドラブにも期待出来る。傾向は牡馬有利で有力馬も揃っているが、今回のレースで過去5年の牝馬が勝てないジンクスを破るかにも注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line