TOP > エンタメ・雑学 > 2014年10月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2014年10月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2014年10月4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
今週は、記録尽くしとなったクラシック競走【菊花賞】のニュースを中心に、競馬ファンがワクワクするような様々なニュースを特集!
馬キュレ 

今年の【菊花賞】は記録を塗り替えまくり!

inyofu 10月26日、京都競馬場で開催された第11R・菊花賞(GI、芝3000m)は、好位追走から直線早め先頭にたった3番人気トーホウジャッカル(牡3、栗東・谷)が、サウンズオブアースとの追い比べを制し、デビューから149日、オウケンブルースリの184日を抜いて史上最速での菊花賞制覇を成し遂げた。
inyofu 勝ちタイムは3分1秒0(良)で、ソングオブウインドの記録を塗り替えレコード。鞍上は酒井騎手。
2014年のGI【菊花賞】は、3番人気【トーホウジャッカル】が制した。デビューから149日での勝利は、2008年に【オウケンブルースリ】の記録した184日を抜いて史上最速での勝利となる。また、勝ちタイム3分1秒0は、2006年に【ソングオブウインド】が記録した3分2秒7を大幅更新しての勝利であり、記録更新尽くしのレースとなった。

未来に語り継ぎたい名馬は?

JRA60周年特別企画として競馬雑誌【優駿】が、「未来に語り継ぎたい名馬BEST100」の投票を行う。
inyofu 私たちの記憶を、次代のファンへ――
未来の競馬ファンへ向けて、私たちが見聞きした名馬の記憶を残すために、『優駿』は、JRA60周年特別企画として、「名馬BEST100」を決定するファン投票を行います。
日本の競走馬の中から、あなたが未来の競馬ファンに語り継ぎたい名馬10頭を選んでいただき、1~10位まで順位をつけてご投票ください。
投票期間は2015年1月5日(月) 23:59まで。
競馬ファン同士なら、必ず盛り上がるこの話題に、どのような決着がつくのか、楽しみである。

投票はこちら

異色のトークショー?【武豊×市川海老蔵】

競馬界と歌舞伎界のプリンスが繰り広げるトークショーが開催される。
inyofu 10月28日、日本橋三越(東京)において「JRA60周年記念 馬と歌舞伎 ~武豊×市川海老蔵~」と題したトークショーが開催される。時間は13時半より。「馬と歌舞伎」の魅力を紹介するとともに、それぞれの立場から「馬」と「歌舞伎」についての魅力や、騎手、歌舞伎俳優としてのターニングポイント・エピソード等が語られる予定だ。
inyofu このトークショーは、10月22日から11月4日までの期間、日本橋三越で開催されているイベント「馬と歌舞伎」の目玉企画のひとつ。他にも市川海老蔵さんの歌舞伎俳優人生における節目と、その年に活躍した名馬たちを紹介する「市川海老蔵 × 名馬たちの蹄跡」や「思い出の菊花賞・思い出の天皇賞(秋)」などの展示や、ターフィーとハローキティによるグリーティング、また菊花賞と天皇賞・秋の予想会およびパブリックビューイングなどが予定されている。
【馬と歌舞伎イベント】は入場無料で、トークショーの観覧も無料なので、競馬ファンでなくとも気軽に立ち寄れるだろう。

菊花賞のベストターンドアウト賞は【トゥザワールド】

第75回菊花賞(GI)のパドックで、「もっとも美しく手入れされた馬を担当する厩務員」の努力を称え表彰する「ベストターンドアウト賞」の審査が行われた。
inyofu 【受賞者】 トゥザワールド 中澤一博調教助手(池江泰寿厩舎)
【審査委員】 佐々木正子氏(京都嵯峨芸術大学芸術学部教授・大学院教授)、湯山賢一氏(奈良国立博物館長)、大久保正陽氏(元JRA調教師)
【審査基準】 『馬がよく躾けられ、美しく手入れされ、かつ人馬の一体感を感じさせる引き馬(リード)が行われているか。』
inyofu 【受賞者 中澤一博氏のコメント】
「今日は2頭出しなので、代理の方にパドックを引いていただきましたが、普段から馬との信頼関係を築くことに努めています。トゥザワールドは扱いやすく従順なので助かっています。ありがとうございました」
inyofu 【審査委員 佐々木正子氏/湯山賢一氏のコメント】
「競馬場のすがすがしい雰囲気は本当に素晴らしいです。とにかく馬は綺麗の一言です。このベストターンドアウト賞を、勝馬検討とは違った“競馬の見方、楽しみ方”としてもっと多くの人に知っていただきたいと思います」
inyofu 【審査委員 大久保正陽氏のコメント】
「伝説の菊花賞(GI)に相応しい、人馬の信頼感がしっかりした見事なパレードでした。育成を含めた関係者のみなさんに敬意を表したいと思います」

2014年10月4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
2014年10月26日に行われた第75回【菊花賞】は、【トーホウジャッカル】のレコード勝ちという劇的な幕切れとなった。1番人気のダービー馬【ワンアンドオンリー】は9着、2番人気に支持された【トゥザワールド】は16着に敗れている。しかし、【トゥザワールド】はベストターンドアウト賞において、【皐月賞】に引き続き二冠を達成した。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line