TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【福島芝1800m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【福島芝1800m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


karisuma

福島競馬場の中では下級条件が多いが、このコースでは春に福島牝馬Sなどが行われている。1200mの次の距離がこの1800mとなるので、マイラーなどは使うところがなく、この1800mに挑む傾向があるが、果たしてこのコースはどんなタイプの馬が好走するのか。 今回はこのコースを枠、血統、騎手、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!内枠が断然!

馬キュレ
スタートしてすぐコーナー、そしてローカルの急カーブということから、1,2番枠の成績が抜けている。特に1番枠は馬券的な妙味もあり、常に相手には入れておいて損はなさそうだ。

種牡馬成績!大穴オペラハウス!

馬キュレ
意外や意外、オペラハウスが激走している。2012年ラジオNIKKEI賞でも最低人気のオペラダンシングが3着に激走し大穴をあけた。今後はその血を引くメイショウサムソンの産駒も狙いであろう。

母父成績!サンデーはそこまで妙味なし!

馬キュレ
勝利数トップはサンデーサイレンスであるが、それは数の暴力によるところもあり、馬券的には妙味があるとは言えない。ローカルの中距離だけにキレ味一辺倒の適性はマッチしないようだ。

騎手成績!またまた田辺!

馬キュレ
芝1200でも活躍を見せていた田辺騎手であるが、この距離になっても健在!勝利数も上位に位置しており、その存在感を遺憾無く発揮している。

前走距離、脚質成績!短縮組が狙い!

馬キュレ
前走から距離を短縮してきた馬の成績がよく、単複回収率とも100%近くある。また前走で上がり1位を使っていた馬も好成績で、前残り、という意識が働く福島でも差し脚が生きる。

前走コース別成績!東京1600m組は延長でも買い!?

馬キュレ
上記では距離短縮馬が狙い、という結果が出たが、この東京芝1600mに関してはそうでもないようだ。というのもこの東京芝1600m自体も距離を短縮してきた馬の成績が良いため、1600m+αの適性が必要なようだ。


福島芝1800mの重賞はとにかく荒れる。福島牝馬S、ラジオNIKKEI賞という名前を聞くだけでも波乱のイメージが連想されるだろう。ローカルらしく、そこを得意とするものは庭とかし、それらのオペラハウスや田辺騎手などを積極的に狙っていくのがこのコースの勝利の鉄則であろう。今後も福島を得意とする種牡馬や騎手が出てくることが予想されるので早くから目星をつけておくと良いかもしれない。そしてセオリー通りこのコースは内枠が有利であることは覚えておきたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line