TOP > 競走馬 > 2014年10月26日(日)の新馬戦勝ち上がり馬まとめ
競走馬

2014年10月26日(日)の新馬戦勝ち上がり馬まとめ

2014年10月26日(日)、東京競馬場と京都競馬場、福島競馬場で合計5つの新馬戦が開催。これらのレースを振り返って、新馬戦を勝ち上がった5頭をまとめてみた。
馬キュレ

ゴールドペガサスが1番人気に応え優勝!

26日、福島競馬場5Rで新馬戦(芝1200m)では、先団の後ろでレースを進め、3~4コーナーで先頭に並びかけていった宮崎北斗騎手騎乗の1番人気ゴールドペガサスが、直線で抜け出し、2着に2馬身差をつけ優勝。勝ちタイムは1分9秒2。
inyofu レース後のコメント 1着 ゴールドペガサス 宮崎北斗騎手 「攻め馬通りの内容でした。道中の手応えも楽でした。まだもっとよくなりそうです。ゆくゆくは距離を延ばしてもいいのではないでしょうか」

直線競り合いを制して見事V!ティアップブロンド

京都競馬場4Rの新馬戦(ダート1400m)では、幸騎手騎乗の2番人気、ティアップブロンドが、好位から抜け出し優勝。勝ち時計は1分25秒9。直線では、ティアップブロンドとツーエムマイスターがゴール手前まで競り合いとなったが、最後はもうひと伸びを見せたティアップブロンドが1馬身3/4差をつけてデビュー戦を勝利。2着ツーエムマイスターと1馬身3/4差の3着にはセイジャッカルが入った。
inyofu レース後のコメント 1着 ティアップブロンド 幸英明騎手 「しぶとくジリジリと長くいい脚を使うタイプです。昨日、新馬戦を勝った馬に調教で先着していましたから、楽しみにしていたのですが、勝ててよかったです。まだ遊んでいる面がありますから、これからの馬だと思います」

大波乱!大金星のタイセイアプローズ

京都競馬場5Rの新馬戦(芝2000m)では、松山騎手騎乗の12番人気、タイセイアプローズが、直線で抜け出し優勝した。勝ち時計は2分01秒2。直線に入り、前を行くウインガニオンが懸命に粘るところをタイセイアプローズが力強い伸びで一気に差し切って、2着に1馬身1/4差をつけてデビュー戦を勝利で飾った。2着オールマンリバーと鼻差の3着にはウインガニオンが入った。
inyofu 松山は「長くいい脚を使えると思い、自分から動いて行った。最後まで良く伸びたし強い競馬でした」と笑顔。GI馬を数多く輩出する一戦での勝利に、宮本師も「大山ヒルズにお世話になっていて、父が同じワンアンドオンリーに似ていると、ひそかに期待してたんやわ」とご満悦だった。

戸崎騎手「センスいい競馬ができた」ヴァリアントアロー

東京競馬場4Rの新馬戦(芝1600m)では、戸崎騎手騎乗の1番人気、ヴァリアントアローが、逃げ切り勝ち。勝ち時計は1分38秒2。
inyofu しぶとく踏ん張った内容に「スタートも速くて、ゆったり行けた。いったんかわされたが、センスのいい競馬ができた」と戸崎圭。田村師は「気持ちが勝っているので、これぐらいの距離がいい」と展望していた。

7馬身差、逃げ切り圧勝だ!キョウエイインドラ

東京競馬場3Rの新馬戦(ダ1600m)では、好スタートから先手を取りレースを引っ張った田中勝春騎手騎乗の4番人気キョウエイインドラが、そのまま直線に入っても大きく後続を突き放し、2着に7馬身差をつけ逃げ切り圧勝。勝ちタイムは1分38秒6。
inyofu 後続を大きく引き離してゴールイン。4番人気のキョウエイインドラ(牡、父スウェプトオーヴァーボード、栗東・矢作)が1分38秒6のタイムでダートのマイル戦を圧勝した。労せずハナを奪うと独り旅。直線でさらにリードを広げて、余裕のフィニッシュを決めた。「気が入ってしまって、返し馬でもレースでも止まらずに走ってしまう感じ。ただ、自分のペースでは運べたし、これで勝つのだから力があるんだろうね」と田中勝春騎手は発展途上での勝利に能力を感じ取る。

10月26日の新馬戦は東京、京都、福島で計5鞍の2歳新馬戦が組まれていた。ブエナビスタ、アンライバルドなど過去に数々の名馬がデビューした菊花賞当日の“伝説の新馬戦”とも呼ばれるレースが京都で開催されることも伴っていつも以上に新馬戦が注目を浴びた。そんな中、新馬戦を勝利したのはゴールドペガサス、ティアップブロンド、タイセイアプローズ、ヴァリアントアロー、キョウエイインドラらの5頭だった。人気的には一番人気での勝利が多く、期待通りの結果が出た形になった新馬戦が多かった一日となった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line