TOP > 競走馬 > 「サトノアラジン」脚が長くてトビが大きい!長い直線は合う【天皇賞・秋】
競走馬

「サトノアラジン」脚が長くてトビが大きい!長い直線は合う【天皇賞・秋】

今年の安田記念を制したサトノアラジンが天皇賞(秋)に出走する。切れ味のある末脚を武器に1400mのGⅡを2勝すると、今年の安田記念では大外一気の追い込みが決まり悲願のGⅠ初制覇を飾った。さらに前走の毎日王冠でも外からメンバー最速の末脚で2着に食い込み好調をキープしている。2015年の香港カップ以来となる2000m戦だが、自慢の末脚でライバルをまとめてかわし去る。そんなサトノアラジンについてまとめてみた。
サトノアラジン

【京王杯SC】道悪が響き惨敗・・・

雨が降り続ける中、この日も後方で末脚を溜めていく。しかし直線では重馬場の影響もあり、切れのある末脚が影を潜め9着に敗れた。
動画を見る
inyofu ▼9着サトノアラジン(川田)これだけ悪い馬場だと…。良馬場でこそ持ち味が生きる馬。改めて期待したい。

【安田記念】大外から豪快に差し切りGⅠ初制覇!

14番枠からまずまずのスタートを切ると、ポジションを下げて後方からレースを進める。直線で大外に回して末脚を伸ばすと、ゴール前で逃げるロゴタイプをクビ差かわし、1分31秒5の好時計でGⅠ初制覇を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 サトノアラジン(川田将雅騎手) 「去年から乗せて頂いて、なかなかGIで結果を残すことが出来ませんでしたが、ようやく勝つことができました。馬場も枠順もこの馬に向いてくれて、折り合いもスムーズにリズムよく運ぶことができました。4コーナーでは手応え十分でしたし、前のロゴタイプは気にせずにこの馬の競馬をすることだけを考えていました。時間がかかりましたが、ようやくGIを勝つことができて嬉しいです。枠順や流れ、いろいろと注文はつきますが、次のGIでもこの馬の能力を発揮できるように頑張りたいです」
inyofu (池江泰寿調教師) 「これだけの馬を預けていただいて、GIを勝たせられなかったら調教師失格だと思っていました。勝てて本当に嬉しいです。前走は、道悪などいろいろなことが重なり9着でしたが、状態が悪かったわけではありません。天気にも恵まれ、馬場も良く、枠順も外と今日はいい条件がそろっていましたから、きっとやってくれると思っていましたし、楽しみにしていました。これまで1400mの前哨戦を勝って、1600mのGIで負けていましたから、距離適性のことを言われてきましたが、自分としては、そんなことはないと思っていました。今日の勝利でそれを証明できました。この後のことは、現時点では明言できませんが、オーナーと相談して決めていきたいと思います」

【毎日王冠】1800mでも末脚が弾け2着!

大外12番枠からまずまずのスタートを切ると、中団グループにつけて末脚を溜めていく。直線では外からゴーサインを出すと、上がり最速の末脚で前の各馬を猛追し、リアルスティールとクビ差の2着に入った。
動画を見る
inyofu 2着 サトノアラジン(川田騎手) 「1800mでも上手に走ってくれました。勝ち馬はドバイでGIを勝っている馬ですし、今日はこの馬の方が斤量も1キロ重かったですからね。その中で、GI馬として恥ずかしくない競馬をしてくれたと思います」

【天皇賞(秋)】直前情報!調整は順調そのもの!

inyofu 安田記念の覇者で秋初戦の毎日王冠2着サトノアラジン(牡6、池江)は栗東Cウッドで併せ馬を行った。大きなフォームでのびのびと走り、僚馬をちぎった。
inyofu 池江師は「やりすぎずいい調整。上積みはあると思う」と好感触を得ている。

天皇賞(秋)の傾向!直近のGⅠ好走馬が好成績!

inyofu 過去10年の出走馬について、過去3走以内における東京芝コースでの最高着順別に成績を調べると、「1着」組と「2着」組が勝率で10%を超え、連対率や3着内率でも上位になっている。過去3走で東京・芝コースに不出走だった馬が3着以内に9頭入っている点は見逃せないが、過去3走以内に東京・芝コースで連対した実績を持つ馬に注目したい。
inyofu 過去10年の出走馬について、過去2走以内の芝GⅠでの最高着順別に成績を調べると、「1着」組と「2着」組が連対率と3着内率で高い数値をマークしている。その一方で、過去2走以内に芝のGⅠで連対した実績がなかったり、過去2走で芝GⅠに不出走だった馬の好走率は低い数値にとどまっている。近走で芝のGⅠを連対していた馬は高く評価すべきだろう。

前走の毎日王冠では久々の1800m戦ながら最後まで脚色は衰えず、距離の限界を感じさせなかった。今回も距離延長となるが、200mであれば対応できそうだ。とはいえ良馬場で切れ味を生かす競馬を得意としているので、当日の天候には注意したいところだ。6歳で遂に花開いた大器が、秋も快進撃を続ける。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line