TOP > 競走馬 > 【2014年有馬記念】トゥザワールドが大波乱を巻き起こす?!
競走馬

【2014年有馬記念】トゥザワールドが大波乱を巻き起こす?!

今年のクラシック戦線で主役の一角を担ったトゥザワールドが有馬記念に挑戦する。前走の菊花賞は明らかに距離適性、コース適性共に合っておらず、度外視可能だろう。弥生賞1着、皐月賞2着と中山実績の高い当馬なら巻き返し可能だ。そんなトゥザワールドについてまとめてみた。
馬キュレ

トゥザワールドは有馬記念血統?!

トゥザワールドの母トゥザヴィクトリー、そして全兄トゥザグローリーと共に有馬記念で3着に入った実績を持っている。この有馬記念血統を受け継ぐトゥザワールドも好走する下地はある。

トゥザワールドのデータはこちら

【有馬記念】上々の仕上がりに鞍上も納得の表情!

inyofu 今年の皐月賞2着トゥザワールド(池江、牡3)は、CWコースでローザズカレッジ(500万下)に2馬身半先着。6ハロン81秒5と時計も上々だ。初コンビを組むビュイック騎手は「初めて乗ったが、瞬発力があって、息遣いも良かった。中山でもいい走りをしている」と好感触を伝えた。
菊花賞から間が空いていたトゥザワールドだが、1週間前追いきりで好時計を出してきた。最終追いきりでさらに良い動きを見せれば、馬券的にも良さそうだ。

穴馬の1頭として注目されるであろうトゥザワールド。以下ではこれまでのトゥザワールドをレース映像を中心にまとめている。

出世レースを快勝!2014年若駒S

ディープインパクトが圧勝したことでも知られる若駒Sに出走したトゥザワールド。クラシックを意識させる勝ちっぷりを見せた。

皐月賞トライアルを勝利!2014年弥生賞

圧倒的1番人気で挑んだ2014年弥生賞。早めに動いたトゥザワールドは直線入り口で先頭に立ち、そのまま押し切るかと思われたがワンアンドオンリーが迫り来る。何とかワンアンドオンリーの猛追をハナ差凌ぎ勝利を収めた。

1番人気で挑んだ皐月賞!2014年皐月賞

4連勝で挑んだ皐月賞。好位3番手から競馬を進める。楽な手応えで直線を迎え押し切りを図るが、外から迫るイスラボニータに交わされ2着に敗れた。

世代最強決定戦へ!2014年日本ダービー

イスラボニータへ雪辱を果たすべく臨んだ2014年日本ダービー。いつもとは違う後方からレースを進める。直線では外に持ち出し懸命に脚を伸ばすも前を行く有力馬を捉えきれず5着に終わる。

ダービー後セントライト記念へ向け仕上がり良好!

ダービーからの休み明けで挑んだ菊花賞トライアルではまたしてもイスラボニータに先着を許すも、2着は確保。本番の菊花賞では惨敗してしまったが、適性コースで走ればやはり力は上位だ。
inyofu 2着 トゥザワールド(川田騎手)
「強かったです。このくらいの競馬はしてくれると思いましたし、しっかりと走ってくれました。負け方は皐月賞と同じでしたが、秋初戦としてはいい内容でした」。

全兄のトゥザグローリーについで3歳での有馬参戦となるトゥザワールド。トゥザグローリーは3歳時に14番人気と低評価ながら3着に、また翌年の有馬記念でも9番人気で3着に突っ込んできており、トゥザワールドにも期待がかかる。今年の有馬記念はメンバーが揃ったが、陰に隠れた当馬が大波乱を起こすかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line