TOP > 地方競馬 > 全国交流に昇格でさらに白熱! 2014年【OROターフスプリント】
地方競馬

全国交流に昇格でさらに白熱! 2014年【OROターフスプリント】

今年から地方競馬全国交流に昇格した2014年10月25日(土)15:30発走、盛岡競馬場で行われるOROターフスプリント。4年前からドンドンと芝短距離の猛者達が集結してきているアツいレース。注目馬をまとめてみた。
馬キュレ

枠順確定

inyofu 1 ロードバロック 牡9 57.0 大坪慎 城地俊光
2 スーパーワシントン 牡11 57.0 南郷家全 佐藤雅彦
3 ライトマッスル 牡5 57.0 関本淳 熊谷昇
4 ドリームフォワード 牡7 57.0 千田洋 千葉幸喜
5 スマイルジャック 牡9 57.0 山崎誠士 山崎尋美
6 ダブルスパーク 牝5 55.0 陶文峰 村上昌幸
7 マンセイグレネード 牡4 57.0 山本聡紀 阪本一栄
8 コパノバウンシ 牝3 53.0 山本政聡 桜田浩樹
9 コスモアックス 牡4 57.0 斉藤雄一 瀬戸幸一
10 チェリービスティー 牝6 55.0 菅原俊吏 晴山厚司
11 ハカタドンタク 牡4 57.0 高橋悠里 板垣吉則
12 ヒワノスーパー 牡3 55.0 山本聡哉 新井清重
13 ダンシングロイヤル 牝6 55.0 笹川翼 林隆之
14 ダイワスペシャル セ6 57.0 坂口裕一 村上昌幸

2連覇中の王者【ライトマッスル】

inyofu 当然だが、主軸選びにも迷ったが、最終決断はライトマッスル。3連覇の偉業達成に期待した。 今シーズン1勝のみと精彩を欠いていたが、ハーベストカップで苦しい流れをしのいで最内を突いて惜しくも0秒1差4着。盛岡芝1000m5勝の意地を見せてくれた。
inyofu ライトマッスルは「OROターフスプリント」2年連続制覇。その2勝を含め、盛岡芝1000m通算5勝と絶対の自信を持っています。  今季1勝のみですが、「ハーベストカップ」では4着ながら最内を突いて見せ場。3連覇の偉業達成に燃えています。
inyofu ○ ライトマッスル…コンマ1秒差の前走4着は力の差と言うよりは枠順の差。2年連続でOROターフスプリントを制している芝1000mのスペシャリスト。偉業の3連覇となるか。
参考レース 第2回 OROターフスプリント

一昨年、昨年と連覇をしているライトマッスルに3連覇の期待がかかる。今年の成績はいまいちだが盛岡芝1000mのスペシャリストの意地を見せるか!?

後一歩で重賞をとれる!【チェリービスティー】

inyofu チェリービスティーはヴィーナススプリント、ハーベストカップで0秒1の僅差2着に惜敗。あとひと伸びが足りずビッグタイトルを逃がしている。 敗因は大外12番で先行馬をさばくのに手こずったから。もう少し内枠を引きたかったが、10番枠は許容範囲。悲願の重賞制覇に燃える。
inyofu チェリービスティーは牝馬重賞「ヴィーナススプリント」、トライアル「ハーベストカップ」とも0秒1差2着。惜しいところで勝利を逃がしていますが、気配落ちはまったくなし。今度こそ悲願の重賞制覇となるか、期待が高まります。
inyofu ◎ チェリービスティー…トライアルは不利と言われる芝1000mの大外枠も何のその2着。OROスプリント特別ではエスカーダを寄せつけず勝利。芝、ダート問わず短距離は堅実駆け。
参考レース OROスプリント特別

いつ重賞を勝ってもおかしくない実力の持ち主のチェリービスティー。悲願の重賞制覇なるか!?

前走は気にするな!【ドリームフォワード】

inyofu ドリームフォワードはハーベストCで1番人気に支持されたが、1枠に入ったのが痛かった。人気を背負っていたため、包まれるのを避けて逃げの手。終始マークされる展開を強いられ直線一杯となった。今度は4番枠だが、気軽に乗れるのは好材料だ。
inyofu  ドリームフォワードは芝重賞「桂樹杯」を優勝し、「岩手県知事杯OROカップ」では岩手最先着の3着。「ハーベストカップ」では1番人気に支持されましたが、1枠が災いして8着。この一戦のみで判断するのは早計でしょう。
inyofu △ ドリームフォワード…1番枠の前走は強引に行くしかなかった。その結果コンマ4秒差の8着でも内容は悪くない。桂樹杯を制し、OROカップ3着と盛岡芝は合う。巻き返しに注目を。
参考レース 第37回桂樹杯

前走ハーベストカップは1枠が災いしての結果なのでそれだけでは判断出来ない。桂樹杯の勝利や岩手県知事杯OROカップの好走から今回も活躍すると予想される。

芝短距離のスペシャリストナンバーワンは!?

ライトマッスル、チェリービスティー、ドリームフォワード以外にもハーベストカップで見事逃げ切りを決めたダブルスパーク、ハーベストカップでメンバー最速の上がりを駆使したダイワスペシャルなど芝短距離で輝くスペシャリストが勢揃い。今回もアツいレースが繰り広げられることは間違いないだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line