TOP > 騎手 > ルメール騎手とデムーロ騎手がJRA騎手試験一次合格!
騎手

ルメール騎手とデムーロ騎手がJRA騎手試験一次合格!

先日、外国人騎手でクリストフ・ルメール騎手とミルコ・デムーロ騎手が日本での騎手免許を獲得するためJRA騎手試験を行い一次試験に合格した。来年の凱旋門賞では、日本馬にJRA所属騎手のルメール騎手&デムーロ騎手が騎乗なんてこともあり得るかも!?

初来日から12年!クリストフ・ルメール騎手

クリストフ・ルメール騎手はフランス生まれの騎手で、2002年に初来日してから毎年のように日本競馬で騎乗をしている。GIは5勝しており、あのディープインパクトに傷をつけたハーツクライに騎乗していたのもルメール騎手だ。
2005年 有馬記念 レース映像

仮に今年不合格になったとしても「来年も当然受験する」

inyofu ルメールは「日本の競馬はハイレベル。ジョッキーは時に変化を求めるもの。自分がG3を勝ったワンアンドオンリーには、G1でも乗りたい思いはあった」と動機を率直に明かした。期間が限られる短期免許と違い、通年免許なら「未勝利からG1まで乗り続けられる」と腰を据えて乗れる。仮に今年不合格になったとしても「来年も当然受験する」と本腰だ。

日本語も流暢?ミルコ・デムーロ騎手

ミルコ・デムーロ騎手はイタリア生まれの騎手。天皇賞(秋)をエイシンフラッシュで制するなど日本のGI10勝に加え、ドバイWCでは日本のヴィクトワールピサに騎乗し、日本馬初の制覇へと導いた。インタビューでも日本語を少し使っており、もはや日本人と言っても過言ではない!ミルコ・デムーロ騎手はイタリア生まれの騎手。GI10勝に加え、ドバイWCでは日本のヴィクトワールピサに騎乗し、日本馬初の制覇へと導いた。インタビューでも日本語を少し使っており、もはや日本人と言っても過言ではない!
去年、デムーロ騎手は一次試験不合格。競馬ファンにとってはがっかりの出来事だった。
inyofu  来年度のJRA騎手免許1次試験に挑戦したイタリアのミルコ・デムーロ騎手(34)が不合格となったことが17日に分かり、競馬ファンに落胆の色が広がっている。

今年は晴れて二人とも突破!

今年は二人で筆記試験を突破!問題内容が競馬雑誌に掲載されているとのこと。
inyofu 日本の競馬ファンにもおなじみの2人の外国人騎手が、JRAの“レギュラー・ジョッキー”に向け大きく前進した。JRAの騎手免許第1次試験合格者発表が16日にあり、ミルコ・デムーロ(35=イタリア)と、クリストフ・ルメール(35=フランス)が合格した。

残すは口頭試験と騎乗試験のみ!

騎乗試験に不安はなさそうだが日本語の面接が難関の予感。
inyofu 2次試験は来年1月26~28日で、騎乗技術試験については2人の実績から問題なくクリアできるのは明らか。難関は日本語での口頭試験になる。合格発表は2月5日。晴れて合格なら、3月から日本での通年免許を取得することになる。
クリストフ・ルメール騎手はフランス生まれの騎手で、2002年に初来日してから毎年のように日本競馬で騎乗をしている。ミルコ・デムーロ騎手はGI10勝に加え、ドバイWCでは日本のヴィクトワールピサに騎乗し、日本馬初の制覇へと導いた。日本に馴染みのある外国人騎手二人のJRA騎手試験の一次試験合格は明るいニュースとなった。残すは2次試験のみ!結果はどうなるのか!?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line