TOP > 競走馬 > 2014年10月25日(土)の新馬勝ち上がり馬まとめ
競走馬

2014年10月25日(土)の新馬勝ち上がり馬まとめ

2014年10月25日(土)、東京競馬場と京都競馬場で合計4つの新馬戦が開催。これらのレースを振り返って、新馬戦を勝ち上がった4頭をまとめてみた。
馬キュレ

ヴァーミリアン産駒の伏兵マラケシュ、まんまと逃げ切り勝ち!

東京競馬場4Rの新馬戦は、横山典騎手騎乗の10番人気、マラケシュが、逃げ切り勝ち。勝ち時計は1分35秒6。レースはスローペース。マラケシュは3コーナー手前で先頭を奪って、大きなリードを保って直線に入った。直線中ほどでは、後続馬が激しく追い込みをかけ、その差は4馬身、さらに2馬身と詰まったが、ギリギリのリードを守りきってマラケシュが逃げ切り優勝を決めた。クビ差の2着にトキワ、そこからハナ差の3着はディスコルディアだった。
inyofu 東京4R新馬戦は(芝1600メートル=牝馬限定)横山典騎乗の10番人気マラケシュ(佐藤吉、父ヴァーミリアン)が後続を首差抑えて逃げ切った。「スタートを出てから、出たなりで運んだ」と横山典。佐藤吉師も「稽古から前向きに動いていた。ダート血統だけど、芝を使ってからと思っていた。次走は馬の状態を見てから考える」と話した。

福永ジョッキーも好感触!サトノクラウン

10月25日の東京競馬場5Rに開催された新馬戦は、福永騎手騎乗の2番人気、サトノクラウンが優勝した。勝ち時計は1分50秒0。スタートからメイショウスタークがレースを引っ張る展開。4コーナーから直線に入ると、逃げたメイショウスタークが力尽きると、楽な手応えのサトノクラウンが直線半ばで一気に先頭に立つ。その後も、サトノクラウンの脚色は衰えず、最後は1馬身半差をつけてデビュー戦を快勝。2着アンタラジーと2馬身差の3着にはヴァンガードシチーが入った。
inyofu 福永は「乗りやすくてスタートも速い。将来性もある」と好感触。父マルジュは英G1(芝8F)の勝ち馬で、グランデッツァの母父としても活躍している。引っ掛かるタイプではなく、スペースが空くと一気に加速できるレースセンスの良さからも距離が延びても問題ない。

直線弾けたダイワプロパーがデビュー戦V!

京都4Rの新馬戦は道中は経済コースで末脚を温存したダイワプロパーが鋭い伸びを発揮し快勝。
inyofu 10月25日、京都競馬場で開催された第4R・2歳新馬(芝1400m)は、序盤中団に位置していた2番人気ダイワプロパー(牝2、栗東・松田国)が、直線で馬群のなかから軽快な伸び脚を見せ抜け出し快勝した。勝ちタイムは1分22秒6(良)で、鞍上は川須騎手。そこから1馬身3/4差の2着が7番人気ホープフルデイズ、そこから3/4馬身差の3着に3番人気カゼノカオリが入っている。なお断然の1番人気だったオメガハートソングは道中後方2番手から直線では外めをメンバー最速の上がり脚で追い込んできたが、勝ち負けに加わることなく勝ち馬から0秒6差の6着に終わっている。

話題のブチコを抑えて、フミノムーンが優勝!

京都競馬場5Rの新馬戦は、幸騎手騎乗の9番人気フミノムーンが、直線差し切り優勝した。勝ち時計は1分33秒9。スタートからオヒアが先頭に立ち、先頭から少し離れた位置に馬体に斑点があることで話題になった白毛馬ブチコ、シャイニングスターなどがつける展開。4コーナーから直線に入ると、先頭のオヒアが逃げ切りを図ったが、中団からフミノムーンが外から鋭い末脚を発揮。一気に先頭に踊り出ると、最後は2着に1馬身1/4差をつけてデビュー戦を快勝した。
inyofu 京都5R新馬戦(芝1600メートル)好位の中団で脚をタメたフミノムーン(牡=西浦、父アドマイヤムーン)が差し切り初陣Vを飾った。幸は「調教は馬場が悪くて遅れたが、反応が良かったので楽しみにしていた。レースセンスがいいですね」と好感触。最後の直線は馬群を縫うように加速する器用さを見せた。西浦師は「馬群をさばいていたし内容が良かった。今後は朝日杯FS(12月21日、阪神)を目標に調整したい」と力を込めた。

10月25日の新馬戦は東京、京都で計4鞍の2歳新馬戦が組まれていた。白毛のブチコをはじめ、セレクトセールの高額取引馬や兄姉に実績馬をもつ良血のディープインパクト産駒などが多数デビュー予定として話題だった。しかしながら、新馬戦を見事優勝に輝いたサトノクラウン、ダイワプロパー、フミノムーン、マラケシュらの4頭だった。人気的にも伏兵の活躍が目立ち波乱の新馬戦が多かった一日となった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line