TOP > 競走馬 > 「サウンズオブアース」状態上向き!体の使い方も柔らかい!【ジャパンC】
競走馬

「サウンズオブアース」状態上向き!体の使い方も柔らかい!【ジャパンC】

2014年のトーホウジャッカルが制した菊花賞、昨年ゴールドアクターが制した有馬記念の2着と2度GIで2着があるもののGIでの勝利はゼロのサウンズオブアース。それどころかGIIでも0・4・0・2ととにかく勝ちきることができない文字通り最強の重賞未勝利馬だ。豪華メンバーが集った今年のジャパンカップだが、デムーロ騎手を背に念願のGⅠタイトルを手にしたい。そんなサウンズオブアースについてまとめてみた。
サウンズオブアース
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【有馬記念】あと一歩足りず

京都大賞典、ジャパンカップと秋2戦を惜敗し臨んだ総決算の有馬記念。先行馬で決着する展開の中、好位から抜け出しを図る。直線ではゴールドアクターとの一騎打ちになるも差し切れず2着となった。
動画を見る
以下はレース後のデムーロ騎手のコメント
inyofu 2着 サウンズオブアース(M.デムーロ騎手) 「ショックです。勝ちたかったです。残念でした。スタートがよかったです。4コーナーで少し狭くなりました。最後はすごく伸びていました」

【天皇賞春】見せ場作れず

昨年と同様に外枠を引いてしまい、好位からレースを運ぶも、3角で手応えが怪しくなり直線では馬群に沈んでしまった。
動画を見る
以下はレース後の藤岡佑介騎手のコメント
inyofu 15着 サウンズオブアース(藤岡佑介騎手) 「枠が決まった時点で、ある程度主張していかないと外々を回るレースになると思い、好位からのレースになりました。でも、下りでは手応えが怪しくなっていました。もう少し短い方がいいかもしれません。直線でバラけてからもエンジンがかかりませんでした」

【京都大賞典】展開向かず

キタサンブラック、ラブリーデイ、サウンズオブアースの3頭に人気が集まった京都大賞典。前残りで決着する中後方から追い込んでくるも4着が精一杯だった。
動画を見る
以下はレース後のデムーロ騎手コメント
inyofu 4着 サウンズオブアース(M.デムーロ騎手) 「久し振りでしたからね。最後はすごくいい脚を使ってくれました。よく頑張ってくれました」

【ジャパンC】直前情報 デムーロが絶賛!

inyofu 主戦のMデムーロ騎手がまたがり、前を行くシェルブルック(2歳未勝利)を目標にスタート。直線で内から並びかけ、強めに追われるとスムーズに加速して1馬身先着した。

 Mデムーロ騎手は「よかったですね。賢い馬で、何でも分かっている感じ。体の使い方も柔らかかったし、いい状態」と好感触。見守った藤岡調教師も「やりすぎないようにとだけ指示を出した。しまいもしっかりしていたし、硬さもない。前走より状態は確実に上向いている」と納得の仕上がりに胸を張った。

文字通り最強の重賞未勝利馬サウンズオブアース。GIはおろか重賞すら勝てていないのは本当に不思議なくらいの能力の持ち主だ。ジャパンカップは昨年5着とまずまずの結果を残しており、今年は初の重賞制覇に期待がかかる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line