TOP > 予想/馬券 > コース分析が出来れば馬券は当たる! 【福島ダ1700m】
予想/馬券

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【福島ダ1700m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


karisuma

福島競馬場でダート中距離戦と言えばこの1700m。それより短い距離が1150mなので、かなり幅のある距離設定である。他にも札幌、函館、小倉などがこの距離でダート戦を行っているが、同じような傾向が見られるのか、または福島特有の傾向が見られるのだろうか。 今回はこのコースを枠、血統、騎手、前走条件などから特徴を探り出しまとめてみた。データは過去10年のものに基づく。
馬キュレ

枠順別成績!偶数馬番が買い!

馬キュレ
スタートしてすぐコーナーのコースに見られる傾向であるが、後入れでスタートの切りやすい偶数馬番が成績が良い。そのためスタートの脚がいい馬を狙うのがポイントかもしれない。

種牡馬成績!1700のゴールドアリュール!

馬キュレ
ローカルの1700mを得意としているゴールドアリュールはこのコースでも健在で、安定した成績を残している。この産駒に関しては1700m巧者が生まれやすいのでリピーターに注意だ。

母父成績!サドラーズウェルズ系が狙い!

馬キュレ
福島芝の中距離で活躍の見られるサドラーズウェルズ系であるが、ダートでもこの距離になれば活躍しだすようだ。芝ダート問わず、この福島のコース形態にマッチしているようだ。

騎手成績!ローカル男!大野!

馬キュレ
ローカルと言えば田辺騎手に続いて有望株がこの大野騎手だ。その初G1制覇でさえも新潟開催のスプリンターズSだったように、舞台がローカルになると怖い騎手だ。

前走距離、脚質成績!逃げより差し!

馬キュレ
直線の短いローカルコースなので前残り競馬を想定しがちだが、馬券的な狙いとしては逃げ馬より差し馬のようだ。脚質別成績を見ると、前走で上がり上位だった馬の複勝回収率が90%近くなのに対し、逃げ馬は65%しかなく配当的な妙味は完全に差し馬だ。

前走コース別成績!中山からの平坦替わり!

馬キュレ
前走で中山ダート1800mを使っていた馬の成績がよく、これはおそらく距離が近く同じ右回りであることが考えられる。狙いはその中山の急坂で止まってしまった馬だ。平坦なら走れる馬を見極めることが必要だ。


ダート1700という舞台設定は函館、札幌、福島、小倉しかなく、主戦場の4場ではないためその予想法に戸惑うかもしれない。しかしそのコース形態と特徴をつかむことで、その舞台で激走する馬のポイントは見えてくる。特に芝ダート問わず中距離の福島ではサドラーズウェルズ系の血が優秀で、オペラハウスを始めとして、今後はメイショウサムソンやローエングリンといった種牡馬の名前も並ぶことが考えられる。また田辺や大野といった関東の若手ジョッキーがこの福島を得意とし、G1ジョッキーにまで成長していったように、福島を制す者はよほど腕が良いと考え追いかけていくのもいいかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line