TOP > 競走馬 > 「サウンズオブアース」疲れが取れた!得意の府中で輝きを取り戻す!【目黒記念】
競走馬

「サウンズオブアース」疲れが取れた!得意の府中で輝きを取り戻す!【目黒記念】

G1でも結果を残しているサウンズオブアースが目黒記念で復帰する。勝ち星からは4年も遠ざかっているが、2015年有馬記念や2016年ジャパンCなどG1で2着3回とハイレベルな走りを見せている。昨秋は精彩を欠き大敗が続いたが、前走の有馬記念では7着に敗れたものの、後方からしっかりと末脚を使い復調の兆しを見せた。目黒記念は初めての出走だが、宝塚記念に繋がる走りを見せる。そんなサウンズオブアースについてまとめてみた。
サウンズオブアース

【2016ジャパンC】中団からよく伸びて2着!

サウンズオブアースは前走の結果もあり、若干人気を落としていた。レースでは、きれいにスタートを決めると馬群の中頃に。キタサンブラックが絶妙なペースを刻んだ道中から、コーナーを曲がり直線へ入ると、デムーロ騎手はこの馬を外に持ち出す。そこから抜群の伸び脚を見せると、勝ったキタサンブラックに迫る2着と好走した。
動画を見る
inyofu 2着 サウンズオブアース(M・デムーロ騎手) 「馬はとても良い状態で、これまでで1番いいぐらいでした。返し馬でも落ち着いていました。スタートも良く、すぐにいいところにつけられました。ただ、直線でリアルスティールが外にはってきたのが残念でした。キタサンブラックと併せる形にもっていけたら良かったのですが...。しかし、この調子なら有馬記念も楽しみです。やはり冬場の時期のほうがこの馬は走ります」

【札幌記念】休み明けが響き4着

7番枠から好スタートを切ると、インコースを確保して中団からレースを進める。4コーナーでゴーサインが出て、最後の直線では外に出しながら差し切りを図ったが、ジリジリとしか伸びず4着でゴールした。
動画を見る
inyofu 4着 サウンズオブアース(藤岡健一調教師) 「ポジションも良く、最後、前が開いたのに来れなかったのは、休み明けの分かな。2000mには対応できました」

【有馬記念】7着も復調の兆しを見せる!

京都大賞典とジャパンCで2ケタ着順に敗れ、14番人気で有馬記念を迎えた。大外16番枠ということもあり、道中は後方で末脚を溜める。最後の直線では大外からジリジリと伸び、キタサンブラックと0秒6差の7着でゴールした。
動画を見る
inyofu ▼7着サウンズオブアース(C・デムーロ)枠が不利だったが、いい走りをしてくれた。

【目黒記念】直前情報!疲れも取れて態勢整う!

inyofu 「しっかりと休ませて疲れは取れました。リフレッシュしていますよ。東京の2500メートルという条件はいいと思います。力通りなら」と仲田助手。
inyofu ◆サウンズオブアース・藤岡師 「体調を崩して復帰に時間がかかった。宝塚記念へ向けていいレースを期待」

目黒記念の傾向!単勝15~19倍の馬が波乱を呼ぶ?

inyofu 過去10年で単勝1番人気馬は1勝、2着5回、3着1回という成績だったが、単勝オッズ別の成績を調べてみると、1番人気で2着に入った5頭はいずれも3.9倍以下で、唯一優勝したスマートロビン(2012年)は4.4倍だった。また、伏兵の台頭が目立つなかで注目できるのは、4頭が優勝している「15.0~19.9倍」のエリア。「10.0~14.9倍」から連対馬が1頭も出ていないのと比較すると、対照的な成績になっている。

デビュー以来初めてのハンデ戦で58キロを背負うことになるが、G1でも十分に通用する地力があるだけに軽視は禁物だ。悲願のタイトル獲得へ、得意の府中で輝きを取り戻す。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line