TOP > 競走馬 > 【2015年日本ダービー】雨が降った方が好都合!? コスモナインボール
競走馬

【2015年日本ダービー】雨が降った方が好都合!? コスモナインボール

未勝利戦、アスター賞、アイビーステークスと3連勝を決めた後は、いまいち精彩を欠いているコスモナインボール。ホースマン憧れの大舞台日本ダービーで奇跡を見せれるか?
馬キュレ

血統的には微妙?

これからコスモナインボールを見ていくにあたって、やはり競走馬として一番大事と言っても過言でないのが血統だろう。よって、まずは血統から見ていく。
父はハイアーゲーム、母はシックスポケット、母父にカリズマティックを従える血統ではあるが、ハッキリ言ってあまりパッとしない。
    と言うのも、父のハイアーゲームは2004年の日本ダービーの3着馬で、同年の青葉賞など重賞2勝を挙げている。しかし、種牡馬入りの理由は正直、実績より“サンデーサイレンスの直仔”という点が強い。言わば、SSの仔の中でも二流。母父のカリズマティックは輸入種牡馬で、現役時にケンタッキーダービーとプリーネクスSの米二冠を制した。しかしこの馬も、日本での産駒成績は障害戦や地方競馬で重賞馬を数頭出すくらいで、代表産駒もGI2勝のワンダーアキュートの1頭くらいである。
    果ては、中央で走った兄弟馬も全頭未勝利という始末。ゆえに、セリでは105万円という安価で取引された。
コスモナインボールの競走成績はこちら

デビュー戦では見所なく… 新馬戦

そんなコスモナインボールもデビュー戦を迎えたわけだが、血統やセリの取引額で人気が左右されるのが新馬戦。上記のように強調材料がほとんどないコスモナインボールは8番人気だった。
レースでは中団前めの好位につけるも、4コーナーで手応えが怪しくなり、直線ではズルズル後退して9着。人気通りの結果となってしまった。

連勝の始まり! 未勝利戦

生まれた環境・評価とも良くなく、デビュー戦でも凡走。続く新潟未勝利に出走するも、見どころのないコスモナインボールは12番人気だった。
スタート直後から積極的に前に押し出し、3コーナーで2番手につけた。そのまま直線で先頭に躍り出ると、新潟の長い直線でも逃げ切って見せた。12番人気とは思えない走りである。 以下、鞍上の柴田大知騎手のコメント。
inyofu 「前回は、調教での良さがレースに出ていませんでした。折り合いは問題ありませんし、ゴール前も抜かせない走りで良かったです。距離はもっとあった方がいいかもしれません」

クビ差の勝利! アスター賞2014

inyofu 13日、新潟競馬場でアスター賞(2歳・500万・芝1600m)が行われ、好位でレースを進めた柴田大知騎手騎乗の4番人気コスモナインボール(牡2、美浦・和田雄二厩舎)が、直線で内から馬体を併せてきた1番人気テンダリーヴォイス(牝2、美浦・萩原清厩舎)との競り合いを制し、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分36秒5(良)。
前走勝ちからか、多少人気は上がったものの、4番人気。中団前めから直線で先頭に並びかけ、直線はずっと競ったままゴールした。結果、アタマ差差してV。連勝でオープンクラスに昇格した。

アタマ差しのぎ3連勝! アイビーS2014

オープンクラスに上がったものの、このクラスは一足先に勝ち上がった良血馬や高額馬がたくさんいるクラスでもある。
    昇格初戦となったアイビーSでは、連勝したのにもかかわらず人気は下がって7番人気だった。もちろん、前2走がフロック視されたこともあったのだろう。しかし、コスモナインボールは実力でその評価を振り切るのである。
inyofu 25日の東京9Rアイビーステークス(2歳オープン、芝1800メートル)は、柴田大知騎手騎乗の7番人気コスモナインボール(牡、美浦・和田雄二厩舎)が2番手追走から抜け出してV。3連勝でクラシック候補に名乗りを上げた。タイムは1分47秒1(良)。
スタートからハナを奪う勢いだったが、抑えて2番手を追走。直線ではスワーヴジョージの追撃をアタマ差凌ぎ、3連勝を成し遂げるとともに、前2走がフロックでなく実力での勝利ということを証明した。 以下、柴田大知騎手のコメント。
inyofu 「2番手からの競馬でしたが、ヨーイドンの上がり勝負は避けたかったので、早めに前をかわしにいきました。後ろから来る馬が怖かったのですが、止まらずによく頑張ってくれましたね。かなり長くいい脚を使っています。スタミナも十分あるし、さらに距離が延びても大丈夫だと思います」

GI初挑戦!朝日FS

3連勝を決めた上がり馬ながら単勝30.2倍の10番人気と支持を得られなかったコスモナインボール。実際レースでも見せ場を作れず、勝ち馬ダノンプラチナと0.8秒差となる9着に終わった。
http://youtu.be/cCpnNF9oulU

重賞戦線では大敗続き。。。

GIII京成杯 13着
http://youtu.be/-Ca7nVdX5xo
GIII共同通信杯 8着 
GIIニュージーランドT 10着
GI NHKマイルC 10着
朝日FS後も重賞戦線に4回出走したが、どれも掲示板にも載らず大敗。相手が強かったというのもあるが、冴えない結果に終わった。

【日本ダービー】前評判は?

inyofu 三野輪厩務員「今週はゲートの確認もしたかったので、日曜(24日)にウッドでビシッとやった(5ハロン65・1秒)。タフで調子の波が少ないのが、この馬の良さだね。前走(NHKマイルC=10着)は出遅れながらも33秒台の上がりを使えたのが収穫。これで雨が降るようなら、ちょっとは楽しめるかな」

現時点では、予想単勝オッズ706.1倍の24番人気であるコスモナインボール。
お世辞にも優勝候補に挙げられることはなく、現時点での勝率はかなり低いだろう。
しかし、前走GI【NHKマイルC】では、自身初となる上がり3ハロン33秒台を記録、末脚だけで言えば、出走馬の中でも上位の存在の為、レース展開さえはまれば入賞の可能性もあり得るかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line