TOP > 競走馬 > 【2014年菊花賞】長距離の申し子が菊獲りへ! ワールドインパクト
競走馬

【2014年菊花賞】長距離の申し子が菊獲りへ! ワールドインパクト

青葉賞までずっと1番人気を背負ってきた素質馬ワールドインパクト。その人気に表れているように、周りからの評価は高い当馬。ダービーでは敗れてしまったが、距離も伸び、求められる適性も異なる菊花賞では逆転もあるかもしれない。その可能性についてまとめてみた。
馬キュレ

素質は抜群! ワールドインパクト

◆ワールドインパクトの競走成績はこちら

ワールドインパクトの競走成績を見ると、ダービーまでの6レース、全て1番人気とそこに周りからの期待の高さが表れている。さらに使われているレースのほとんどが2000m以上のレースであり、そこに当馬の長距離への適性が考えられる。距離が延びることは当馬にとってプラスであろう。

デビュー戦は甘さをみせ2着

新馬戦は残念ながら2着に敗れてしまったワールドインパクト。しかし鞍上が言うようにしっかりとハミを取っていないかった。初戦ならではの甘さがあったのだろう。
inyofu 2着 ワールドインパクト(岩田騎手) 「レースに行って、しっかりハミを取ってくれませんでした。それでもしぶとく伸びています。このレースを使われて変わってくれればと思います。能力は高いですよ」

未勝利戦は圧勝!

新馬戦では甘さを見せたワールドインパクト。しかしすぐに修正し2戦目となった未勝利戦では圧勝した。道中3番手の外目につけ、直線では鞍上がゴーサインを出すと鋭く反応し、最後は余力を残してのゴールイン。実力の違いを見せ付ける格好となった。

後方一気で圧巻のレース! 大寒桜賞

ワールドインパクトがその素質を見せるかのごとく快勝した。レースは後方から進めたワールドインパクト。ペースは前半1000m通過が63秒というスローペースにも関わらず、豪快な追い込みを決めてみせた。途中からまくって先頭集団に加わった9番人気コウエイワンマンが、3着に粘った前残りの展開。それを差し切ったレース内容は非常に高い。
inyofu 「ソラを使うこともなく、しっかり伸びてくれました」と川須。友道師は「左回りが合うようだし、一戦一戦しっかりしてきました。次走は恐らく青葉賞(5月3日・東京、芝2400m)になるでしょう」と満足そうに話した。

惜しくも敗れ2着… しかしその借りはダービーで返す!

ダービーへの権利がかかった青葉賞。上位2着までに優先出走権が与えられるため、それを争う激しい戦いになった。ワールドインパクトもその1頭であり、権利獲得のため早めに動いた。残り400mですでに先頭に立つと他馬に粘られながらも徐々に突き放した。しかし勝ったと思った寸前に後ろから差されて2着。それでも権利を獲得した。最後差されたのは明らかに早仕掛けのせいであり、ダービーでの巻き返しが十分可能だ。

悲願のダービー出走も…敗れる 日本ダービー2014

世代の頂点を目指す戦い、日本ダービーに挑んだワールドインパクト。しかしその夢はかなわず、10着に敗れた。しかし内容的には悪くない。当日の東京コースはインコースが有利な馬場であり、その証拠に上位の馬のほとんどは道中内を走っている。当馬の場合は、不利な外を回っての敗戦のため、完全に力負けとは言えない。展開次第では逆転もあっただろう。

調教では好気配!

inyofu ヴォルシェーブ(写真奥)とワールドインパクト(写真手前)の友道厩舎2頭はウッドで併せ馬。ともに強め程度のアクションで、攻め駆けする前者が手応えで上回った(ヴォルシェーブ=6ハロン82・6―38・5―12・0秒、ワールドインパクト=6ハロン83・0―38・5―12・0秒)。
inyofu セントライト記念10着のワールドインパクトには「折り合いが付くから距離は大丈夫。今度はもっと前で競馬をしてほしい」と期待する。
ワールドインパクトが菊花賞一週前追い切りに臨んだ。併せた馬ヴォルシェーヴに後れを取ったが、元々ヴォルシェーヴは調教駆けする馬。友道調教師も両馬とも良い動きと認めており、ワールドインパクトの状態も好調であろう。さらに距離の延長についても歓迎している様子であり、これで当馬への不安はなくなった。

ダービーでは敗れてしまったワールドインパクト。しかしその実力、素質は先に述べてきたように本物だ。敗れてしまったダービーでも不利な外を回っての敗戦であり、内容的には悪くない。さらに菊花賞本番は距離も延長され、長距離巧者の当馬にとっては歓迎だ。気になる状態であるが、一週前追い切りでも好気配を感じさせる動きを見せており、問題はないだろう。これで態勢は整った。ワールドインパクトがいざ菊獲りへ、挑戦が始まる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line