TOP > レース > 本命2頭が着外!! 【2014年菊花賞】予想家まとめ
レース

本命2頭が着外!! 【2014年菊花賞】予想家まとめ

競馬の格言で菊花賞は強い馬が勝つと言われている。しかし、強いと有力視されていた2頭が着外で予想家混乱か?果たして今年の菊花賞はどうなったのか。ブログサイトから予想結果を集めてみた。
馬キュレ

【第75回菊花賞はトーホウジャッカルが優勝】

inyofu 10月26日、京都競馬場で開催された第11R・菊花賞(GI、芝3000m)は、好位追走から直線早め先頭にたった3番人気トーホウジャッカル(牡3、栗東・谷)が、サウンズオブアースとの追い比べを制し、デビューから149日、オウケンブルースリの184日を抜いて史上最速での菊花賞制覇を成し遂げた。勝ちタイムは3分1秒0(良)で、ソングオブウインドの記録を塗り替えレコード。鞍上は酒井騎手。半馬身差の2着は4番人気サウンズオブアース、2着に3馬身1/2差の3着は7番人気ゴールドアクターが入っている。尚、1番人気に支持されたワンアンドオンリーは9着、2番人気に支持されたトゥザワールドは16着に敗れている。
inyofu 配当は単勝690円、馬連2640円、馬単4470円、3連複1万3340円、3連単5万9220円。勝ったトーホウジャッカルは、父スペシャルウィーク母トーホウガイアという血統で、半姉にはCBC賞を勝ったトーホウアマポーラがいる。重賞は初勝利。同馬を管理する谷調教師にとってもうれしいGI初勝利となった。

3週連続ならず 【少年は競馬場で推理する】

inyofu ◎タガノグランパ…キンカメ×スペシャルのS(LC)系。母母父にブラッシンググルームがあり侮れない
○サトノアラジン…LM系。近年トレンドの2走前条件戦好走からの前走重賞出走馬。ディープの初G1
▲トーホウジャッカル…SC系。こちらも同じパターンでビッグウィークっぽい。ただ人気し過ぎで▲まで
△ワンアンドオンリー…ハーツのS系。ダービー勝って神戸新聞杯1人1着なのに微妙な人気。押さえ

◎ 単200円
◎-○ ワイド200円
◎、○、▲、△ 馬連BOX100円
毎日王冠、秋華賞と2週連続で重賞的中のブライト氏。今回は本命タガノグランパを含む4頭で勝負したが4着。惜敗だったが1着馬も買い目にはいっており、まさに紙一重。まだまだ注目していきたい予想家だ。

怒涛の4連続重賞的中【今日のドン言】

inyofu 1週間結構考えた。 トゥザワールド軸で、と収めた時もあったし、いっそスターダーム応援で特攻するか、という瞬間も。 そして、私が出した結論は、トーホウジャッカル◎だ。 この馬、要するに出陣として出遅れ組だったから、突然クローズアップされた印象だけど、今のパフォーマンスは本来持っていたものだと思う。 経験馬相手にデビューした頃は、お世辞にも仕上がりきってなかった。 その証拠に、初戦の馬体重は500k、前走神戸が484kとなっている。 谷厩舎で、正直デビュー5ケ月で7戦目というのは、休みなかったなァという感じだが、逆に云えば生命力というか、体質がいいとう解釈も。 2才時や、春の路線で活躍した馬たちと比べて、およそポスターバリューで劣るけど、それは単に舞台を踏んでなかったというだけ。 神戸新聞杯の走りは本物という結論だ。
inyofu ひとつポイントはやはり距離。 二四は問題なかったけれど、三千は長いからね。 なんとかこなしてほしい。 父はスペシャルウィークだ。 昨日の大穴馬メイショウノーベルも実はスペシャル産駒なのだよ。  相手というか、2本軸でもという感覚でタガノグランパ。 なんとも無節操なレース選択の馬だが、それで降下しなかったあたり、相当なポテンシャルの筈。 菱田には気楽に大胆に乗ってほしい。 これは母の父がスペシャルだ。 人気のワンアンド、トゥザは当然好勝負。 サウンズオブアースも蛯名をサラッと乗せて一発を狙う。 愛しのスターダム、ショウナンに、Wインパクト、ハギノハイブリッドまでとした。
名も無き競馬予想ブログ【今日のドン言】今週もサラっと的中し府中牝馬S、秋華賞、富士S、菊花賞と連続4重賞を的中。本人も戸惑い気味だが、競馬の神が確実に降りていること間違いなしだ。今週の天皇賞(秋)も彼のブログは見逃せない。

進撃の調教女子!!【天童なこオフィシャルブログ「なこちんまにあ」】

inyofu ◎4サウンズオブアース
○2トーホウジャッカル
▲12タガノグランパ
△9ハギノハイブリッド
△15ワンアンドオンリー
△6ショウナンラグーン
△16サトノアラジ
inyofu 本命は、サウンズオブアース
好走時と同じく1週前が栗東坂路、最終追い切りがCWだったので、いつも通りのこのパターンは順調と評価していいと思います 中間もしっかりと乗り込まれていますし、本数や内 容に関しては、問題ないです。 圧巻だったのは、最終追い切り!! 追走しながら直線で並びかけると、いったんは馬体を併せながら、最後は抜群の反応で相手を突き放しました しまい11.4秒という時計通りに最後はキレていましたし、状態はかなり良いと思います
inyofu ワイドの配当が思ったよりもいいので、YOUTOUBEの買い目+2、6、9、12に流したワイドも買いたいと思います
単勝 4
複勝 4
馬連、3連複
4-2、6、9、12、15、16
ワイド
4-2、6、9、12
さぁこちらも万馬券確変に突入か!?調教女子天童なこが前回の秋華賞に引き続き、サウンズオブアースから3連複GETだ。夏の不調は充電期間だったのか。

今年の菊花賞は血統よりも枠順

inyofu ◎トーホウジャッカル
今年は血統的に3000m超でこそという馬が見当たらない。 そうなると予想で重要視すべきは枠順だろう。 後入れ偶数最内枠の2番は絶好枠。 神戸新聞杯3着のローテもデータ的には絶好。 その神戸新聞杯も前が詰まらなければ突き抜けていた内容。 デビューからの日も浅く他馬と比較して伸びしろも大きい。 ただ半妹のトーホウアマポーラが今年CBC賞を勝ったスプリンターである点は不安。 母系もスタミナ色は薄く、父スペシャルウィークのスタミナに期待するしかない。
予想歴16年で競馬ナンデのシーバス氏。3000m適正の馬はいないと判断し枠順から紐解き予想。それが見事嵌り3連単的中。

完全的中 【しんがりくんの競馬】

inyofu 本命はトーホウジャッカル。
意外に人気だが、やはり前走が評価されてのものだろう。 かなり衝撃の内容で、何度も言うようにスムーズならワンアンドを差せていた。 今回も内枠、内でうまく脚をためられるタイプ
上がり馬のゴールドアクターもこの人気なら買える。 京都新聞杯でサウンズオブアースを破ったハギノハイブリッド、高速京都なら逆転の余地ありのトーセンスターダム、前走ロスありで巻き返しのショウナンラグーンなど抑えたい馬も正直多い。 穴では好枠を活かせばマイネルフロスト、前走見所ありのタガノグランパあたり。
inyofu ◎トーホウジャッカル
○サウンズオブアース
▲ゴールドアクター
☆(大穴) 人気ブログランキングへ
穴注目 タガノグランパ
穴注目 マイネルフロスト
△ワンアンドオンリー
△トゥザワールド
△ハギノハイブリッド
△トーセンスターダム
△ショウナンラグーン
△サトノアラジン
基本穴狙いが多い予想のしんがりくんのブログ。上から印◎○▲の3頭を完全的中。その他の印がもったいなかった気もするが、予想に説得力があり参考にしたいブログの一つだ。

単勝200万円入れた大口購入者も!?

inyofu レースを制したトーホウジャッカルは前々日発売の単勝オッズで1・4倍と、断然の1番人気に推されていた。時間帯別の発売額を見ると、金曜午後4時20~25分に200万円前後の単勝大口購入があったもようで、最終的に単勝は3番人気となる6・9倍に落ち着いたため、その購入者は1380万前後の払戻を受けたことになる。
世間ではジャッカルおじさんと呼ばれているらしい。凄いと思ったのは、鉄板本命ではなく3番人気以下の馬に大金賭けて回収しているところだ。よほど自信があったのだろうか。勝ち方もそういう競馬で、まるでわかっていたかのようだった。

他にも的中者多数

馬キュン!は

ヌーヴォレコルト担当厩舎の斎藤調教師を交えた今回の馬キュンTV。本命で的中はUmajinの鈴木記者のみ馬連的中。最近不振に喘いでいただけに久しぶりの重賞的中は嬉しい。

ラストは覆面馬主1号2号【こりゃ深すぎるww覆面馬主の馬券談義!】

2号の予想
inyofu ◎ワンアンドオンリー
○タガノグランパ
▲サウンズオブアース
☆トーホウジャッカル
△トゥザワールド
△マイネルフロスト
△ミヤビジャスパー
押さえトーセンスターダム
1号の予想
inyofu ◎ハギノハイブリッド
〇ワンアンドオンリー
▲ショウナンジャッカル
☆タガノグランパ
△トーホウジャッカル
△マインルフロスト
△サウンズオブアース
△ヴォルシェーブ
またしても本命軸が着外とメイン予想が当たらない2号。1号は土曜の富士Sで久しぶりに快勝。お互い1、2着馬を抑えてるだけに的中も時間の問題なのかもしれない。

本命の1、2着馬が飛んだので、予想家の的中も少ないと思われていた菊花賞だったが、そうでもなかった。トーホウジャッカルの神戸新聞杯の走りを見て本命に推した予想家も多い。うまキュレ班は、トゥザワールド本命から1~3着購入していただけに悔しい結果となった。天皇賞(秋)は現地から応援し集中力を高めて記事を見てくれる読者に的中報告をお届けしたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line